仮面ライダーセイバーの第9話「重なり合う、剣士の音色。が放送されました!

仮面ライダーセイバー第8話は飛羽真がキングオブアーサーの真の力を手に入れた回になりました。

 

前回放送の内容はこちら!

 

第9話はついに哲雄が仮面ライダースラッシュに変身する回となることが明らかになりました!

今回は仮面ライダーセイバー第9話のネタバレと考察、気になる今後の予想について解説していきます。

仮面ライダーセイバー第9話のネタバレ・予想と考察

仮面ライダーセイバー第8話は飛羽真が悩みながらもキングオブアーサーの力を手に入れた回になりました。

亮の捨て身の行動を経て、飛羽真が仲間の信頼に気づいたことで強くなったのが印象的でしたね。

一方、カリバーが持つ写真の意味や、哲雄が握りしめていたワンダーライドブックが気になるところではないでしょうか。

続きが非常に気になる第9話について、早速見ていくことにしましょう!

第9話「重なり合う、剣士の音色。」の内容

試練を乗り越え、キングオブアーサーの力を手に入れた飛羽真。ソフィアを始め、ソードオブロゴスの剣士たちは飛羽真のことを認め始めていたのです。

その飛羽真は本屋に籠って、小説が書けないことを嘆いていました。新作の作品を書くよう迫る芽依を前に、飛羽真は「俺が本当に書きたいものは、何?」と悩んでいたのです。

一方、カリバーはストリウスに新たな計画の準備ができたか尋ねていました。メギドたちの新たな計画、それは3冊のアルターブックとジャアクドラゴン、そして剣士たちが持つワンダーライドブックを合わせ、キングオブアーサーを超える新たな本を生み出すというもの。

計画実行のため、メギドが封印されたアルターブックを取り出すストリウスを前に、ズオスとレジエルが「失敗は許されない」と迫ります。そんな2人をあしらうように、ストリウスは「すべて計画通り」と答えるのでした。

 

ノーザンベースでは、ソフィアが亮にカリバーのことをどう思うか尋ねていました。ソフィアはカリバーの正体が賢人の父ではないのではないかと疑っていたのです。

そこへ現れた賢人に、亮は1人で父親を追いかけるなと声をかけます。気丈に振る舞う賢人を見て、亮は強がって言ってるんじゃなければいいがと話し、無理はするなとフォローしました。

その時ソフィアが、メギドが何かを始めようとしていることを察知。亮と蓮は調査のため街に繰り出します。

一方、キングオブアーサーの分析を任された哲雄は、新たなブックが生み出せるのではないかと解析に没頭。後から入ってきた飛羽真の声かけにも反応せず、いつもの調子でいる様子でした。

 

ソフィアの予感通り、街でアヒルメギドが動き出し暴れていることをつかんだ飛羽真たち。キングオブアーサーの解析が終わっていないため、飛羽真たちは先に現場に乗り込むことにします。

5体のアヒルメギドを前に変身する飛羽真・倫太郎・賢人の3人。しかし、姿を消す能力を持つ1体のアヒルメギドの見えない攻撃に苦戦してしまいます。

さらにカリバーも現れ、飛羽真たちはますます不利に。真っ先に賢人がカリバーと剣を交えますが、あえなく吹き飛ばされてしまいました。

その様子をノーザンベースから見ていたソフィアと哲雄。哲雄はキングオブアーサーのライドブックを手に、奥の部屋に消えていきました。

 

現場に向かった哲雄と入れ替わるように、黒服の女性が現れソフィアに声をかけました。

「彼が炎の剣士、セイバーですか・・・」

その言葉を発した女性は謎の笑みを浮かべていました。芽依は女性が誰なのかわからず尋ねますが、答えが返ってこず困惑します。

 

一方、飛羽真は「人は裏切るもの」と話すカリバーに「人は助け合いながら前に進む」と剣を交えつつ反論していました。「仲間など無用」と切り返すカリバーに、飛羽真は「お前は何がしたいんだ!?」と尋ねます。

その言葉に、カリバーは「絶対的な力を手に入れて真理を手にする」ことが目的だと答えました。次の瞬間、カリバーの攻撃で飛羽真は吹き飛ばされてしまいます。

「お前が見ているものは真実とは限らん!世界は単純じゃない」

カリバーの謎めいた言葉の後、再び剣を交える飛羽真。その時、再び2人の剣が共鳴し、飛羽真の脳裏に先代の炎の剣士がカリバーと戦う記憶が流れてきたのです。

 

「この聖剣はお前が持つ者ではない!」

飛羽真を追い詰めていくカリバーの姿を見たソフィアは、なんとノーザンベースから単身出ていきました。賢人も飛羽真の加勢に入りますが、カリバーの呪縛によって倫太郎を合わせた3人とも動けなくなってしまいます。

カリバーは当初の狙い通り、倫太郎の天空のペガサスライドブックと賢人のニードルヘッジホッグライドブックを奪っていきました。その時、哲雄が剣を手に現場へ駆けつけたのです。

姿の見えないアヒルメギドが哲雄を攻撃しますが、耳が良いと話す哲雄は音だけで攻撃を回避。次の瞬間、哲雄は仮面ライダースラッシュに変身したのです!

