仮面ライダーゼロワンの第45話(最終回)「ソレゾレの未来図が放送されました!

仮面ライダーゼロワン第44話は滅と或人の最終決戦が幕を開けた回になりました。

 

前回放送の内容はこちら!

 

第45話(最終回)はまさに仮面ライダーゼロワンの集大成となる回になることが発表されました!

今回は仮面ライダーゼロワン第45話(最終回)のネタバレと考察、気になる今後の予想について解説していきます。

仮面ライダーゼロワン第45話(最終回)のネタバレ・予想と考察

仮面ライダーゼロワン第44話は或人を取り巻くキャラクターの働きがクローズアップされた回になりました。

ヒューマギアの暴動を止めようとする唯阿や福添の働き、或人を止めようとする諫の行動は熱くなるものがありましたね。

新ライダーも登場する中、ついに滅と或人が戦う展開が描かれることになったため、もう見逃すことができません!

続きが非常に気になる第45話(最終回)について、早速見ていくことにしましょう!

第45話(最終回)「ソレゾレの未来図」の内容

或人と滅、つまり人類とヒューマギアの聖戦が幕を開けました。激突する或人と滅の姿を見ながら、アズは「すべてはアーク様の結論通り」と笑います。

アズの目的は2人が戦うことで悪意の連鎖を生み出し、それによって無数のアークが生まれ滅亡するというもの。すでに街中ではヒューマギアが再び暴動を起こし、人類と激突していました。

或人と滅は次々と武器を使い必殺技を放つ激しい戦いを繰り広げます。そして、その中でお互いの思いをぶつけ合うのでした。

 

「お前はヒューマギアを守ると言いながら、迅を破壊した!」

或人の行動は無慈悲の悪であり、人間の本性だと叫ぶ滅。そんな滅の言葉に「お前の言う通りかもしれない」と或人は肯定したのです。

「とうとう認めたか!」と攻撃の手を緩めない滅の映像は、迅の復元を急ぐ諫たちを焦らせます。迅の復元が間に合えば戦いは止まる・・・本体までは無理だが知能だけなら、という唯阿の言葉に、垓もそれで十分と唯阿を励ましました。

或人を支えようとする戦いは唯阿たちだけでなく、飛電インテリジェンスに乗り込もうとするヒューマギアを抑える福添たちも同じでした。福添は「私は最後まで信じる!社長も、お前たち社員も!」と思いを叫び、現場を鼓舞します。

 

やがて、滅の攻撃に抵抗せず、甘んじて受けるようになった或人。「何のつもりだ!」と怒りをぶつける滅に、「勝負は決まったみたいね」と喜ぶアズ。

しかし、そんなアズに声をかける人物がいました。

「わかってないな・・・心が無いお前に予測なんて無理だよね」

アズの背後に立っていたのは迅でした。迅のデータベースの復元が成功し、アークの意識の中に潜り込むことができたのです。

 

「これはアークの結論なんかじゃない。飛電或人の結論だ!」

迅の声がアズに突き刺さります。或人が滅に倒される道を選んでいることを告げた迅は、自分ではどうすることもできず止められるのは滅だと考えたのではないかとアズに伝えたのです。

その言葉通り、滅はヘイトレッドインパクトを放ち、或人のアークワンドライバーを破壊しました。変身を解除した或人は満足そうな表情で倒れ込みます。

「これで・・・いいんだ・・・これで・・・」

 

しかし、これで終わりではありませんでした。迅は「今度は飛電或人の番だ」と話し、或人が命を懸けて滅に「心は何か」を教えようとしていることをアズに伝えたのです。

誰よりもヒューマギアを、滅を信じようとしている或人が導き出した結論に、アズの表情は次第に曇っていきます。

「どういうつもりだ!?なぜ戦うのを止めた!」

滅は変身を解除し、叫びながら或人に詰め寄ります。そんな滅に「分かったんだ」と話す或人は、決戦前夜にゼアの中で起こった出来事を思い出したのです。

 

