仮面ライダーセイバーの第26話「深き闇、剣と共に。が放送されました!

仮面ライダーセイバー第25話は仮面ライダーサーベラの初登場にカリバーの正体が明かされるなど注目の回になりました。

 

前回放送の内容はこちら!

 

第26話は復活した賢人の思惑が描かれる注目の回になることが発表されました!

今回は仮面ライダーセイバー第26話のネタバレと考察、気になる今後の予想について解説していきます。

仮面ライダーセイバー第26話のネタバレ・予想と考察

仮面ライダーセイバー第25話は仮面ライダーサーベラの初登場回になりました。

煙の能力で亮や哲雄を寄せ付けない強さを誇る、間違いなく強敵となる存在でしたね。

そして、カリバーの正体が復活した賢人ということで、今後衝撃的な展開が待っていることが予想される終わり方となりました。

続きが非常に気になる第26話について、早速見ていくことにしましょう!

第26話「深き闇、剣と共に。」の内容

プリミティブドラゴンの力を押さえられず暴走する飛羽真を止めたのは、暗黒剣暗闇を手にした賢人でした。消滅したはずの賢人がカリバーになっていたことに、飛羽真をはじめその場にいた人物はみな驚きます。

ボロボロになった飛羽真はダメージを負いながらも、賢人が生きていたことへの喜びがあふれ、次第に笑顔になっていきました。しかし、そんな飛羽真たちを前に、賢人は衝撃的な発言をしたのです。

「俺は世界を滅びから救うために戻ってきた。そのためにすべての聖剣を封印する」

驚く一同に、玲花は「そんなことはさせない」と生身の賢人に切りかかりますが、賢人は予知していたかのようにあっさりをこれを回避。ユーリが間に入り玲花を制止するなか、賢人は飛羽真の剣も封印すること、世界を守れるのは自分だけだということを話し、消えてしまったのです。

 

賢人や玲花たちが勝手に侵入してきたことをうけ、哲雄はノーザンベースの監視を強化。マスターロゴスの指示で玲花が襲撃してきたことも驚きでしたが、やはり気になるのはなぜ賢人が生き返ったのかというところ。

タッセルの下から帰ってきたユーリは、今の賢人が闇の世界から戻ってきたことを説明します。飛羽真はそれでも生きててよかったと話しますが、聖剣を封印するという発言が引っ掛かり浮かない様子。

暗黒剣暗闇に飲まれる直前に話していた賢人の言葉とは思えない言動をしていたことが気にかかりますが、飛羽真はまだ理由はわからないけど、賢人と再び一緒に戦えることを喜びます。そんなことを考えている頃、賢人は1人ビルの屋上に立っていました。

賢人の脳裏には暗黒剣暗闇がもたらした、世界の破滅を救うのが暗黒剣暗闇だけというイメージが。賢人は悩みながらも「俺1人で十分だ」と決意を口にしたのです・・・。

 

一方、賢人が生きていたことを聞いた蓮が、事の子細を玲花に聞き出そうとしていました。しかし、自身の計画を邪魔された玲花は苛立ち、「彼は敵です」と言い放ち、蓮は困惑してしまいます。

また同じころ、タッセルがなんとマスターロゴスに会っていました。タッセルのことを「ビクトール」と呼ぶマスターロゴスに、タッセルは2つの世界の均衡を守ることが初代マスターロゴスとの約束だったことを確認しようとします。

しかし、今のマスターロゴスは「私が約束したことではない」とこれを一蹴。「私は全知全能の書の力を手に入れ我が物にする」と宣言したのです。

その目的は愚かな世界をマスターロゴスの手で作り替えるというもの・・・その言葉にタッセルは「人間の運命を弄んではいけない」と反発しました。しかし、マスターロゴスも自分にはその資格があり、だからすべてを利用すると反論した後、なんとタッセルを攻撃し、タッセルは消滅してしまったのです・・・。

 

