スポンサーリンク




巨人の岡本和真選手の快進撃が止まりませんね!

ここまでチームトップの4本塁打を記録しており、打点もセ・リーグトップの18と勝負強さを持っています。

入団当初から将来の4番候補と言われ続けながらも、昨年までは良い成績を上げることができなかった彼が、今年大きく覚醒した理由があるのでしょうか?

そして、2018年中に1軍でスタメン4番での出場があるのでしょうか?

今回はこの2点についてお伝えしていきます。

岡本和真のバッティングが良くなった理由とは?

2018年の開幕前から今年の4番候補として名前が挙がっていた岡本和真。

毎年候補として名前は挙がっていたのですが、昨年までの1軍通算本塁打数はわずかに1本のみと結果を出せずにいました。

しかし、今年は開幕後からしっかりを成績を残しており、ここまでですでに4本のホームランを放っています。

将来の4番候補として覚醒した岡本選手ですが、その理由は一体何なのでしょうか?

選球眼が良くなった

まず理由として挙げられるのは、明らかに選球眼が良くなっていることです。

昨年までは空振りが多く、二軍戦でも簡単に三振に打ち取られてしまう場面が多かったのですが、今年は三振はしますがその数が激減しているのです。

実は、主に配球読みの技術が上がったことにより、ボール球を見逃せるようになったのがその要因と考えられます。

以前は明らかなボールで空振りを狙うような球を空ぶっていたのですが、今はそのような場面でバットを振ることが少ないのが現状です。

また、簡単に三振にならず、追い込まれてもファールを打って粘れるようになったのも成長の証と言えます。

ホームランにこだわらないケースバッティングができるようになった

4番候補となると期待してしまうのがホームランです。

これまではホームランを周囲から期待されるあまり、大振りになってしまうケースが多かったのですが、現在はチームバッティングを意識したスイングをすることが多くなっています。

現にここまで挙げた打点がリーグトップクラスであることを考えると、着実にチームのために必要なヒットを稼いでいき、その延長でホームランが打てるようになっていると言えます。

これこそが4番に求められる勝負強さにつながるものであり、その片鱗を見せ始めていると行っても過言ではありません。

守り慣れた一塁での出場となっているから

岡本選手のバッティングが良くなっている要因として考えられるものの1つに、守備位置の影響も挙げられます。

昨年まではチーム事情のため、それまでほぼ未経験だった三塁手や外野手として試合に出場し、出場機会を求めてきました。

しかし、不慣れな守備位置で出場するとどうしても守備への意識が強くなってしまい、肝心のバッティングが疎かになってしまうパターンが多いのが野球の特徴です。

現に岡本選手もこのパターンで調子を崩し、昨年までは良い成績を修めることができませんでした。

 

今季も三塁手での出場でスタートしたのですが、打撃が好調であったことと、一塁手候補の阿部慎之助選手がオープン戦で思うような結果を出せなかったことから、一塁手での出場で開幕を迎えることができました。

もともと一塁手は高校時代に守っていた、岡本選手にとって慣れ親しんだ守備位置であり、他の守備位置より安定して守ることができる場所であることから、結果としてバッティングの方へ意識を多く割り振ることができているということなのです。

2018年中の4番抜擢は?

スポンサーリンク




さて、ここまで岡本選手の好調を支える理由についてお伝えしてきました。

では、この好調を維持し続けた場合、岡本選手は今年中に4番に座ることができるようになるのでしょうか?

2人の外国人助っ人を超える必要がある

現在、ジャイアンツの4番に座るためには大きな2枚の壁を超える必要があります。

それは、助っ人外国人のマギー選手とゲレーロ選手です。

マギー選手は昨年チームトップの打撃成績を上げており、1シーズンに放った通算二塁打数の記録を持つ選手です。

チャンスに強く、昨年は得点圏でマギー選手が打席に立つとジャイアンツに点が入ることが多かったのが印象的です。

 

一方、ゲレーロ選手は昨年中日ドラゴンズでセ・リーグ最多本塁打のタイトルを獲得した右の強打者で、昨オフにまさに4番候補としてジャイアンツに移籍してきました。

ここまでは少し物足りない成績ですが、すでに3本のホームランを放っており、今後夏場に向けてさらに調子を上げていくことが見込まれます。

最低でもこの2人を超える成績をあげないと、岡本選手が4番に座るのは難しいということなのです。

守備位置が変わると打てなくなる可能性あり!?

上記のように、現在は一塁手として固定されているがゆえに打撃成績が好調となっています。

しかし、これがチーム事情で別のポジションへ移動することになった時、この調子を維持できるかどうかに関して疑問符が付いてしまいます。

例えば、まだ思うような成績が残せていないマギー選手と三塁手の守備位置を変えた時、一塁手の次に守っているポジションとはいえ、満足のいく結果が残せるかどうかという問題が発生します。

特に、三塁手は早い打球の処理が必要なポジションなため、反応が遅れてヒットが増えてしまうと、守備の責任を問われることになってしまいます。

そのことがストレスとなってバッティングに影響してしまうと悪循環に陥ってしまう可能性は否定できません。

最大のライバルは阿部慎之助選手!?

そしてもう1人、岡本選手にとってのライバルが存在します。それが、阿部慎之助選手です。

ここまで代打のみの出場でヒットなしという結果になっていますが、四球を選び得点につなげるシーンは何度かあったため、その存在感はまだまだ大きいものと言えます。

仮に岡本選手の成績が下降してしまった場合、4番どころかスタメンを阿部選手に奪われてしまう可能性も否定できません。

そのためにも、安定した成績を残し続け、スタメン落ちしないようにしないといけないのです。

交流戦がターニングポイントとなる?

ここまで岡本選手が4番に座るための壁を紹介してきました。

これらの壁を超えることができた時、4番に座るタイミングとしては5月下旬からの交流戦がターニングポイントとなりそうです。

交流戦は指名打者制が使えますので、控えに回っている阿部選手の起用が可能となり、ポジションを奪われる可能性が減少します。

また、オープン戦ではパ・リーグのチーム相手に好成績を残していたことから、思い切った起用法として4番に据える可能性が出てくるのです。

高橋由伸監督は今年の夏頃には、との発言をしていますが、他の選手の状況次第ではそれが早まる可能性も十分あり得ます。

ぜひとも岡本選手が4番に座る姿に期待したいですね!

終わりに

今回は岡本和真選手が2018年中に4番に座れるかについて解説してきました。

今回お伝えした内容をまとめると以下のようになります。

  • 2018年の岡本和真選手は選球眼が良くなりケースバッティングができるようになりました。
  • 慣れた一塁手での出場で打撃も好調を維持しています。
  • 4番に座るには助っ人外国人や阿部選手の存在を超える必要があります。
  • 早ければ今年の交流戦で4番に座る可能性がありそうです。

まだまだ年齢も若く、これから大きく進化する可能性を秘めた岡本選手の今後から目が離せませんね!

ゆくゆくは日本代表の4番候補となれるよう、今季の活躍に期待です!

スポンサーリンク