仮面ライダーオーズに登場したグリード:ウヴァについてまとめました!

2010年に放送された仮面ライダーオーズは、関連アイテムであるオーメダルや、敵キャラ等のキャラクターの面白さ等、今なお人気を博している仮面ライダー作品の1つです。

特にオーメダルと言えば、近年の仮面ライダー人気を後押しした、子どもだけでのものでは無く、大人も楽しめる玩具となったのがヒットした要因とも言えますね。

そんな仮面ライダーオーズの中でも、今なお人気な敵キャラの1人が、今回ご紹介するグリードのウヴァです。

そこで今回は、ウヴァのかっこいいセリフや、小物臭のする最後についてご紹介していきたいと思います。

ウヴァのかっこいい?セリフまとめ!


ウヴァは怪人グリードの中でも幹部クラスの能力を持つ1人で、昆虫をモチーフにしていることからクワガタ・カマキリ・バッタのコアメダルで体が構成されています。

怪人体の見た目はかなり細かいところまで作成されており、敵ながらかっこよさも兼ね備えていますね。

もちろん、敵役としてもかっこいい・・・と言いたいところなのですが、実はところどころネタにされることが多いのがこのウヴァの特徴・・・。

はたして何をしゃべっているのか、本当にかっこいいのか?という、劇中でウヴァが実際に話したセリフについて見ていくことにしましょう!

その欲望・・・解放しろ


グリードの代名詞とも言えるセリフ「その欲望・・・解放しろ」。

人間の「欲望」をテーマにしている仮面ライダーオーズにうってつけのセリフと言えるでしょう。

常に満たされない欲望に執着するグリードは、まさにその欲望の塊です。

ウヴァは人間の様々な欲望や欲求に敏感に気付き、セルメダルを稼いでいるちゃっかり者なので、この一言は特に執念を感じますよね。

虫けらが・・・


一見すると敵キャラのセリフに相応しい「虫けらが」というセリフですが、実はある意味で人気のフレーズとなってしまいました。

なぜならウヴァは、そもそも昆虫をメインにした怪人グリード・・・。

その容姿をした状態で「虫けらが!」なんて言うものですから、視聴者は「鏡を見て!」と総突っ込みが入ること間違いなしの状況となってしまいました。

メインのコアはクワガタがモチーフとなっていて、見た目もそのまま昆虫なので、ファンから言われても仕方ないでしょうね。

このままじゃ済まさん


このセリフが発せられたシーンはウヴァの怒りが滲み出ていましたね・・・。

ウヴァ・メズール・ガメルの3人で逃げている時に、コアメダルを狙うカザリとアンク(ロスト)に見つかってしまうのでした。

その時、一緒に逃げていたメズールがカザリに「一緒にウヴァを倒そう」なんて言い出して、更に快諾したカザリから攻撃を受けてしまいます。

 

実はこの裏切りの背景には、ウヴァがメズールとガメルを復活させる際に、自分より強くならないよう、2人のコアメダルを抜いていたことが遠因となっていました。

しかし、そんな背景はお構いなしで結局ボロボロに破れてしまい、コアメダル1枚の状態となったウヴァが放った一言が「このままじゃ済まさん」というものだったのです。

低い声でかなり恨みがかったセリフで、いつもは少しお調子者のウヴァですが、この時ばかりは真剣に怒っていました!

ウヴァの小物臭のする最後

ここまでウヴァのかっこいいかどうかは別にして(笑)、印象的なセリフをご紹介してきました。

そんなウヴァの最後は何とも小物臭のするものだったので、ここで改めてご紹介させていただきたいと思います。

怯える声がネタに!


ウヴァと言えば、字幕放送で話題になった「ウヴァの叫び声」という表示が今なおネタとして扱われていますね。

特に逃げる時や、やられそうになった時は「うわああああああ」といった叫び声が凄いです。

ドクター真木がメダルの器にするために何度も数多くのコアメダルを投入された事で暴走を恐れ「やめろぉ!」「俺は・・・俺は嫌だぁ!」等のセリフを吐きながら逃走していました。

 

本来、グリードは欲望のために自ら強くなることを選ぶはず・・・。

しかし、上記のような予想を裏切るウヴァの怯え様がかなり見苦しく、ドクター真木もドン引き。

その際にもウヴァは「うわああああ」と叫び、この声が字幕放送で(ウヴァの怯えた声)と表現されたことから、なんとも情けない姿としてファンの間でネタにされました。

ジョーカーっぽい見た目がかっこいい!


どう考えてもヘタレなウヴァですが、逆に見た目が仮面ライダー剣に登場したジョーカーっぽくてかっこいいと人気を集めています。

フィギュア等もかなり人気で、オーズファンだけでなくジョーカーのファンも認めるほど似ていますね。

この人気の理由は、敵キャラと言えどスタイルもまるで仮面ライダーか!と突っ込みたくなるくらい、ひとつひとつがかなり細かく作られているという点にあります。

 

敵キャラなのに仮面ライダーっぽいカッコよさを感じてしまうのは、腰のベルトが付いているからだと思います。

昆虫をモチーフと言っても、色ひとつ見ても工夫がされていて、むしろ仮面ライダーにメイン出演させるため?とも思わせられるほどでした。

終わりに

今回は仮面ライダーオーズに登場したウヴァについてご紹介してきました。

放送が終了してある程度の年数が経った作品ですが、ウヴァの人気は今なお根強いものがあります。

敵キャラにもスポットを当てているオーズだからこそ、ウヴァのキャラクターが引き立った部分も大いにあることでしょう。

いつ観ても色あせない仮面ライダーオーズを、そしてウヴァのかっこいい?シーンを見てみるのはいかがでしょうか?

 

この記事を見て仮面ライダーオーズの動画を見てみたいと思ったアナタに、とっておきの良い方法があります。

過去作の仮面ライダーや、現在放送中の最新仮面ライダーの放送を見逃してしまったり、もう一度見たいと思った方は、簡単に見逃し配信動画を視聴できる方法があることをご存知でしょうか?

その方法についてはこちらの記事で詳しく紹介していますので、ぜひご確認ください!

仮面ライダーの見逃し動画を無料で視聴する方法!youtubeやパンドラは危険?