仮面ライダーゼロワンの変身音、メチャクチャかっこいいですよね!

AIをモチーフにした作品となった仮面ライダーゼロワンですが、何と言っても変身音が過去作の仮面ライダーの中でも屈指のカッコよさを誇っていると思います。

そんな変身音声ですが、やはり気になるのはメイン音声とその後に流れる英語の音声ではないでしょうか?

そこで今回は、仮面ライダーゼロワンの変身音について、どんなセリフを言っているのかやその意味に着目してお伝えしていきたいと思います。

仮面ライダーゼロワンの変身音の文字起こしまとめ!


ゼロワンの変身音声が公開された時、正直言ってかなりの衝撃を受けました。

「・・・カッコよすぎる!」と(笑)

近未来的な変身待機音にテンションMAXな変身音声、そして締めの英語のセリフ・・・まさに完璧です。

そんな仮面ライダーゼロワンの変身音声やその意味について、文字起こしにしながら1つずつご紹介していきましょう。

仮面ライダーゼロワンの変身音声とセリフを文字起こしで紹介

仮面ライダーゼロワンの変身音声と英語セリフ和訳

まずは仮面ライダーゼロワンの変身音声を文字起こしにしてご紹介します。

ベースとなるライジングホッパーフォームの変身音ですね。

「ジャンプ! オーソライズ! ~変身待機音~ プログライズ! 飛び上がライザー!ライジングホッパー!」

そして、変身後の英語のセリフがこちらです。

「A jump to the sky turns to a rider kick.」

直訳すると「空へのジャンプはライダーキックへと変わる」というものですね。

バッタをモチーフにしたフォームということもあり、第1話で見せた驚異的なジャンプ力を表しているというものでしょう。

 

こちらはバイティングシャークフォームです。

プログライズ後の音声は「キリキリバイ!キリキリバイ!バイティングシャーク!」

変身後の英語音声は「Fangs that can chomp through concrete.

意味としては「コンクリートをバリバリ食べることのできる牙」、つまりコンクリートをも噛み砕く牙を手に入れた、というものですね。

こちらはフライングファルコンフォームです。

プログライズ後の音声は「フライトゥザスカイ!フライングファルコン!」となっています。

変身後の英語音声は「Spread Your Wings And Prepare For A Force.

意味としては「翼を広げ、力に備えよ」、つまり敵に備える準備を、というものでしょう。

こちらはフレイミングタイガーフォームです。

プログライズ後の音声は「ギガントフレイム!フレイミングタイガー!」となっています。

変身後の英語音声は「Explosive power of 100 bombs.

「100個の爆弾に匹敵する爆発力」という圧倒的な火力は、初変身時は制御が難しかったシーンも流れるほど協力なものですね。

こちらはフリージングベアーフォームですね。

プログライズ後の音声は「アテンションフリーズ!フリージングベアー!」となっています。

アテンションプリーズにかけた面白い音声ですね^^

変身後の英語音声は「Fierce breath as cold as arctic winds.

「北極の風と同じくらい冷たい荒ぶる息」という、ものすごい冷温攻撃を繰り出すフォームの特徴を表しています。

こちらはブレイキングマンモスフォームですね。

プログライズ後の音声は「ジャイアントウェイキング!ブレイキングマンモス!」となっています。

ZAIAの巨大戦闘メカ:ギーガが滅亡迅雷.netに操られた際に或人が初めて使用したプログライズキーで、巨大な姿はギーガに引けを取らない強さも持っていました。

変身後の英語音声は「Larger than life to crush like a machine.

「機械の如く破砕し、小さな命を守る巨体」という、或人の体を包み込むブレイキングマンモスの機体を表す意味となっています。

第12話で初登場となったシャイニングホッパーフォームもカッコいいですね!

「シャイニングジャンプ! オーソライズ! ~変身待機音~ プログライズ!シャイニングホッパー!」

英語音声は「The riderkick increases the power by adding to brightness! When I shine, darkness fades.」

「光り輝くライダーキック!この闇を照らせるのはただ一人、俺だ!」という、上記のツイートのような意訳がしっくりきますね!

第15話で初登場したシャイニングアサルトホッパーフォーム。

「オーバーライズ!Warning warning. This is a not test.ハイブリッドライズ!! シャイニングアサルトホッパー!!

アサルトグリップを装着することを想定していなかったのか、「これは訓練ではない」と危険を告げる英語音声も流れるという演出でしたね。

変身後の英語音声は「No chance of surviving this shot.

