仮面ライダーセイバーの第2話「水の剣士、青いライオンとともに。が放送されました!

仮面ライダーセイバー第1話は飛羽真が仮面ライダーセイバーに初変身した回となりました。

 

前回放送の内容はこちら!

 

第2話は謎の青年:倫太郎が飛羽真に接触した後が描かれる注目の回になることが発表されました!

今回は仮面ライダーセイバー第2話のネタバレと考察、気になる今後の予想について解説していきます。

仮面ライダーセイバー第2話のネタバレ・予想と考察

仮面ライダーセイバー第1話は主人公である神山飛羽真が仮面ライダーセイバーに変身した回になりました。

成り行きの中で、どこか運命づけられたような変身の仕方をしたことで、彼の物語が始まったことがわかりましたね。

一方、敵役であるカリバーと魔人の関係や、ワンダーライドブックを渡すよう迫る謎の青年:倫太郎の言動にも注目が集まっています。

続きが非常に気になる第2話について、早速見ていくことにしましょう!

第2話「水の剣士、青いライオンとともに。」の内容

「ワンダーライドブックと火炎剣烈火を渡してくれないか?」

突如ファンタジック本屋かみやまに現れた謎の青年:新堂倫太郎とその言葉に驚く飛羽真と芽依。「土足は厳禁だと学んだ」と話す倫太郎は、なぜか青いライオンに乗ってやってきたことを芽依に突っ込まれてしまいます。

飛羽真と同じく、本の力でライオンを召喚していた倫太郎。自らをソードオブロゴスの剣士と語り、決して怪しいものではないと話しますが、飛羽真と芽依は完全に怪しんでいる様子・・・。

倫太郎は剣士が人知れず世界の均衡を守ってきたこと、ワンダーライドブックは危険なものであることから渡すよう飛羽真に迫ります。しかし、飛羽真は自分にとって大切な物であることを理由に拒否、倫太郎を困らせるのでした。

 

困った倫太郎はブックゲートを使い、本棚を異次元への扉へと変化させてしまいます。偶然見つけたシュークリームに目を奪われながらも、ソードオブロゴスの本部に連れて行くと話す倫太郎に、飛羽真もついていくことに。

北極にあるソードオブロゴスの本部:ノーザンベースに着いた飛羽真は初めて見る物ばかりで驚きました。そこに現れた本の守護者と名乗る女性:ソフィアは、古より聖剣に選ばれし剣士とともに大いなる本を守ってきたことを説明します。

そして、飛羽真は仮面ライダー=聖剣に選ばれた存在として相応しいと判断したことを語ったのです。そして、今後どうするかは飛羽真に任せるとソフィアは話しました。

倫太郎からは、裏切者の剣士カリバーと本の魔人メギドが敵であり前の戦いで多くの剣士が倒れたこと、奪われたワンダーライドブックを取り戻し世界を守るために命を懸けて戦っていることを聞かされます。本屋に戻った飛羽真は、2人の言葉を思い、どうするか考えていました・・・。

 

一方、謎の剣士:カリバーと本の魔人たちは新たなアルターブックを作成。またも街の一部を改変しようと動き出していました。

動きを察知した倫太郎は、飛羽真に失われた街を救出に行くことを告げます。覚悟を聞いた倫太郎に対し、飛羽真は「それでも俺はみんなを救いたい」と決意を表明。

飛羽真の決意に「僕がついている」と先輩風を吹かせる倫太郎でしたが、その様子を見ていた芽依が押し掛け、3人とも本の中の世界:ワンダーワールドに飛び込んでしまいました。またもやってきたワンダーワールドに興奮する芽依をよそに、倫太郎は「戦い方を見せる」と飛羽真の前で仮面ライダーブレイズに変身しました。

「水聖剣流水に誓う、僕が必ず世界を守る!」

 

すでにメギドによって廃墟化がすすんでいる世界で、その元となっているアリメギドと尖兵シミーが倫太郎の前に現れました。目の前の敵を倒しつつ、他にも集団でいることを見抜いた倫太郎はライオンワンダーで一群を一掃したのです。

その戦いを遠くから映像で眺めるカリバーたち。飛羽真も「絶対に助ける、約束だ!」と仮面ライダーセイバーに変身し、倫太郎と同じくドラゴンワンダーでシミーを倒しました。

しかし、次の瞬間、3人を怪音波が襲いました。頭痛を起こす音波はキリギリスメギドの仕業だったのです。

崩壊が進む世界の中で、本が完成すれば二度と元に戻らないと話すキリギリスメギド。「もうだめ・・・」と倒れる芽依を案じた飛羽真と倫太郎は仕方なく一度退却することになったのでした・・・。

 

ノーザンベースに戻った飛羽真と倫太郎。ソフィアは、カリバーたちが世界を生み出した本を手に入れるために、ワンダーライドブックの内容を書き変えていることを説明します。