そんなことは知らない飛羽真は、やはりプリミティブドラゴンに変身し、意識を失くしている時に男の子を見ることを気にしていました。男の子を助けたら何とかなるのか、と話す亮に、飛羽真はとにかく話がしたいと答えます。

そんな時、芽依が「聖剣って封印できるの?」と疑問を口にしました。その言葉に、ユーリは暗黒剣ならできることを伝え、最初に生まれた聖剣である暗黒剣暗闇にまつわる話を始めたのです。

かつて、1人の女性が2つの世界をつなげ、5人の人間がワンダーワールドに降り立ちました。そのうちの1人はソードオブロゴスをつくり、1人はワンダーワールドに残ったのです。

しかし、残りの3人は力に溺れ、全知全能の書の力を取り込みメギドとなってしまいました。そう、その3人こそ、メギドの幹部であるストリウス・レジエル・ズオスだったのです。

 

暗黒剣暗闇は、本を巡るメギドとの戦いの最中、ワンダーワールドの中で生まれた特別な剣でした。その役目は、光の剣が悪用された時に封印する、というもの。

ユーリの説明に、今まさに聖剣が悪用されそうだから封印しようとしているのではないかと話す飛羽真。だったら悪用しなければ、と考える飛羽真でしたが、ユーリは「そうとも限らない」と話し、おもむろに出ていってしまいました。

飛羽真もとにかく賢人を探しに行きたいという思いで後を追いかけようとします。亮や哲雄たちも飛羽真についていきました。

その頃、賢人はとある駐車場に立っていました。その脳裏にはユーリが現れ、自らと戦うというイメージが。

 

そのイメージ通り、賢人の前にユーリが現れました。「俺を待っていたかのようだな」と問いかけるユーリは、賢人があるイメージを見たことを見抜いたのです。

賢人も「だから聖剣を封印する」とその考えを崩そうとしません。ユーリも世界をあるべき姿に導く使命があることを話し、互いに仮面ライダーに変身し戦いを始めました。

2人の激しい戦いに、聖剣とブックの奪取を目論む玲花も参戦。さらには遅れて駆けつけた亮と哲雄も借りを返すとばかりに参戦したのです。

激しい戦いの末、賢人が玲花を吹き飛ばし、さらに続けて亮と哲雄を変身解除に追い込みました。もう賢人を止められないのか・・・戦いを見ていた飛羽真は「俺を信じてくれ」と亮たちに話し、賢人に向かって話し始めました。

 

「賢人!ルナを見つけるんだろ?俺たち3人はいつも一緒、約束したよな?」

飛羽真の言葉に、賢人は変身を解きました。

「忘れちゃいないさ、でも世界が滅んでしまったら何の意味も無いんだ・・・」

「どういうことなんだ?ちゃんと話してくれよ?」

 

「俺は未来を見た・・・未来は決まっているんだ」

賢人の言葉を疑う亮と哲雄。夢でも見たのではないかと話す亮でしたが、飛羽真は「賢人を信じる」と話し、賢人が見た未来で何があったのか教えるよう尋ねました。

賢人は飛羽真の問いかけに答え、この先何をしても世界は滅びること、世界の消滅を救うには聖剣を封印するしかないことを伝えたのです。飛羽真は皆で力を合わせれば世界は救える、と話しますが、賢人もその言葉にかぶせるように話し続け、飛羽真の考える方法では世界は救えないと続けたのでした。

賢人は飛羽真が考える、皆が協力して戦うことも含め、いくつもの未来を見たというのです。しかし、どの方法をとっても、最後には世界が消滅し、1つの希望も無かったというのでした。

 

皆が手を取り合ったとしても、誰かが犠牲になったとしても、あえて自分1人で戦ったとしても・・・。どんな行動をとっても結局世界が破滅し、仲間が消滅してしまうイメージに、賢人は苦しみ、絶望していました。

