仮面ライダーセイバーの第20話「牙城を崩す、剣の意志。が放送されました!

仮面ライダーセイバー第19話は哲雄と飛羽真の一騎打ちが描かれた回になりました。

 

前回放送の内容はこちら!

 

第20話は深まる疑念と、飛羽真を敵対視する蓮との戦いが描かれる回になることが発表されました!

今回は仮面ライダーセイバー第20話のネタバレと考察、気になる今後の予想について解説していきます。

仮面ライダーセイバー第20話のネタバレ・予想と考察

仮面ライダーセイバー第19話は飛羽真と哲雄の一騎打ちが描かれた回になりました。

飛羽真の剣は哲雄に響かなかったようですが、実際に見聞きした状況から自体が動く可能性がありそうですね。

一方、ルナの気になる正体に触れられたり、王様メギドの意味深な行動など、他にも注目したい点が満載でした。

続きが非常に気になる第20話について、早速見ていくことにしましょう!

第20話「牙城を崩す、剣の意志。」の内容

積み重なった車を前に困惑する飛羽真と芽依。慎吾の体をむしばむ王様メギドは逃げる一方で、何をしているのか目的がわかりません。

とにかく手分けして探さないと・・・飛羽真は芽依にユーリとともに行動し、手分けして慎吾を探すよう頼みます。その慎吾は王様メギドに完全に覚醒する手前で苦しんでいました・・・。

一方、人間がメギドになったという事実は哲雄から亮たち他の剣士にも伝わり、飛羽真が嘘を付いていなかったと証明されました。安堵する倫太郎たちでしたが、メギドが人間であればむやみに攻撃することができないと困惑してしまいます。

そんな剣士たちに、玲花はメギドになればもう手遅れだと冷たい言葉を放ちました。世界を守るという賢人との約束や剣士としての使命に揺れ動く倫太郎たちに対し、玲花は賢人が死んだのは上條大地のせいであること、飛羽真も力を求めた上條と同じであることを告げ、光の剣の回収を急かします。

 

剣士たちの間に亀裂が入っていることを知ったメギドたち。仲間割れを知ったストリウスは、メギド側と同じ考えで力を求める何者かが組織にいることを察知したのです。

そんな中、1人賢人のことだけを思う蓮は、かつて「飛羽真の強さがわかる時が来る」と話した賢人の言葉に悩んでいました。そんな蓮に対し、玲花は「雷鳴剣黄雷はセイバーが持っている」と告げ口し、蓮は「あんたに言われるまでもない!」とどこかに消えていき・・・!

同じころ、1000年後の街の様子に未だになれないユーリに振り回される芽依と、1人メギドを別の場所で探す飛羽真。その時、飛羽真の目の前に苦しむ慎吾が現れました。

慎吾は王様メギドに変身してしまうと、またも自動車を積み上げる謎の行動をとり始めます。何とか食い止めようとする飛羽真でしたが、レジエルも参戦し思うようにいきません。

 

そんな戦いの場に蓮が現れました。協力を求める飛羽真でしたが、蓮は変身すると「雷鳴剣を返せ!」と叫び飛羽真に襲い掛かったのです!

蓮の行動に戸惑い、ますます苦戦する飛羽真。遅れてやってきたユーリを芽依が無理やり変身させ、加勢させますが事態は思うように好転しません。

飛羽真の言葉に耳を貸さない蓮も攻撃を緩めず、徐々に飛羽真は追い詰められていきます。さらには、デザストも現れ更なる窮地に追い込まれてしまいました。

しかし、デザストは加勢を求めるレジエルをなぜか攻撃!自らのブックを取り戻し、自由となったデザストは世界を自分好みに染めるため、たとえメギドであっても気に入らない相手を攻撃し、戦局を混乱させていきます。

 

デザストと蓮の同時攻撃で倒れ込む飛羽真とレジエル。蓮の言動に、デザストは「やっぱりお前はこっち側だな」と話しかけます。

その言葉を否定する蓮はすぐさまデザストを攻撃。しかし、デザストは蓮を煙にまくと、その姿を晦ましてしまいます。

デザストを取り逃がた蓮は変身を解除。大声を上げながらその場にしゃがみ込み、悔しがるのでした・・・。

一方、王様メギドも「もうすぐ王国が完成する」と浮かれた様子。倒れ込む飛羽真の目の前から再び消えていったのです。

 

王様メギドを取り逃がした飛羽真に、倫太郎が接触。メギドの正体が人間だったことを理解した倫太郎は、飛羽真に協力することを伝え、誤解が解けたかのように見えました。

しかし、組織の中に敵がいると話す飛羽真の言葉については否定する姿勢を崩さない倫太郎。さらに追い打ちをかけるように現れた玲花が、飛羽真が上條と同じく力を求めていると非難したのです。