その説明にキリギリスメギドの言葉を思い出した飛羽真は、メギドが本を書き変え完成させる前に倒せば元に戻ると話しました。その行動に「無謀と勇気は違う」と諫めるソフィアでしたが、飛羽真は退きません。

「覚悟を超えた先に希望がある!」

その言葉に驚くソフィア。次の瞬間、新たなワンダーライドブック:ディアゴスピーディーが完成したのです。

 

再びメギドの本の中へと向かう飛羽真と倫太郎。仮面ライダーに変身した飛羽真はディアゴスピーディーのワンダーライドブックでバイクを召喚しました。

倫太郎もガトライクフォンでライドガトライカーを召喚し、2人荒れ果てた町を疾走。押し寄せる巨大アリの大群を蹴散らしていきます。

先の戦いでキリギリスメギドの隣に光るアリメギドがいたことを思いだした飛羽真は、そのアリメギドが巨大アリを生み出していることを倫太郎に告げました。足止めに現れたキリギリスメギドとの戦いを飛羽真が引き受け、倫太郎は光る女王アリメギドを探すことに。

早速女王アリメギドを見つけた倫太郎は攻撃を仕掛け倒すことに成功。ジャッ君と豆の木ワンダーライドブックを取り返すことに成功した倫太郎は、早速本の力でキリギリスメギドと戦う飛羽真を援護します。

 

空に逃げたキリギリスメギド。倫太郎からジャッ君と豆の木ワンダーライドブックを渡された飛羽真は聖剣ソードライバーに装填し、セイバードラゴンジャッ君へとフォームチェンジ!

巨大な豆の木を生み出した飛羽真は、バイクで豆の木を登りながらキリギリスメギドを追いかけます。もう崩壊は間近だと話すキリギリスメギドでしたが、飛羽真はあきらめません。

「物語の結末は俺が決める!」

ついにキリギリスメギドを撃破した飛羽真は、ピーターファンタジスタワンダーライドブックの回収に成功。残る巨大アリメギドも倫太郎のハイドロストリームで一掃され、世界の崩壊は食い止められたのでした。

 

2人の戦いを見ていたカリバーたち。メギドを生み出したストリウスは浮かない表情でしたが、カリバーは「これで私の計画は加速する・・・」とまたも意味深な言葉を残します。

一方、戦いを終え本屋に戻った飛羽真と倫太郎。飛羽真は倫太郎にもっと戦い方を教わりたいと興味を示しました。

その言葉にまんざらでもない倫太郎は「倫太郎さんと呼んでもいい」と先輩風を吹かせようとします。しかし、芽依が持ってきたエクレアに興味を示してしまい、芽依にまたもツッコまれてしまいました。

そんな2人をよそに、ジャッ君と豆の木ワンダーライドブックをつかんだ飛羽真。その時、飛羽真の脳裏に女の子の記憶が・・・。

 

いつも見る夢の中に現れる女の子と同じ姿の記憶に驚く飛羽真。そんな時、本棚のゲートから絨毯に乗った青年が現れました。

「やあ飛羽真、久しぶり!」

飛羽真に対し親しげに呼びかける青年。飛羽真はその青年を見て驚きました。

「・・・誰!?」

第2話の考察:仮面ライダーブレイズ登場!絨毯に乗った謎の青年の正体は

仮面ライダーセイバー第2話は2号ライダーである倫太郎が仮面ライダーブレイズに初変身した回になりました。

先輩ライダーとあって落ち着いた戦い方を見せてくれましたね。

一方、飛羽真の行動に振り回されそうになったり、甘いものに目が無いことが露見したりと、憎めないキャラクターであることもわかりました。

これから飛羽真の味方として長く付き添ってくれることに期待したいですね。

 

一方、ワンダーライドブックをつかんだ時の飛羽真の記憶は気になるところですね。

夢で見た少女が再び現れるということで、飛羽真の失われた記憶が今後徐々に蘇ってくることが予想できます。

そんな中、絨毯に乗った青年が現れたのは新たな展開を呼び起こすものと考えられますね。

果たして彼は何者なのか、第3話が見逃せません!

放送を見たファン・視聴者の感想まとめ

放送を見たファンの反応はどうだったのでしょうか?

ディケイドを思い出すような攻撃、カッコイイですね!

今作の不破さん枠は決定ですね(笑)

こういう細かいネタはファンとしても嬉しいですね!

正直、某企業名に笑ってしまいました^^;

仮面ライダーセイバー第2話の続きはこちらの記事でチェック!

今回は仮面ライダーセイバー第2話についてお伝えしてきました。

続きとなる仮面ライダーセイバー第3話についてはこの記事でまとめていますので、気になる方はぜひチェックしてみて下さいね!

次回放送の内容はこちら!

 

各仮面ライダーのストーリーや出演俳優の現在についてはこちらの記事で適宜まとめています。こちらのチェックしてみましょう!