仮面ライダーセイバーの第31話「信じる強さ、信じられる強さ。が放送されました!

仮面ライダーセイバー第30話は芽依がネコメギドにされてしまうという衝撃的な展開が描かれました。

 

前回放送の内容はこちら!

 

第31話は無事に芽依を救出できるのか、飛羽真と倫太郎のタッグの運命が描かれる回になることが発表されました!

今回は仮面ライダーセイバー第31話のネタバレと考察、気になる今後の予想について解説していきます。

仮面ライダーセイバー第31話のネタバレ・予想と考察

仮面ライダーセイバー第30話は芽依がメギドにされてしまうという衝撃的な展開が描かれました。

倫太郎を挑発し続けるネコメギドに、ズオスの狙いも絡んで苦戦する一方の展開となりましたね。

賢人の動向や蓮の行方など、他にも気になる要素が詰め込まれ、次回放送が気になるばかりではないでしょうか。

続きが非常に気になる第31話について、早速見ていくことにしましょう!

第31話「信じる強さ、信じられる強さ。」の内容


サウザンベースではストリウスとマスターロゴスが会話をしていました。マスターロゴスの狙いはノーザンベースのもつ「力」・・・。

マスターロゴスが持つ全知全能の書はその一部にすぎず、完成にはノーザンベース内にある力が必要だとストリウスに話したのです。マスターロゴスの思惑を聞いたストリウスは満足し、協力関係にあるような雰囲気を出しつつ姿を消しました。

そこに現れた神代兄弟。玲花はメギドと飛羽真たちが戦っていることを報告し、隙を突くことを提案しようとしますが、マスターロゴスは静観するよう命令し消えてしまいます。

進言が聞き入れられなかったことにショックを受ける玲花に、凌牙もマスターロゴスから玲花への信頼が揺らいでいると話し、追い打ちをかけます。凌牙も立ち去り1人になった玲花は「ごめんなさい、お兄様・・・次こそはお兄様のために」と決意を述べたのでした・・・。

 

一方、ズオスとの戦いで傷を負った倫太郎はノーザンベース内で手当てを受けていました。「僕は何もできなかった」と落ち込む倫太郎を、哲雄が「気を強くもて」と励まします。

飛羽真はネコメギドとの戦いの中、烈火が光った時に芽依の叫びが聞こえたと哲雄に報告。哲雄は剣の覚醒に何か関係しているのかもしれないと話し、飛羽真ももう少しで覚醒できるのではないかと確信していました。

しかし、その会話を聞いた倫太郎はまたも「なぜ芽依さんを助けなかったんですか!?」と食ってかかります。「今は休め」となだめる飛羽真に、倫太郎は泣きそうな声で続けました。

「ハッキリ言ってください・・・僕が足手まといなんだって・・・」

 

同じころ、ネコメギドから元の姿に戻った芽依はズオスの目の前で苦しんでいました。倫太郎の命はもうないかもしれないと話すズオスの挑発に「そんなの嘘だ!」と反発する芽依でしたが、ネコメギドへの完全変異も間近となっており苦しみは続く一方・・・。

その倫太郎に飛羽真は「足手まといなわけない!」と話し、「倫太郎は強い」と励ましますが、倫太郎は反発。いつも助けられてばかりで、飛羽真だけがどんどん強くなっていくことに焦りを抱いていたのです。

「僕は・・・これじゃ何のために、何のために戻ってきたのかわかりません!」

親もいない自分を育ててくれた師匠の命をズオスに奪われ、信じていた組織にも裏切られた倫太郎は、これ以上何も失いたくないという思いでいました。それなのに、メギドにされようとする芽依に対し、また何もできない自分が歯がゆいというのです。

 

「俺も同じなんだ・・・俺も怖い!」

飛羽真は倫太郎の思いに寄り添いながら、それでも人々を救えると信じて剣を振るっていることを話します。そのことは倫太郎も一緒のはずだと話す飛羽真でしたが、倫太郎は「僕は飛羽真君とは違います!」とすっかり自信を失ってしまっていました。