玲花の正体を怪しむ飛羽真に対し、倫太郎は玲花がソードオブロゴスを取り仕切る長:マスターロゴスの部下であることを教えました。玲花は飛羽真が力を手にすることを阻止すると宣言しますが、そこに現れたユーリが「飛羽真は力を手にする運命にある」と否定したのです。

ユーリは玲花に組織の目的を尋ねますが、「世界の平和を守る」という答えしか返ってこず、両者は対立したまま・・・。玲花を追いかけるように、倫太郎も黙って飛羽真の前から立ち去っていったのです。

 

芽依の呼び出しで本屋に戻った飛羽真とユーリ。先の戦いでボロボロの姿となった芽依は、自分を見捨てたことを非難しつつ、王様メギドの目的を告げたのです。

積み上げていた自動車は慎吾の家を囲むように壁のような形で作られていました。つまり、慎吾の家を城と見立て、城壁として周りを囲んでいたのです。

城を作るという目的がわかった飛羽真は、城の完成を阻止するため再び街へ繰り出しました。ブロックを積み上げ、新たな壁を作ろうとする王様メギドを前に、飛羽真は慎吾を救うため変身!

ユーリとの二刀流で戦おうとしますが、ストリウスも加勢し思うようにいきません。シャドーで対抗するユーリは上手く立ち回りますが、そうはいかない飛羽真はストリウスの攻撃の前に倒れこんでしまいます。

 

力量の差を知ったユーリは飛羽真に戦う相手を交代するよう進言。しかし、飛羽真はボロボロになりながらもストリウスと戦うことを止めません。

「傷つくから相手の痛さがわかる!痛みがわかるから、人を守りたいと思うんだ!」

直後に放たれたストリウスの攻撃を、飛羽真は哲雄の動きを真似て跳ね返したのです。世界を守る覚悟を語る飛羽真の姿を見たユーリは、王様メギドを攻撃し慎吾と分離することに成功。

ストリウスを退けた飛羽真は王様メギドを攻撃し、ついにとどめを刺したのです。

 

戦いを終え、本屋ではしゃぐ慎吾の一方で、ボロボロで動けない飛羽真と芽依。飛羽真は芽依に対し、古い文献を探し真の敵が考える狙いを探ること、戦いに専念するため原稿を早く書くことを告げました。

そんな飛羽真の言葉に、ユーリも自分の真の力を取り戻し、メギドや組織と戦うための準備をすることを宣言。すぐさま飛羽真と芽依のケガを治すと、行動を開始したのでした・・・。

一方、哲雄に飛羽真と戦った感想を確認する亮。哲雄は何も響いてこなかったと語るも、ストリウスがソフィアのことを知らなかったことも報告しました。

ソフィアをさらったのがメギドじゃないとしたら・・・。亮が心配する最中、囚われたソフィアは謎の人物の監視を受けていて・・・!

第20話の考察:蓮とデザストの言動が気になる展開に・・・組織との対立の行方は

仮面ライダーセイバー第20話は組織を巡る剣士たちの思惑が交差する回になりました。

まずは蓮が暴走し、飛羽真に襲い掛かったことが衝撃でしたね。

賢人のことを思うあまり、歯止めが利かなくなった蓮の行動は、今後の剣士たちの動きにどう影響するのでしょうか。

デザストの気になる言葉はスピンオフ剣士列伝第2話の伏線となっているので、まだ見ていない方はこちらをぜひご確認ください!

スピンオフ剣士列伝の内容はこちら!

 

また、倫太郎と哲雄・亮の思惑も変わってくることが予想されますね。

メギドを巡る誤解が解けたのは良かったですが、組織の中に敵がいると思う飛羽真と倫太郎の思いはまだ打ち解けるまでには至っていません。

一方、玲花の強硬な姿勢と、メギドがソフィアをさらっていないという事実は、哲雄や亮の組織に対する疑念に結びつきそうな様子ですね。

果たして剣士たちは今後どうなるのか、次回以降の放送に注目です!

放送を見たファン・視聴者の感想まとめ

放送を見たファンの反応はどうだったのでしょうか?

相変わらずとても自由ですね(笑)

蓮の言動が危険な方向に・・・完全に敵に回らないか心配ですね・・・。

便利な能力すぎます(笑)ボロボロになっても次のストーリーで回復する正当な理由ができましたね^^;

仮面ライダーセイバー第20話の続きはこちらの記事でチェック!

今回は仮面ライダーセイバー第20話についてお伝えしてきました。

続きとなる仮面ライダーセイバー第21話についてはこの記事でまとめていますので、気になる方はぜひチェックしてみて下さいね!

次回放送の内容はこちら!

 

各仮面ライダーのストーリーや出演俳優の現在についてはこちらの記事で適宜まとめています。こちらのチェックしてみましょう!