「この一撃を受けて、生き延びることはできない」という直訳から、圧倒的なパワーを秘めたフォームであることが伺えます。

第23話で初登場したメタルクラスタホッパーフォームがこちらです。

「Everybody ジャンプ!オーソライズ!Let’s Rise! Le! Le! Le’ts Rise! メタルライズ! Secret material 魔電メタル!メタルクラスタホッパー!」

アークが開発したプログライズキーとあって、ゼアが開発したプログライズキーとの差異もわかります。

英語音声は「It’s High Quality.」

通常のプログライズキーよりは明らかに高品質なものでしょうが、暴走してしまう危険性を考慮すると恐ろしいフォームであると言えますね。

最終回で或人が変身したリアライジングホッパーは、姿は普通のゼロワンでありながら、父:飛電其雄から受け継いだ心の性能を上乗せした真のゼロワンと言える形態になりました。

「イニシャライズ!リアライジングホッパー!」

英語音声は「A riderkick to the sky turns to take off toward a dream」

「空へのライダーキックは夢に向かって飛び立つ」という、或人が目指す将来を示唆するものとなっています。

仮面ライダーバルカンの変身音声と英語セリフ和訳

仮面ライダーバルカンの変身音声とセリフもかっこいいですね!

「バレット! オーソライズ! ~変身待機音:カメン! ライダー!~ シュートライズ! シューティングウルフ!」

変身待機音が完全に仮面ライダー意識ですね(笑)

英語のセリフは「The Elevation Increases As The Bullet Is Fired.」

「放たれた弾丸のように進化は加速する」という意味で、無鉄砲な変身者:不破諫を表す内容となっている雰囲気ですね。

こちらはパンチングコングフォームです。

「パワー! オーソライズ! ~変身待機音:カメン! ライダー!~ シュートライズ! パンチングコング!」

変身後の英語音声は「Enough Power To Annihilate The Mountain.

直訳は「山を破壊するのに十分な力」、強大なパワーを手に入れたということの現れでしょう。

こちらはアサルトウルフフォームです。

英語音声は「No chance of surviving.」

「相手となった敵は生き残れない」という強力な力を誇示したフレーズになっていますね。

こちらがランペイジバルカンフォームです。

「ランペイジバレット!オールライズ!~変身待機音:カメン! ライダー!~ ショットライズ!ランペイジガトリング!」

仮面ライダーサウザーが奪ってきたプログライズキーの能力が結集したフォームとなっており、圧倒的な強さを誇るまさにバルカン最強フォームと言えますね。

こちらはオルトロスバルカンフォームになります。

「ジャパニーズウルフ!~変身待機音:カメン! (ワーニング!)ライダー!~ ショットライズ!オルトロスバルカン!」

仮面ライダーへの変身能力を失った諫が、或人を止めるべく亡から受け取ったジャパニーズウルフプログライズイーで変身した姿ですね。

英語音声はAwakening the instinct of two beasts long lost.

「絶滅した二匹の獣の本能を解放する」という、変身能力を失った諫と亡との連携を描いたものとなっていました。

仮面ライダーバルキリーの変身音声と英語セリフ和訳

仮面ライダーバルキリーの変身音声は、ショットライザーと共有するバルカンと似ています。

「ダッシュ! オーソライズ! ~変身待機音:カメン! ライダー!~ ショットライズ! ラッシングチーター!」

微妙に細部が異なりますが、変身待機音は同じでしたね。

気になる英語音声は「Try to outran this demon to get left in the dust.」

直訳すると「この悪魔を追い抜かして塵の中に置き去りにしてください」、つまり「悪魔を追い抜き、塵の中に置き去りにするほどの素早さを得られる」ということでしょうか。

確かに、劇中での素早い攻撃は目を見張るものがありますからね!

ライトニングホーネットの変身音声もカッコいいですね。

「サンダー! オーソライズ! ~変身待機音:カメン! ライダー!~ ショットライズ! ライトニングホーネット!」

英語音声は「Piercing needle with incredible force.」

「驚くべき力で貫く針」と直訳できるように、電撃の鋭い攻撃で相手を圧倒する姿が目に浮かびます。

 

仮面ライダー迅の変身音声と英語セリフ和訳

仮面ライダー迅の変身も悪役っぽさが出ていてしびれましたね!

「ウイング! フォースライズ! フライングファルコン!Break Down」

フライングファルコンの音声はそのままですが、第6話では変身後の英語音声が無く、「Break Down」のみとなっていました。

再登場した迅の変身するバーニングファルコンフォームがこちらですね。

「インフェルノウィング!バーンライズ! ~変身待機音:カメン! ライダー!~ スラッシュライズ! バーニングファルコン!

ZAIA製であるザイアスラッシュライザーで変身しているフォームである点にも注目です。

変身後の英語音声はThe strongest wings bearing the fire of hell.」

「地獄の炎で焼き尽くす最強の翼」という訳に相応しいフォームとなっていますね!

 

仮面ライダー滅の変身音声と英語セリフ和訳

仮面ライダー滅の変身はまさにダークライダーと言った感じでした!

「ポイズン! フォースライズ! ポイズンスコーピオン!Break Down」

毒々しいサソリの針のエフェクトが滅の体を突き刺し、サソリが体に巻き付く・・・最凶ライダーとも言える変身ですね!