ゼアの中に取り込まれた或人の前には、デイブレイクで破壊された其雄が立っていました。「成長したな、或人」と話す其雄は、或人を導くための言葉を紡ぎます。

「幼い頃のお前はただ泣くことしかできなかった。だが今のお前は心に怒りを宿している」

或人の心には其雄の言葉通り、イズを失った悲しみと怒りが宿っていました。其雄は続けます。

「それは仮面ライダーと言う力を手に入れお前が強くなったからだ。だが忘れるな!本当の強さとは、力が強いことじゃない。心が強いことだ!今のお前ならその意味がわかるはずだ」

 

其雄の言葉に聞き入る或人。次の瞬間、其雄は或人にゼロワンドライバーを渡しました。

ゼアの意識から戻ってきた或人の目の前には、ゼロツードライバーから復元されたゼロワンドライバーが浮かんでいました。或人は目の前の滅に向かい、自らの思いをぶつけます。

「家族を奪われて悲しまない奴なんていない!」

家族・・・その言葉に動揺した滅は、叫びながら或人を殴りました。滅もまた、思いを或人にぶつけます。

 

「迅を奪ったのはお前だ!家族を奪われて怒らない奴がどこにいる!」

吹き飛ばされた或人の目の前にはイズのリボンが落ちていました。リボンをつかんだ或人は苦悶の表情を浮かべながら、なおも滅の心を動かそうとします。

「ああ・・・その通りだ!その怒りを、その悲しみを!お前はもうわかってたはずだ!滅!お前には心があるんだから・・・」

次の瞬間、互いの思いが共鳴し、或人の生涯についての記憶が滅に共有されました。

 

「お前も家族を奪われた・・・」

デイブレイクの日、其雄を失った或人の記憶に触れた滅は動揺します。

「奪ったのは俺だ・・・迅が犠牲になったのも俺のせいで・・・本当は怖かったんだ!俺の中から湧き上がる、この俺を邪魔する、わけのわからないものが・・・」

滅の感情に「それでいいんだ」と寄りそう或人。それでも滅は続けます。

 

「だから憎かった!こんなものを教えた人間が!」

滅の魂の言葉に、或人も答えます。

「絶対に乗り越えられる、心があるってわかったんなら!」

其雄の言葉を再び思い出した或人は滅に「だって、俺たちは仮面ライダーだろ?」と優しく声をかけました。

 

その時、或人のゼロワンキーが変化しました。叫びながら再び仮面ライダー滅アークスコーピオンに変身する滅に対し、仮面ライダーゼロワンリアライジングホッパーに変身した或人が応戦します。

「心からお前が憎い!だが、本当に滅ぶべきはお前でも人類でもない!」

滅の言葉を受け止める或人は、思いに応えるべく戦います。その様子を見た迅は「あの2人なら悪意を乗り越えられる」とアズに告げ、姿を消しました。

動揺するアズの目の前には、アークの力を得た滅を圧倒的な速度でいなす或人の姿があったのです。そう、或人の意識の隣には、イズがいたのですから。

 

「滅・・・お前を止められるのはただ1人、俺だ!」

滅の激しい攻撃を避ける或人。リアライジングインパクトを放つ或人に、エクスティンクションインパクトで応戦する滅でしたが、力の差は歴然でした。

すべてを悟った滅は、或人の攻撃を受け入れる覚悟で立ちすくみます。そんな姿を見た或人は、滅のベルトだけ破壊したのでした。

「なぜ・・・俺を破壊しなかった」とボロボロになりながら問いかける滅に、或人は「もうその必要はないだろ?」と答えました。そして、イズのリボンを握りしめた或人は、滅と2人微笑みながら天を仰いたのです・・・。

 

後日、飛電インテリジェンスの社長として記者会見を開いた或人はヒューマギア事業の拡大を宣言。新たな衛星の打ち上げも行うこととなり、雷も「忙しくなるぞ」と弟分の昴に声をかけました。

社長室でイズのプログライズキーを手にした或人は、「飛んでみせるよ、夢に向かって!」と誓ったのです。戦いを終えた仲間たちもまた、新たな道へと進んでいました。

垓はサウザー課での再起を図り、大量生産されたさうざーに囲まれながら再び社長を目指すことを宣言。A.I.M.Sに復帰した唯阿は技術顧問として亡の入隊を許可していました。

