仮面ライダーセイバーに登場する敵キャラ:ズオスについて解説していきます!

令和第2作目として放送が開始となった仮面ライダーセイバーに登場する敵キャラ:ズオス。

「大いなる本」の書き変えを目論む「メギド」の魔人のうちの1人であり、主人公である神山飛羽真の敵でもあります。

そこで今回は仮面ライダーセイバーのズオスについて、名前の由来やキャラクター、演者の才川コージさんについても含めご紹介していきたいと思います。

仮面ライダーセイバーズオスの名前の由来は?

メギドの魔人の1人として、主人公である神山飛羽真の前に立ちはだかる敵キャラが、今回ご紹介するズオスです。

脳筋パワー系と公式でも紹介されているのが魅力的な、個性あふれる3人の魔人のうちの1人として登場するようですね。

このズオスという名前ですが、他の本の魔人と同じく、なぜこのような名前が付いたのか気になるところではないでしょうか。

早速、その名前の由来について見ていくことにしましょう。

ズオスの名前の由来は動物と神様の名前から来ている

ズオスの名前の由来として有力視されているのは、ギリシャ語で動物を意味する「ζώον」と、神を意味する「θεός」を組み合わせたもの、という考え方です。

生物のジャンルを担当している魔人という設定であることから、動物をイメージしたのではないかと有力視されているのです。

猛獣を扱いそうな見た目通りの由来とあって、キャラクターを壊さない工夫がなされていると言えるでしょう。

果たして劇中でどんな活躍を見せるのか、1年間の放送期間がとても楽しみですね。

ズオスの人物像とキャラクター

主人公である神山飛羽真の敵として登場するズオスは、本の魔人であるメギドの1人であることが発表されています。

生物のジャンルを司る脳筋パワー系な性格ということが公式からすでに発表されていますね。

力任せに戦う姿が見た目からも想像できるほどのキャラクターで、おそらく敵キャラの中では一番愛されるのではないかと予想されます。

単細胞な戦い方をするのか、はたまた他の魔人とうまく連携して飛羽真を苦しめるのか、とても楽しみです!

ズオスの俳優の才川コージについて紹介

ここまで仮面ライダーセイバーに登場するズオスの名前についてご紹介してきました。

その名のとおり生物をイメージしたキャラクターであるという説がとても有力でしたね。

ここからはそんなズオスを演じる俳優:才川コージさんについてご紹介していきたいと思います。

才川コージのプロフィール!筋肉自慢な趣味も

1995年3月11日生まれの才川コージさんは、アメリカ人の父親と日本人の母親とのハーフであることを公表しています。

2010年から芸能活動を開始した才川コージさんは、映画や舞台、テレビドラマに出演し、3人の魔人役を演じる俳優陣の中でも一番演技の経験が豊富な人物でもありますね。

仕事は順調な一方、バラエティ番組では衝撃的な生活を送っていた過去についても自ら暴露しています。

お金に困っていた時、なんとセミやトンボを捕まえて食べていたとか・・・いくら困っていたとはいえ、かなり勇気のある行動ではないでしょうか・・・。

 

一方、やはり見た目的に気になるのは非常に鍛え上げられた筋肉ではないでしょうか。

運動神経抜群で、水泳や陸上競技、テニスやスケートボードを趣味に持つ才川コージさんならではの肉体と言えるでしょう。

特に、パルクールなどのアクロバット経験も豊富で、仮面ライダーセイバーの劇中でもそのアクションが見られることが予想されます。

出演作品がきっかけで始まったバンド活動から、音楽も趣味にしているという、まさにマルチな才能を発揮しているタレントさんと言えるでしょう。

仮面ライダーフォーゼへのゲスト出演歴アリ

そんな才川コージさんですが、過去には仮面ライダーフォーゼにゲスト出演しており、特撮番組への出演経験ももっていることがわかりました。

フォーゼの第3話と4話に西川司役として登場し、クイーンフェスの司会として登場していたのです。

この回は才川コージさんより、いわゆる「例のプール」が注目された回だったので、作品を見たことのある人でも気づかなかった人が多いのではないでしょうか(笑)

今回は1年間を通してレギュラーとして登場しますので、しっかりと記憶に残る演技を披露してくれることでしょう!

まとめ:筋肉自慢の才川コージが演じるズオスから目が離せない!

今回は仮面ライダーセイバーに登場するズオスの名前の由来についてご紹介してきました。

生物担当という視点から付けられた名前通り、劇中でどのような活躍を見せるのか楽しみです。

演者の才川コージさんさんも、フォーゼへの出演経験を活かしつつ、1年間活躍されることを期待したいですね!