そして、たどり着いたのが、暗黒剣暗闇の力をもって聖剣を封印し、残った暗黒剣暗闇の力で世界を滅ぼし、再度元の世界を作り上げる、というものでした。この方法なら、聖剣は使えなくなるも誰も傷つけず、変身も自然に解けるというのです。

賢人は「これで話は終わりだ」と言い放ち、再びカリバーに変身。飛羽真たちに襲い掛かろうとします。

話を聞いていた亮や哲雄は「勝手に終わらせるんじゃねえよ!」と応戦。ユーリも交え、賢人を押さえようとします。

 

ショックを受け、その場に立ちすくんでしまう飛羽真。目の前では哲雄が賢人に倒され、音銃剣錫音が封印されてしまい、さらに亮の剣を狙おうとするカリバーの姿がありました。

「なぜなんだ・・・また会えたのに・・・」

飛羽真は亮の制止を聞かず、ドラゴニックナイトに変身し、賢人に切りかかりました。

「また一緒に戦えるって、一緒に約束を果たせるって思ったのに!」

 

次の瞬間、飛羽真はまたしてもプリミティブドラゴンに変身。賢人への悲しみの思いであふれる飛羽真の絶叫が響きわたります。

飛羽真の変身を受け、賢人はその場から立ち去り、玲花も隙をついて哲雄のブックを回収し逃げていきました。飛羽真の意識はまたしてもプリミティブドラゴンの中に入り、目の前にはあの男の子が立っていたのです。

「君も悲しいの?」と尋ねる男の子は、うずくまる飛羽真に手を差し伸べます。しかし、賢人の変貌ぶりにショックを受けている飛羽真は手を取ろうとしません。

 

飛羽真が反応しないことを受け、男の子は悲しい表情を浮かべながら消えていきました。次の瞬間、飛羽真の変身が解け、意識が元に戻ったのです。

初めて暴走せず、自分で戻れたことを驚く亮。しかし、飛羽真もなぜ戻れたのかわからないまま・・・。

哲雄も自らの聖剣が封印され、声が聞こえなくなったことを悲しみ、人目をはばからず叫びます。飛羽真は賢人への思いから泣き崩れてしまい・・・!

第26話の考察:敵対する賢人・・・悲しみに暮れる飛羽真は立ち直れるのか

仮面ライダーセイバー第26話は賢人の思惑が明らかとなった回になりました。

暗黒剣暗闇の力で見た未来が絶望的で、賢人の行動を縛っているような印象を受けましたね。

世界を救うため、またしても自分1人だけで戦おうとする賢人と、皆で戦いを続けたい飛羽真の思いが相容れず、飛羽真が苦しむ姿は見ていて辛かったです・・・。

音銃剣錫音も封印され、戦力ダウンは否めませんが、果たして飛羽真はこの難局を乗り越えられるのでしょうか。

 

そのカギを握るのは、やはりプリミティブドラゴンの制御ではないかと考えます。

謎の男の子との会話が上手くいかず、飛羽真も悩み続けているところですね。

次回予告で、ついにプリミティブドラゴンの力を制御することができるようになるそうで、とても楽しみです!

どんな力を手に入れるのか、そして賢人を含め世界を救うことができるのか、注目ですね。

放送を見たファン・視聴者の感想まとめ

放送を見たファンの反応はどうだったのでしょうか?

刀鍛冶としてこれほどショックを受けることはないでしょうね・・・。

某ヒゲのホテルおじさんを思い出してしまいますね(笑)

タッセルの正体がわかった直後、消滅させられてしまう・・・どうなってしまうのか気になります。

仮面ライダーセイバー第26話の続きはこちらの記事でチェック!

今回は仮面ライダーセイバー第26話についてお伝えしてきました。

続きとなる仮面ライダーセイバー第27話についてはこの記事でまとめていますので、気になる方はぜひチェックしてみて下さいね!

次回放送の内容はこちら!

 

各仮面ライダーのストーリーや出演俳優の現在についてはこちらの記事で適宜まとめています。こちらのチェックしてみましょう!