こちらは仮面ライダー滅アークスコーピオンの変身音になります。

「プログライズ!アーク!Destruction! Ruin! Despair! Extinction!アークスコーピオン!」

変身音にも「破壊・破滅・絶望・絶滅」という禍々しい単語が用いられていました。

英語音声はThe conclusion after evil climbs the top of the highest mountain rocks」

意訳すると「険しく堅い壁を超えた悪意の先にある結論」という意味で、ゼアという障壁を乗り越えたアークが導いた結論であることを意味しているようですね。

仮面ライダー雷の変身音声

第15話で登場した仮面ライダー雷。

「ドードー!フォースライズ!Break Down」

終盤で復活した雷が再び変身したことで、ますますそのカッコよさがわかりますね!

仮面ライダーサウザーの変身音声


第17話で登場した仮面ライダーサウザーの変身音声は、アークが開発したキーを使用したこともあり敵役感も混じったものとなっていました!

「ゼツメツ!Evolution!ブレイクホーン!パーフェクトライズ!」

2つのキーを使用した変身もさることながら、強敵と思わせる音声はやはり目を見張るものがありますね。

英語音声は「When the five horns cross, the golden soldier THOUSER is born.」

「5本の角が交わる時、金色の戦士サウザーが爆誕する!」という意味の音声は、新たな敵の誕生を表すものとなっていました。

ちなみに、この後「Presented by ZAIA.」という音声も流れ、ちゃっかり自社製品の宣伝も兼ねていることがわかりますね(笑)

仮面ライダー亡の変身音声

第37話で初登場したのが、仮面ライダー亡。

「ジャパニーズウルフ!フォースライズ!Break Down」

アークの手によって新たに作り出されたジャパニーズウルフゼツメライズキーでの変身音は、オオカミの遠吠えにも聞こえるハウリング音が特徴的でしたね。

仮面ライダーアークゼロの変身音声

第36話で初登場した仮面ライダーアークゼロの変身シーン。

「オールライズ!オールゼロ!」

すべてを超越し、すべてを消し去る悪意に満ちた演出と音声が、ラスボス感を演出していました。

仮面ライダーアークワンの変身音声

まさかの或人が変身した仮面ライダーアークワンの変身音はとても禍々しいものでした。

「アークワン!シンギュライズ!破壊!破滅!絶望!滅亡せよ!コンクルージョン・ワン・・・!」

まさに人間の悪意を集結したドライバー音声となっており、或人の怒りと合わさってかなり恐怖心を掻き立てるようなものでしたね。

仮面ライダーゼロツーの変身音声

第40話で或人が変身した仮面ライダーゼロツーの変身音声もカッコよかったですね!

「Let’s give you power!ゼロツーライズ!Road to Glory has to Lead to Growin’ path to change one to two!仮面ライダーゼロツー!!It’s never over.」

「力を授けよう」から始まり、「「栄光の道」はワンからツーへの「成長の道」から導くべし」という、或人の成長と新たなライダーシステムの誕生を祝うような訳になっていますね。

「決して終わりはしない」という締め言葉も、これから先の進化を予言させるような印象を残し、期待が持てるものとなっていました。

仮面ライダーエデンの変身音声

ゼロワン最終回で明らかになった、劇場版仮面ライダーゼロワンでの敵役として登場するライダーですね。

「エデンドライバー!imagine ideal illusion.EDEN the KAMEN RIDER」

「理想郷を想像する、エデンの仮面ライダー」と直訳できる、まさにラスボスと言える存在となりそうですね。

変身音を聞いたファンの感想は好評価が多数!

変身音を聞いたファンの感想はどうなのでしょうか?

同じような感想のファンはこれ以外にもたくさん存在しました。

やはり変身音のカッコよさを感じていたのは私だけではなかったようですね(笑)

変身音声はMONKEY MAJICが担当!


さて、この気になる変身音声や流ちょうな英語のセリフをしゃべっているのは、人気バンドMONKEY MAJICのメイナード&ブレイズ・プラント兄弟です。

数々のヒット曲を世に出したり、最近ではサンドウィッチマンや岡崎体育さんとのコラボ曲を発表したりしたことでも有名ですね。

言葉遊びや本場の英語というところで、この2人は最適の抜擢だったのではないでしょうか。

追加の変身フォームも含め、「ウマーベラス」な音声をまだまだたくさん提供してくれることでしょう!

まとめ:やっぱりゼロワンの変身音はかっこいい!

今回は仮面ライダーゼロワンの変身音についてご紹介してきました。

やはりこれだけ洗練された変身音声がカッコよくないわけがありませんよね!

劇中での活躍もそうですが、さらに追加で登場するフォームの変身音声にも注目して作品を楽しみたいものです。

 

当サイトでは仮面ライダーゼロワンの放送終了後に内容や考察を改めて記載しますので、より詳しく作品を楽しみたい方、内容を振り返りたい方はぜひご覧ください!

また、各仮面ライダーのストーリーや出演俳優の現在についてはこちらの記事で適宜まとめています。ぜひチェックしてみて下さい!