たまらず出ていく倫太郎に、飛羽真は「俺は倫太郎やみんながいるからここまでこれたんだ!」と叫びます。哲雄やソフィアもこれほど感情的になる倫太郎は初めてだと驚いていました。

倫太郎の正義感が強いからこそ、何もできない自分のことが許せないのではないかと話すソフィア。と、その時ソフィアがメギドの出現を察知、飛羽真は現場に向かいます。

 

「僕が強い?この僕が?飛羽真君と同じわけがない!」

倫太郎は飛羽真の言葉の意味が理解できず、街をさまよいます。一方、街中に現れたネコメギドはこれまで同様、人間をアクセサリーに変えていました。

駆けつけた飛羽真はネコメギドと戦いますが、アクセサリーに変えられた人間を盾にしたり、突然芽依の姿に戻ったりというネコメギドの戦い方に苦戦する一方。人間の姿に戻った芽依は「ユーリはどこ?」と救出を求めますが、すぐさまネコメギドに戻り飛羽真を攻撃します。

さらにはズオスも現れ、飛羽真を攻撃し始めます。倫太郎を出すよう求めるズオスは「あいつは俺にやられるのが怖くて逃げだしたのか!」と飛羽真を挑発しました。

 

そんなズオスの言葉に、飛羽真は倫太郎のことを信じていると話します。信じるからこそ、倫太郎の苦しみがわかるという飛羽真でしたが、ズオスの攻撃に防戦一方・・・。

その言葉を影ながら聞いていた倫太郎は、ズオスの攻撃で変身を解除した飛羽真が落とした火炎剣烈火を持って戦い始めます。そして、隙を突いた倫太郎は飛羽真とともにその場から逃げ出すことに成功しました。

救出してくれたことを感謝する飛羽真に対し、倫太郎は「僕はどうしたらいいかわからない」とまだ悩んでいることを打ち明けます。そして、倫太郎は飛羽真に立ち合いを求めたのです。

剣士として剣を振るうことしかできないと話す倫太郎の提案に、飛羽真は思いを汲みとりこれを承諾。ビルの屋上で2人の立ち合いがはじまったのです。

 

激しく立ち合う2人。倫太郎は剣を通じて飛羽真の思いを感じ取っていきました。飛羽真が背負っているもの・・・様々な人の思いや絶対にあきらめないという気持ちに触れた倫太郎も、いつしか手にしていた剣が光っていくことを実感。

互いの思いが通じ合った2人は、剣を交えながらもいつしか笑顔になっていました。戦いを終え横たわる2人。

倫太郎はこれまで芽依に励まされてばかりだったと話しました。芽依はいつも笑顔だったこと、こんな時でも芽依なら笑い飛ばすんだろうと飛羽真も続けます。

芽依のことを太陽と評した倫太郎は、芽依の笑顔が暖かくて、いつも笑顔にしてくれると話しました。そして、立ち上がった倫太郎は飛羽真に手を差し伸べ、2人は手を取り合ったのです。

 

芽依を救出に向かう飛羽真と倫太郎。現れたズオスとネコメギドに対し、2人はまず連携攻撃でズオスを攻撃しました。

善戦する2人を前に、ネコメギドは芽依に戻り攪乱しようとします。メギド化寸前の芽依は気力が折れかかっており、いっそ自分を消してほしいと叫びました。

ネコメギドは芽依の心情を察知し、芽依があきらめていることを話します。しかし、飛羽真と倫太郎はすぐさまそれを否定。

ズオスも「悪あがきはいい加減にしろ!」と挑発しますが、倫太郎は叫びます。

 

「確かに悪あがきかもしれません・・・それでも!飛羽真君も芽依さんも、どんな時もずっと僕を信じてあきらめてくれない人なんです!」

倫太郎の叫びに「お前は弱い!」と挑発を続けるズオスでしたが、倫太郎の叫びは続きます。

「だから僕も・・・僕を絶対にあきらめない!」

倫太郎は飛羽真とともにネコメギドを攻撃。芽依をメギドから分離させることに成功しましたが、すぐに元に戻ってしまいます。

 

