仮面ライダー電王のヒロイン:コハナ役の女優は現在何をしているのでしょうか?

佐藤健さんが主演の仮面ライダー電王のヒロインと言えば、白鳥百合子さんが演じていたハナでした。

しかし、体調不良を理由に番組途中で降板したことから、急遽あらすじを書き換えて登場したのが、子ども時代のハナ:通称コハナです。

 

子役ながら仮面ライダーのヒロイン役を担った女優:松元環季さんは見事にその役を果たしましたが、その後すぐに芸能界を引退していました。

そんな松元さんは今一体何をしているのでしょうか?

今回は仮面ライダー電王のコハナ役の女優についてお伝えしていきたいと思います。

コハナ役:松元環季の現在


ハナの役どころは物語の舞台となる2007年より未来から来た女性で、ハナのいた時間はイマジンによって破壊された事で消滅してしまい、特異点であるハナのみが取り残されている状態というものです。

上記の理由からハナはイマジンを強く憎んでおり、デンライナーのオーナーと契約してイマジンを追っていました。

しかし、良太郎に憑依するイマジンたちとは一緒に過ごす中で打ち解け、戦いに不慣れな良太郎を生身でサポートし、良太郎の体調を気遣う強さと優しさを持っている女性として描かれています。

ハナは劇中では準主役級で、電王のストーリーには欠かせない存在でした。

 

そのハナ役の白鳥百合子さんですが、劇中第30話を最後に突然降板したのです。

気になる理由として公表されているは白鳥さん自身の体調不良とのことですが、本当の理由は未だに明らかにされていません。

レギュラーの突然の降板を受け、撮影スタッフ陣は若干のストーリーを変えて、第33話からハナの外見のみが幼児化した姿にして、コハナとして登場させました。

そのコハナ役として抜擢されたのが、松元環季さんです。

2007年当時、8歳で電王のレギュラーとなって注目された松元さんですが、2019年現在20歳となった今、いったい何をされているのでしょうか?

コハナ役の女優は大学生!


松元さんは子役として2002年から舞台、テレビドラマ、CMで活動し、2007年に仮面ライダー電王のハナ役の白鳥百合子の後を継いでコハナ役でレギュラー出演し、注目されていました。

しかし、2011年に中学受験をするため、学業専念を理由に芸能界を引退しています。

その後、2017年4月に明治学院大学国際学部国際キャリア学科へ入学していました。

 

2011年に芸能界を引退されてから、松元さんはめったに公の場に出ることはなかったのですが、大学内で行われたミス明治学院コンテスト2017にエントリーするやいなや、DHC賞に輝くなどすてきな姿を披露しています。

コハナの時もかわいらしい顔でしたが、約10年経ち大人の女性としての美しさを見せていますね。

このように、松元さんは充実したキャンパスライフを送っていることがわかりました。

松元環季の引退理由は学業優先

コハナ役を演じた松元環季さんは当時8歳で、その後はディケイドや仮面ライダー×仮面ライダー×仮面ライダー THE MOVIE 超・電王トリロジーにコハナ役で出演し、その他、様々なドラマ・CM・声優・映画などに出ていました。

映画「つるしびな」出演を最後に、学業に専念するため芸能界を引退しています。

引退当時12歳であることから、中学受験に専念することが引退の最大の理由であると考えられますね。

出身中学や高校は公表されていませんが、明治学院大学国際学部国際キャリア学科に進学したことから推測すると、偏差値60と難度が高い大学なので、学業優先のために引退したことは間違いないでしょう。

コハナへのヒロイン交代の理由を考察

ここまで仮面ライダー電王のコハナ役を務めた松元環季さんの現在についてお伝えしてきました。

突然のヒロイン降板という危機を救った存在でもありますが、気になる降板の理由について、ここから少し考察していきたいと思います。

コハナへのヒロイン交代の理由

仮面ライダー電王のヒロイン:ハナ役の白鳥百合子さんが降板したことについては、3つの理由が存在すると言われています。

1つ目は白鳥百合子さん本人が語っているほか、公式発表されている理由:本人の体調不良です。

当時、ハナを演じていた白鳥さんは、電王の中でハナが繰り出す「ハナパンチ」「ハナキック」「ハナビンタ」は全て本気で演じていました。

白鳥さんが役作りや演技に対する思いを強くしすぎてしまったことから、思い通りの演技ができなかった時の不安やプレッシャーを感じ、精神的に追い詰められて体調不良につながったのではないか、と推察されますね。