一方、諫は町の平和を守る仮面ライダーとして、困っている人の力に。滅は滅亡迅雷.netの目的を人類滅亡ではなく、二度とアークが蘇ることの無いようにこの世界の悪意を見張り続けることと変え、復元された迅に「お父さん」と呼ばれつつ、影ながら活動する道を選びました。

 

しかし、そんな滅の言葉も空しく、アークの影は残っていました。アズはビルの屋上に立つ、タブレットを持つ人間に接触。

「アーク様は再び蘇る」と呼びかけたアズに、男は「アーク?」と答えました。「あなたの結論は何?」というアズの問いかけに、男は答えます。

「この世界を破壊し、楽園を想像する!」

謎の男:エスはアズから受け取ったドライバーとキーを使って謎のライダーへと変身。或人の戦いは完全に終わりを迎えたわけではなかったのです・・・。

 

一方、飛電インテリジェンスでは或人がついにイズそっくりのヒューマギアを再現することに成功しました。福添たちの前でヒューマギアを起動する或人。

「あなたは飛電或人社長ですね。はじめまして、私は社長秘書型ヒューマギア。私に名前を付けて下さい」

その言葉にイズと過ごした日々を思い出す或人。

「イズ・・・君の名前はイズだ」

 

「登録しました。私はイズです」

イズのデータのバックアップは無いため、当然ながら何も覚えていない・・・。そのことを切ないと話す福添たちに、或人は力強く答えます。

「大丈夫!どれだけ時間がかかっても、教えるから。俺たちの思い出も、夢も、心も。俺の100兆個ギャグもな!」

ラーニングの時間だと話す或人はイズとともにゼアの中へ。早速ギャグを説明する或人に、イズは出会った頃と同じようにギャグの説明をしたり、テンポがずれたり・・・それでも或人は喜びながら2人で練習を続けるのでした・・・!

第45話(最終回)と本編のその後の展開を考察:或人と滅が完全和解!最終結末は劇場版で・・・

仮面ライダーゼロワン第45話(最終回)、最高の結末となりましたね!

滅とついに心を通わせ、アークの悪意に打ち勝ったのは、或人が最後までヒューマギアへの思いを捨てることなく、力の使い方を間違えなかったことに尽きるでしょう。

再び歩み始めた仲間たちの姿にも、とても勇気を得られました。

イズも最後に復元され、これから再び或人との思い出を作っていくという晴れやかな未来が待っているのが印象的でしたね。

 

一方、アズがいなくならなかったことで、最後に新たな影が現れることになりました。

エスと名乗る謎の人物がアークの力を得て最凶のライダーに変身したシーンは背筋が凍る思いがしましたね。

ゼロワン本編の登場キャラクター全員が協力し、彼に立ち向かう姿が、おそらく劇場版で映されることになるのでしょう。

12月18日より公開される映画は見逃せません!

放送を見たファン・視聴者の感想まとめ

放送を見たファンの反応はどうだったのでしょうか?

1年間、最高の作品を届けてくれた出演者の皆さん、本当にありがとうございました!

伊藤英明さんが変身する謎のライダー・・・劇場版での登場が気になりますね!

主人公並みの活動を続ける不破さん・・・生活費はどうしているのか気になります(笑)

仮面ライダーゼロワン第45話(最終回)まとめ!

今回は仮面ライダーゼロワン第45話(最終回)についてお伝えしてきました。

社会情勢の影響もあり、予定していた話数よりおそらく少ないものとなったものと思われますが、それを差し引いても素晴らしい作品でしたね!

次回作の仮面ライダーセイバーもゼロワンと同じく、毎週見逃せない面白さを提供してくれることでしょう。

そんな仮面ライダーセイバーのストーリーについて気になる方はこちらの記事から確認してみて下さいね!

 

各仮面ライダーのストーリーや出演俳優の現在についてはこちらの記事で適宜まとめています。こちらのチェックしてみましょう!