「何回やろうと同じだ!お前にはできねえ!」

ズオスの叫びに、倫太郎は「飛羽真ならできます!」と反論。その言葉に飛羽真も「ああ・・・俺達なら!」と答えます。

2人の「絶対に救う!」という言葉に、ネコメギドとなった芽依は泣きそうな顔で「ありがとう」と言いました。その様子に、飛羽真と倫太郎は呼びかけを続けます。

「ありがとうは笑顔で言うもんだ!」「顔を上げろ!須藤芽依!」

 

2人の声に芽依も気力を取り戻し叫びをあげます。芽依の声を聞いた2人は再度芽依の救出を試みました。

「物語の結末は、僕たちが決める!」

2人の再攻撃で芽依を完全に分離することに成功!悔しがるズオスに、倫太郎が叫びます。

「ズオス!感謝してます・・・お前のおかげで、僕は強くなれる!」

 

倫太郎は飛羽真と2人同時にライダーキックを放ちました。攻撃を受けたズオスは大ダメージを負いますが、執念で耐えきります。

「まだだ・・・まだ、まだまだ!まだ!!」

激しい戦いの最中、メギドとの分離の際に芽依が落としたカギを拾うストリウス。思わぬ収穫を得たストリウスはズオスを回収し、その場から消えていきました。

戦いを終えた倫太郎は「飛羽真」と呼び捨て「皆さんが僕の家族です」と笑顔になりました。そんな様子を見ていた賢人は「また・・・知らない未来が・・・」と驚きを隠せない様子で・・・。

 

ノーザンベースに戻った飛羽真たち。芽依はこっそり作っていたピンバッチを皆に配りました。

いつかノーザンベースの剣士全員が力を合わせて戦える日が来るように・・・。飛羽真はその思いを汲みとり笑顔になりました。

一方、カギを手に入れたストリウスはマスターロゴスが次に狙うものを予想し、不敵な笑みを浮かべます。ズオスも倫太郎への復讐心が増大し、その姿を変えようとしていました・・・!

不穏な動きが見える中、タッセルを探し小屋にやってきていたユーリは、現れた小鳥からタッセルがマスターロゴスに力を奪われてしまったことを聞きます。タッセルが一時的に力を失っていることを知ったユーリは「そういうことか」と話すと、エックスソードマンに変身し・・・!

第31話の考察:倫太郎が復活!カギを奪ったストリウスとズオスの動きは

仮面ライダーセイバー第31話は倫太郎と飛羽真が協力して芽依を救出する展開が描かれました。

剣の立ち合いを経て復活した倫太郎が、ネコメギドから芽依を救出できたのは良かったですね!

ピンバッチの出来はかなり良かったと思うのですが、哲雄やソフィアには不評だったようですが・・・(笑)

「飛羽真」と呼び捨てにした倫太郎が真の意味で仲間になったことが嬉しいです!

 

一方、倫太郎たちに倒されたズオスが復讐心を滾らせる展開が気になるところですね。

レジエルと同様、強化体として立ちはだかることが予想され、倫太郎がどう立ち向かうのかが見どころとなるでしょう。

また、芽依がソフィアからもらっていたカギをストリウスに知らない間に奪われてしまったことも気になります。

カギの紛失に気付いた時、芽依たちはどうなるのか、そしてストリウスはどんな行動を起こすのか、次回以降の展開にも注目です!

放送を見たファン・視聴者の感想まとめ

放送を見たファンの反応はどうだったのでしょうか?

賢人の見た未来とは違う方向に進んでいる・・・これは飛羽真が賢人を救出する未来につながるのか注目ですね!

心が折れかけた芽依からのこの復活で安心しました(笑)

演者の才川コージさんの身体能力を活かしたスタント・・・これも見どころですね!

仮面ライダーセイバー第31話の続きはこちらの記事でチェック!

今回は仮面ライダーセイバー第31話についてお伝えしてきました。

続きとなる仮面ライダーセイバー第32話についてはこの記事でまとめていますので、気になる方はぜひチェックしてみて下さいね!

次回放送の内容はこちら!

 

各仮面ライダーのストーリーや出演俳優の現在についてはこちらの記事で適宜まとめています。こちらのチェックしてみましょう!