スポンサーリンク




今年もプロ野球のオールスターゲームの投票時期がやってきましたね!

年に1度のお祭りとあって、普段なかなか見られない対戦に期待するファンの方も多いのではないでしょうか?

特に、今年はノミネートされている選手の中で往年の名選手が選ばれていることが話題となっています。

その中の1人が今年メジャーから日本球界へ復帰した読売ジャイアンツの上原浩治投手です。

球団からの大抜擢に応えられるような投票結果となるのでしょうか?

今回は上原浩治投手が2018年のオールスターゲームで選出されるかどうかについて分析してみようと思います。

2018年オールスターゲームの傾向

スポンサーリンク




毎年行われるプロ野球のオールスターゲーム。

今まで数々のドラマを生んできましたが、今年は日本ハムファイターズの大谷翔平選手がメジャー移籍したことに伴い、新たなスターの誕生に期待が高まっています。

まずは注目されている、今年のオールスターゲームの傾向について見ていこうと思います。

今年は以下のような特徴があり、例年にない試合となりそうです。

ノミネート選手にベテランが多い!

今年の特徴は何と言ってもベテラン勢のノミネートが多いことが挙げられます。

特に今年、注目が集まっているのは中日ドラゴンズに移籍した松坂大輔投手です。

日本球界復帰後3年間で満足のいく結果が残せず、戦力外通告から移籍した今季は先発投手の一角として役割を果たす活躍を見せています。

 

また、通算2000本安打を達成した内川聖一選手や、もう少しで2000本安打に手が届く福浦和也選手、連続試合出場記録を伸ばしている鳥谷敬選手など、偉大な記録に挑んでいるベテラン選手も選出されています。

この他にも阪神タイガースの福留選手や糸井選手、広島カープの新井選手も選出されており、その人気ぶりがうかがえます。

激戦区と一強のポジションが明確となっている

そして、今年のもう1つの特徴は、ポジションによって激戦区と一強がわかりやすくなっているという点です。

例えば、セ・リーグの外野手部門は例年人気投票で選ばれる糸井選手や筒香選手だけでなく、カープの丸選手・鈴木選手、スワローズのバレンティン選手と票が分散しそうな内容となっています。

特に今年は日本球界に復帰したスワローズの青木選手もノミネートされているほか、ドラゴンズの新外国人で現在打率トップのアルモンテ選手も選ばれているなど、混戦を極めている様相です。

 

一方、セ・リーグの遊撃手部門はジャイアンツの坂本選手の一強となるのが濃厚です。

他の選手の成績が良くないこともあるほか、例年票の取り合いをしていたタイガースの鳥谷選手が二塁手部門でノミネートされたことから、カープの田中選手にさえ勝てばほぼ確実に選出されるような状況となっています。

このように、ポジションごとではっきりと特徴が出ているのが今年の傾向となります。

大阪と熊本にゆかりのある選手が選ばれる!?

オールスターゲーム2018の開催球場は京セラドーム大阪と熊本・藤崎台県営野球場となっています。

そのため、大阪と熊本にゆかりのある選手が選ばれる可能性が高くなりそうです。

熊本出身の選手については今年度誰もノミネートされていないのですが、大阪出身の選手は数多くノミネートされています。

ジャイアンツの小林選手やライオンズの中村選手・浅村選手・森選手、オリックスのT-岡田選手など、成績も残している選手が多いのが特徴です。

また、熊本の選手は選ばれていませんが、九州にゆかりのある選手となれば数多く存在するので、投票時の追い風となる可能性が考えられます。

上原浩治が選出される可能性は?

スポンサーリンク




ここまで2018年のオールスターゲームの特徴についてお伝えしてきました。

ここからは、今回取り上げている上原浩治選手の選出の可能性について解説していこうと思います。

メジャー帰り・大阪出身と追い風となる要素が多い

上原投手は今年メジャーリーグから読売ジャイアンツに電撃復帰したばかりで、今年いっぱいでの引退もうわさされるほど注目を集めている選手です。

メジャーリーグで実績を残してきた選手の凱旋登板を見たい人も多く、投票数が上がるポイントとなっています。

特に、もし今年いっぱいで引退となれば来年はその姿を見ることができなくなってしまうので、投票する可能性も上がることでしょう。

 

また、上原投手の出身は大阪府であることから、地元のファンが上原投手に投票する可能性も考えられます。

このように、通常の状態より投票されやすい状況にあることから、上原投手にとっては追い風となっていることがわかります。

中継ぎ部門では一番防御率が悪い・・・

一方で投票数に影響する点も存在します。それが防御率の悪さです。

中継ぎ投手部門でノミネートされている他の選手と比較すると、上原投手の防御率は一番高いものとなっています。

4月下旬の試合にて2試合連続で打ち込まれたことが要因であり、その後の登板数も少ないことから防御率が思うように下がってこないのが現状です。

 

上原投手の防御率が5/22現在7.00なのに対し、他の4投手は防御率1~2点台と安定していることから、数字の面ではどうしても見劣りしてしまうのが現状です。

投球内容も往年の球速には程遠く、ストレートは高めに浮きやすく、フォークもコントロールがつきにくそうな場面が多いため、悪い印象を持っている人は投票しない可能性も考えられます。

ライバルは今村・マテオ

 

中継ぎ投手部門でノミネートされている選手の中でライバルとなるのは、広島カープの今村猛投手と、阪神タイガースのマルコス・マテオ投手です。

ここ数年安定した結果を出している今村投手はカープファンからの投票数が多くなることが予想されます。

また、マテオ投手も阪神ファンの数が多いことから、今年はこの2人が中継ぎ投手部門の本命と言えるでしょう。

上原投手はこの2人を追う形になりそうですが、ルーキーで結果を残しているドラゴンズの鈴木博志選手やスワローズの石山投手、ベイスターズの三上投手も十分選出される可能性があるため、現状では簡単な話にはならなさそうです。

プラスワン投票での選出は?

しかし、そんな上原投手にも追い風となることがあります。それが、5年ぶりに復活したプラスワン投票です。

ファン投票・選手間投票・監督推薦で選ばれなかった選手の中から、両リーグで最後の1人をファン投票で決めるという制度になります。

もし上原投手が上記3つのポイントで選ばれなかった時は、これまでの知名度もあることから選出される可能性が考えられます。

まさに、最後に選ばれた1人として、持ち前の雑草魂をグラウンドで見せてくれることでしょう。

終わりに

今回は上原浩治投手がオールスターゲーム2018に選出されるかどうかについて分析してみました。

今回お伝えした内容をまとめると以下のようになります。

  • 今年はベテラン勢が多く選ばれそうな状況です。
  • 上原投手には地元出身でメジャー帰りという追い風が吹いています。
  • 一方で防御率が悪く、ライバルから水をあけられるような成績となっています。
  • 今村選手やマテオ選手の壁を越えられなかった場合、プラスワン投票での選出に期待です。

投票期間は始まったばかりですので、皆さんも気になる選手がいたら毎日投票をしていきましょう!

スポンサーリンク