仮面ライダーゼロワンの第42話「ソコに悪意がある限りが放送されました!

仮面ライダーゼロワン第41話は滅と共闘してアークが衛星ごと破壊される過程が描かれた回になりました。

 

前回放送の内容はこちら!

 

第42話は次回予告でイズが大変な姿になることが発表され、気が気でありません!

今回は仮面ライダーゼロワン第42話のネタバレと考察、気になる今後の予想について解説していきます。

仮面ライダーゼロワン第42話のネタバレ・予想と考察

仮面ライダーゼロワン第41話は或人が滅と共闘してアークを倒したシーンが描かれた回になりました。

滅が自らの意思でアークに背き、雷の働きもあってアークを倒したのは驚きでしたね。

一方、滅の人類滅亡という夢は変わらず、或人とは袂を分かつことになったのは心配な展開となったことでしょう。

続きが非常に気になる第42話について、早速見ていくことにしましょう!

第42話「ソコに悪意がある限り」の内容

「人類は滅亡せよ・・・!」

廃工場の前でイズに対峙した滅は謎の仮面ライダーに変身し、イズに襲い掛かろうとしていました。窮地に駆け付けた或人がイズを救いますが、滅は生身で戦う或人の首を絞め、持ち上げます。

「俺たちは分かり合えるはずだ・・・」

或人の言葉も空しく、滅は或人を投げ飛ばし、ボロボロにしました。「アークの意思のままに・・・」と話す滅を止めることができずイズは・・・。

 

その時、イズはこれがシミュレーションであることに気づきました。またしてもゼアのシミュレーションか・・・そう思った時、「アーク様のシミュレーションよ」というアズの声が。

「アーク様は蘇る」と語るアズはイズと対峙。不思議がるイズに、アズは「アークは滅びることの無い神様になった」と語ったのです。

再び大いなる悪意が生まれた時、アークは蘇る・・・そう話すアズは、イズにアークを阻止できるか、と挑発的な言葉をかけました。次の瞬間、イズの意識が元に戻ったのです。

飛電インテリジェンスの社長室で充電中だったイズ。声をかけた或人に、夢を見ていたとイズは話しました。

 

ヒューマギアも夢を見るのか、と尋ねる或人に、「滅がアークになる、嫌な夢でした」とイズは答えます。その時、滅がヒューマギアにのみある通信を送りました。

「全てのヒューマギアに次ぐ・・・滅亡迅雷.netはこれより人類滅亡の聖戦を始める!すべては、ヒューマギアの安息のために!」

滅が動き出す・・・動揺するイズの様子を見た或人はイズに声をかけました。しかし、イズは「何でもありません」と答え、或人も信用してしまいます。

 

一方、ZAIAの垓のところには、ZAIAの本部から与多垣ウィリアムソンという人物がやってきていました。与多垣はアーク開発などの責任を話し、突如垓の社長解任を告げたのです。

垓の代わりに社長となった与多垣は、驚く垓に新たな人事を言い渡しました。

「お前はサウザー課の課長だ。サウザーとして何でもやる、それがお前の仕事だ」

 

同じ頃、滅亡迅雷.netのアジトで迅が目覚めました。アジトから消えた滅を探そうとする迅に、なんと与多垣が通信を送ったのです。

親しそうに話す迅に、与多垣は「滅を始末しろ」と命令しました。驚く迅に、与多垣は「あいつはアークが残した危険な置き土産だ、野放しにはできない」とあくまで命令に従うよう忠告したのです。

その頃、滅は自らの下にやってきたヒューマギアをマギア化させ、人類との戦いを始めようとしていました。そこにイズが現れ、争うのを止めようと説得します。

その行動はシェスタを通じて或人に報告されていました。滅が人類に対し宣戦布告してきたことに驚く或人は、急いで滅とイズのいる現場に向かいます。

 

イズは滅に対し「人類の素晴らしさを理解しているはずだ」と説得を続けました。滅が「何より、悪意をな」と話を聞かない姿勢を見せると、イズは「本当に恐ろしいのは偏ったデータをラーニングすることだ」と続けたのです。

或人ならきっと正しい方向に導いてくれる・・・そのイズの言葉の直後、異変に気付いた諫と唯阿が現れ、滅に対峙したのです。争ってはいけないと双方に話すイズでしたが、その言葉も空しく互いにライダーに変身し、戦いが始まってしまいました。

一方、滅亡迅雷.netのアジトでは「早く滅をやっつけなくていいの?」とアズが迅に接触していたのです。アズはかつて、滅亡迅雷.netの4人からシンギュラリティに関するデータを集めていたアークワンプログライズキーを迅に見せました。

アークが使うはずだったキーを見せられた迅に、アズはすべてアーク様のため、と続けたのです。アークは消滅していなかったのかと怪しむ迅に、「この世界に悪意がある限りアークは蘇る」というアズの言葉から、迅は滅がアークになってしまう危険を察知しました。

 

「お願い、滅と争わないで!」

イズの説得も空しく、諫・唯阿とマギアたちの戦いは激化。攻撃の手がイズにも及ぼうとした時、駆けつけた或人に救われました。

滅を信じたいと話すイズに或人も同意し、ゼロツーに変身し戦いを止めようとします。

「アークは消えた!もう俺たちが争う理由はない!」

 

「人類が悪意を持っていて、もうアークは生まれないと言い切れるのか?」

しかし、或人の説得は滅には届きません。諫をも退け、街へ向かおうとする滅に、再びイズが説得を始めました。

或人から心をラーニングすればわかると話すイズに、「ヒューマギアなら心なら必要ない」と強がる滅。その言葉に、イズは「本当に人類を滅ぼしたいと思っているのか」と滅の核心を突きました。