 

2つ目の理由は、主役である佐藤健さんのいじめが原因ではないかという説です。

ただしこれは、あくまでも推測の域を超えないものであり、以降の活躍を見ても佐藤健さんがいじめを行うような人物ではないことは明白ですね。

一方で、佐藤さん自身が演技に厳しい俳優だと仮定すると、真剣に演技に向き合う白鳥さんへ愛のムチとして指導していたのではないかと推測できます。

これは、プロの世界ではよくあることで、この理由はあくまでも、噂に尾ひれをつけた類の話として、受けとめておくべきでしょう。

 

そして3つ目が、佐藤健さんへの人気が高騰するあまり、ファンがヒロインに対し嫉妬の言葉を投げつけたという説です。

佐藤さんは仮面ライダー出身俳優の中でもトップレベルのイケメンで、電王終了後の活躍はあえて語る必要のないほどの有名人となりました。

そんな佐藤さんに演技の中とはいえ、強めの口調で話しかけたり、そばに寄り添ったりするヒロインに対する女性ファンの嫉妬はものすごかった様です。

演者にとってみればそれだけ演技を評価してもらっていることの裏返しになるのですが、一部のファンの心無い罵声が影響したのではないかと現在も噂されていますね・・・。

 

こうして白鳥百合子さんはハナ役を降板して、ヒロインはコハナ役として松元環季さんが受け継ぐことになったのです。

松元環季の芸能界復帰の可能性を考察


松元環季さんは引退後は芸能界での積極的な活動は行っていませんが、現在もヘアモデルやファッションモデルのお仕事をされています。

また、2017年9月に『仮面ライダー電王 THE MOVIE ディレクターズカット Blu-ray BOX』発売予定に伴って開催されたされたトークショーにサプライズで登場していました。

トークショーでは「今は普通の大学生で、国際関係の学部に通っていて、CAなどを目指しています」と話しています。

さらに、イベント出演は「8、9年ぶり? すっごく緊張しています。倒れそうです」と照れ笑いし、「最初は1、2話の出演予定だったけれど、そのうちずっと出演することになって、『電王』の一員としてやらせていただいて感謝しています」と続けました。

 

2018年3月にはメンズファッション雑誌「ファインボーイズ」にも登場するなど、大学に通いながらも再びメディアへの出演が増えてきていますね。

このような行動を見ると、松元さんの芸能界復帰は今後十分あり得ると思われます。

松元さんが大学卒業してからの行動がとても気になりますね!

終わりに

今回は、仮面ライダー電王のコハナ役で出演していた松元環季さんについてお伝えしました。

今回の内容をまとめると以下のようになります。

  • 仮面ライダー電王のヒロインの代役として抜擢された松元環季さんでしたが、2011年に学業専念のため芸能界を引退しています。
  • 現在の松元環季さんは、女子大生としてキャンパスライフを楽しんでいます。
  • 最近は徐々にメディアへの露出を見せていることから、芸能界復帰の可能性も考えられます。

 

仮面ライダー電王の子役として出演していた松元環季さんでしたが、あれから約10年の月日を経て美人女子大生となっていましたね。

子役時代の可愛さと違って、大人の魅力を感じさせる女性になっています。

再度芸能界復帰して、その才能ある姿を多くのファンに披露してもらいたいものですね!

 

この記事を見て仮面ライダー電王の動画を見てみたいと思ったアナタに、とっておきの良い方法があります。

過去作の仮面ライダーや、現在放送中の最新仮面ライダーの放送を見逃してしまったり、もう一度見たいと思った方は、簡単に見逃し配信動画を視聴できる方法があることをご存知でしょうか?

その方法についてはこちらの記事で詳しく紹介していますので、ぜひご確認ください!

仮面ライダーの見逃し動画を無料で視聴する方法!youtubeやパンドラは危険?