仮面ライダーセイバーに登場する敵キャラ:レジエルについて解説していきます!

2020年9月より放送開始となる仮面ライダーセイバー。

「大いなる本」を書き変えることを目的とした「メギド」の魔人のうちの1人がこのレジエルですね。

そこで今回は仮面ライダーセイバーのレジエルについて、名前の由来やキャラクター、演者の高野海流さんについても含めご紹介していきたいと思います。

仮面ライダーセイバーレジエルの名前の由来は?

主人公である神山飛羽真の前に立ちはだかる敵キャラとして登場するのが、今回ご紹介するレジエルです。

個性あふれる3人の魔人の中でも特にプライドが高いキャラクターとして登場するようですね。

このレジエルですが、他の2人と同じく、なぜこのような名前が付いたのか気になるところではないでしょうか。

早速、その名前の由来について見ていくことにしましょう。

レジエルの名前の由来は造語か天使の名前から来ている

レジエルの名前の由来として有力視されているのは、レジエルの扱う本のテーマである幻獣に由来しているというものです。

幻獣は伝説上の生き物であり、伝説は英語でlegendと言いますよね。

このレジェンドに、ヘブライ語で神や天使を表す言葉につく接尾語を合わせると、レジエルという名前になります。

現時点で考えられる由来の1つが、この言葉を組み合わせた造語という考え方になりますね。

 

この他にも、七大天使の1つである座天使ラジエルをもじったものという見方も有力となっています。

ラジエルはエノク書という、紀元前1~2世紀頃に成立されたと推定される旧約聖書に出てくる天使の名前です。

エノク書は第一から第三までありますが、ラジエルはこの中の第一エノク書に登場する天使ですね。

上級天使であるラジエルの名は「神の神秘」を意味するもので、宇宙の神秘についての知識をまとめた「ラジエルの書」を持ち運んでいたそうです。

レジエルの人物像とキャラクター

神山飛羽真の敵として登場するレジエルは、本の魔人であるメギドの1人であることが発表されています。

幻獣のジャンルを司るプライドの高いキャラクターで、他の魔人2人より高位な存在であると思っているようですね。

悪のライダーとして発表された仮面ライダーカリバーとの関係性もあるようで、劇中での活躍が気になるところです。

自ら怪人に変身することも予想され、劇中でどのような戦い方をするのかにも注目したいところですね。

レジエルの演者の高野海流について紹介

ここまで仮面ライダーセイバーに登場するレジエルの名前についてご紹介してきました。

数多くある本の中でも旧約聖書がモチーフとなっていることは驚きでしたね。

ここからはそんなレジエルを演じる俳優:高野海流さんについてご紹介していきたいと思います。

高野海流のプロフィール

アメリカ人の父親と日本人の母親の間に生まれた高野海流さんは、アメリカの首都であるワシントンD.C.で出生しました。

2020年現在20歳という若さで、東京都内の大学に通っているそうです。

日本に戻ってきたのは小学3年生の頃だそうで、英語は今も得意な半面、帰国当初は日本語がわからず苦労されたそうですよ。

中学1年生の時に現在所属しているヴァンセット・プロモーションに所属し、本格的なモデルとしての活動を開始しています。

野球と空手が得意!

そんな高野海流さんですが、幼い頃からスポーツに力を入れていることを公表しています。

野球はキャッチャーのポジションを務めており、一時期は甲子園出場を夢見ていたほど熱中していたそうです。

また、空手も黒帯を取得するほどの腕前で、仮面ライダー内でのアクションにはぜひ注目したいですね。

この他にもスポーツ全般が得意なだけでなく、ヒップホップダンスや料理も得意というのですから、とてもうらやましいです!

まとめ:万能な高野海流が演じるレジエルに注目!

今回は仮面ライダーセイバーに登場するレジエルの名前の由来についてご紹介してきました。

伝説をもじったという説や、すべてを知る旧約聖書の天使の名前の説もあり、予想するのがとても面白い名前でしたね。

演者の高野海流さんもレジエルの名前に劣らないほどの多才ぶりを発揮しており、劇中での活躍が楽しみです。