 

驚く飛羽真に、倫太郎は哲雄が剣の修復のため、一時的に戦線を離脱していただけであることを教えました。哲雄は次々とアヒルメギドを圧倒し、さらにはブレーメンのロックバンドワンダーライドブックを使用し、戦いを続けます。

ハイテンションキャラとなった哲雄は、アヒルメギドを圧倒しつつ、飛羽真たちの呪縛を説きました。キングオブアーサーのライドブックを哲雄から渡された飛羽真はドラゴンアーサーとなり、カリバーに反撃を開始。

攻撃を受けたカリバーから西遊ジャーニーワンダーライドブックを奪った飛羽真は、3冊変身を果たし、クリムゾンドラゴンフォームへと姿を変えました。

カリバーを圧倒する飛羽真に、哲雄たちも激しく戦います。飛羽真も爆炎紅蓮弾でカリバーを攻撃、とっさにアヒルメギドを盾にしたカリバーは難を逃れ、戦線を離脱しました。

 

飛羽真の戦いぶりを見ていた黒服の女性は「あれがセイバー、なかなかやるじゃない」と飛羽真を認める発言をしました。その手には謎のブックを手にしていて・・・。

一方、戦いを終えた飛羽真は全身に力が入らず、倫太郎に支えてもらっていました。3冊変身の負担はとても大きく、倫太郎でさえも特訓をして乗り越えたものだったのです。

その時、飛羽真の脳裏に幼い頃の記憶が一瞬蘇ります。その記憶とは、幼い自分と遊んでいた女の子と男の子・・・2人ではなく3人だったことを思いだしたのです。

飛羽真はその記憶から、ついに書きたいものがわかったと話しました。飛羽真が書きたいもの、それは仲間であるみんなのことでした。

 

ソードオブロゴスの仲間の物語を書きたいと話す飛羽真。書いた作品をみんなに読んでもらいたいと宣言したのです。

その前に、カリバーに奪われたブックを取り戻すことを誓いました。飛羽真の言葉に、倫太郎や賢人、哲雄もうなずきます。

一方、敗れたカリバーはアジトに戻ろうとしていました。その時、ソフィアが現れ「あなたは誰ですか」とカリバーに尋ねます。

カリバーがソフィアを攻撃しようとした時、亮が間に入り、ソフィアは難を逃れました。次の瞬間にはカリバーの姿は消えていましたが、ソフィアの疑念はますます深まるばかりで・・・!

第9話の考察:哲雄が仮面ライダースラッシュに変身!カリバーの正体は誰なのか

仮面ライダーセイバー第9話は仮面ライダースラッシュの初登場回となりました。

ブレーメンのロックバンドワンダーライドブックを使った哲雄が、超ハイテンションな口調で戦い始めたのには驚きましたね(笑)

一時的に戦線を離れていただけとあって、その強さは顕在で、飛羽真にとって大きな味方が増えたのは嬉しい限りです。

次回以降の哲雄の戦いぶりにも目が離せなくなりました!

 

一方、カリバーの正体がとても気になるシーンが流されたのも印象的でしたね。

ソフィアの疑念が確信へと変わるようなカリバーの態度・・・とても気になります。

飛羽真の記憶が少しずつ蘇ることにも何か影響があるのでしょうか。

黒服の女性の正体も非常に気になる仮面ライダーセイバーの次回放送が待ち遠しいですね!

放送を見たファン・視聴者の感想まとめ

放送を見たファンの反応はどうだったのでしょうか?

仮面ライダーファンという岡さんが念願の変身を叶えたシーン・・・しかし、その後のキャラ変がインパクト強で・・・(笑)

思わず笑ってしまいました(笑)

セイバーの3冊変身、とてもカッコよかったですね!

仮面ライダーセイバー第9話の続きはこちらの記事でチェック!

今回は仮面ライダーセイバー第9話についてお伝えしてきました。

続きとなる仮面ライダーセイバー第10話についてはこの記事でまとめていますので、気になる方はぜひチェックしてみて下さいね!

次回放送の内容はこちら!

 

各仮面ライダーのストーリーや出演俳優の現在についてはこちらの記事で適宜まとめています。こちらのチェックしてみましょう!