心は必要ないと言いながら、心から人類滅亡を願っている滅の行動は矛盾していると指摘したイズ。イズは滅とその心を信じている、と話しますが、滅は自らの行動を止められません。

 

「そんな目で俺を見るな!心など、俺には存在しない!」

イズに向けた矢を放つ滅。遅れた或人が救出に向かおうとしますが、時すでに遅く、無残にもイズは倒れていました。

倒れ込むイズを抱きかかえる或人。その現場を見た諫や唯阿、止められなかった迅はただ立ち尽くすばかり・・・。

いつかヒューマギアが心から笑い合えることを願うイズ。「だから一緒に叶えよう」と励ます或人でしたが、イズの最期の時は近づいていました。

 

「滅もいつか笑えますよね・・・」

「ダメだ!イズ!」と叫ぶ或人を突き飛ばしたイズは、最後の力を振り絞っていつもの立ち姿となりました。

「さようなら・・・」

駆け寄ろうと知る或人でしたが、目の前でイズは爆発。廃工場にはイズのリボンだけ残り、或人の叫び声だけが木霊したのです・・・。

 

立ち去ろうとする滅に迅が詰め寄りました。しかし、滅は「俺にかまうな!」と迅の言葉を聞こうとしません。

「このままじゃ滅はアークに・・・」との心配の声も「ほっとけ!」と無視する滅。一方、廃工場には立ち上がれない或人がその場に泣き崩れていました。

いたたまれない様子に、そっと立ち去る諫と唯阿。時が経ち、ようやくイズのリボンを手にした或人は「イズ、ごめん・・・」とつぶやきました。

その時、背後からイズの声が!振り返った或人の目の前には、なぜかイズが現れ・・・!

 

一方、廃工場を後にした滅は滅亡迅雷.netとしてマギアを従い、街を襲撃。現場で戦う諫と唯阿が滅の本体が対峙すると、滅は「人類の悪は俺が滅ぼす!」と交戦を開始したのです。

戦おうとする諫でしたが、その時迅が戦うなと止めに入りました。「このままでは滅がアークになる!」と話す迅の言葉に一瞬動きが止まった諫。

その時、諫たちと滅の間に空から謎の物体が降ってきました。その正体は、イズがアズによって見せられた謎のライダー:仮面ライダーアークワンだったのです。

しかし、滅が変身すると思っていたアークワンがなぜ現れたのか・・・。驚いたのは迅だけでなく、諫や唯阿、そして滅もでした。

 

アークが復活したことは明らか・・・滅はマギアとともにアークワンに攻撃しますが、アークワンはマギアを次々と破壊。滅にも攻撃をしかけ、必殺技のパーフェクトコンクルージョンで周囲を一掃したのです。

その圧倒的なパワーに、滅だけでなく、ライダーとなった全員が変身を解除してしまいました。前のアークの比じゃないと話す唯阿に、なぜアークが蘇ったのかと驚く滅。

その時、突如アークワンは苦しみ始めました。一体誰が変身したのか・・・その変身が解けた時、その場にいた全員が驚愕!

なんと、変身者は或人だったのです!或人は次の瞬間姿を消し、全員の前からいなくなってしまったのでした・・・。

 

滅たちの前から離れ、苦しむ或人に声をかけるアズ。向かうところ敵無しと或人に話すアズがなぜここにいるのか・・・。

実は、廃工場で落ち込む或人に声をかけたのはイズではなくアズだったのです。アズは或人の心から湧き上がる悪意を感じ取り、アークワンにしようと画策したのでした。

アズの思惑通り、アークワンプログライズキーを手に取ってしまった或人はアークワンに変身。一連の行動に、或人は涙を止められません。

「悲しまないで、私がそばにいるから・・・アーク様」

第42話の考察:イズの最後が切ない・・・そしてアークワンの正体に驚愕

仮面ライダーゼロワン第42話はイズの最期が描かれる衝撃の展開となった回になりました。

人類滅亡を掲げる滅を止めようとしたイズでしたが、その行動も空しく、自らが破壊され、滅は人類に宣戦布告しましたね。

人間の心をラーニングしたイズだからこそできる行動でしたが、その結果はあまりにも残酷なものでした・・・。

そして、それが引き金に或人に異変が起こってしまうのも、とても衝撃的な展開でしたね。

 

仮面ライダーアークワンの登場も驚きでしたが、何より変身者が或人だったこともショックでした。

アズの目論見通り、或人の悪意を利用した一連の行動は、アズに対する怒りすら覚えるものでしたね。

滅も自らに芽生えた心への葛藤によって起こした行動をアズに利用され、穏やかではないことでしょう。

残り3話で果たしてどんな展開となるのか、ますます目が離せません!

放送を見たファン・視聴者の感想まとめ

放送を見たファンの反応はどうだったのでしょうか?

イズを失った直後にアズの言葉・・・或人でなくても騙されてしまいそうなシチュエーションですね・・・。

クウガとの対比も見られるとは、ライダーファンにはたまらない展開となりましたが、果たして・・・。

人間の悪意だけでなく、或人の感情を表したシーンでしたね。

仮面ライダーゼロワン第42話を見逃した時の動画視聴方法

今回は仮面ライダーゼロワン第42話についてお伝えしてきました。

 

各仮面ライダーのストーリーや出演俳優の現在についてはこちらの記事で適宜まとめています。こちらのチェックしてみましょう!