仮面ライダーウィザードに登場した怪人:グレムリン役の俳優についてご紹介します!

人間の心を絶望に追い込むことで誕生する怪人:ファントム。

ウィザードのストーリーのカギを握るキャラクターとして登場したファントムの1体がこのグレムリンとなります。

そのグレムリン役を演じた俳優が、現在何をしているのかについて、グレムリンの紹介も含めてお伝えしていきたいと思います。

仮面ライダーウィザードのグレムリン役の俳優の現在は?

絶望に追い込んだ人間の心を糧に誕生するのが、仮面ライダーウィザードにおける怪人:ファントムです。

ファントムは絶望に追い込んだ人間の姿に擬態する能力を持っている、という設定があります。

グレムリンも他のファントムと同じ設定で、人間の姿に擬態して行動することも多かったですね。

そのグレムリンが擬態した人間体を演じた俳優は誰なのか、そして現在どんな活動を行っているのか、早速見ていくことにしましょう。

グレムリン役の俳優:前山剛久は舞台俳優として活躍!

2020年現在、グレムリン役を演じた俳優:前山剛久さんは、主に舞台俳優として活躍していました。

2011年に舞台俳優としてデビューした前山さんは、仮面ライダーウィザードが放送開始となるまでの約2年間で俳優としてのスキルを磨き、その能力が評価されてグレムリン役を射止めたのです。

仮面ライダーウィザードの放送終了後、テレビドラマのゲストや映画にも出演する機会がありましたが、メインの活動は舞台俳優で、毎年数々の作品に出演していました。

直近では2020年7月のテレビドラマ「クレイジーレイン」にゲストとして出演するなど、俳優としての実績を着々と残していることがわかります。

前山剛久のD-BOYSでの経歴

もともと、前山さんは2010年のD-BOYSスペシャルユニットオーディションに応募し、そのファイナリストにまで残った人物です。

この件をきっかけにワタナベエンターテインメントに所属することになった前山さんは、若手男性俳優グループであるD2のメンバーとして活動するようになりました。

D2は2013年に、瀬戸康史さんや山田裕貴さんら特撮作品で活躍した俳優を多く生み出している集団:D-BOYSと合体し、前山さんは現在もD-BOYSに所属しています。

「舞台 刀剣乱舞」などの代表作にも出演した前山さんは、事務所からも今後の更なる活躍が期待されている人物ですね。

グレムリンの劇中での活躍と最後

ここまで仮面ライダーウィザードに登場した怪人:グレムリンを演じた俳優:前山剛久さんについてご紹介してきました。

現在も舞台を中心とした俳優活動を行っており、今後もその姿を見ることができそうですね。

そんな前山さんが好演したグレムリンについて、劇中でどのような活躍を見せたのかご紹介していきたいと思います。

グレムリン(ソラ)の正体はサイコキラー

物語の中盤に差し掛かるあたりで登場した幹部級のファントムであるグレムリン。

ファッショナブルな若者の姿で、何を考えているのかわからない飄々としたしゃべり方をし、その真意を探らせようとしませんでした。

人間を絶望に追い込み、仲間を増やそうとするファントムの目的とはまた異なった価値観を持っているようで、劇中終盤までその狙いが明らかにされることはなかったですね。

そして、グレムリンが擬態した人間が生前どんな人物だったのかも、そのミステリアスさに拍車をかけるものとなりました。

 

グレムリンは人間体の時に「ソラ」と名乗っていました。

このソラは、生前美容師だったことから、おしゃれに気を遣うようなファッションをしていたようです。

しかし、その正体は女性にフラれたトラウマから、似た容姿の女性を騙しては命を奪うサイコキラーでした。

人の命を何とも思わなかった人物の姿となったグレムリンには、なぜか生前の人物の性格が乗り移り、ファントムとしての使命は果たそうとせず、場合によっては女性をつけ狙うこともあったほどです。

グレムリン(ソラ)の劇中での活躍と最後

主人公である操真晴人をからかいながらも、ファントムとしての最低限の仕事をこなしていたグレムリン。

指輪の魔法使いである晴人を挑発しつつ、どこか別の狙いを持っているかのような言動が後半になるにつれ出てくるようになりました。

やがて、ファントムたちが目的としていた、大量の人間を絶望に落としファントムを生み出すサバトが、白い魔法使いの正体である笛木奏が仕組んだことであることが判明。

ファントムの首領:ワイズマンの正体が笛木だったことや、ファントムそのものが魔法使いの出来損ないで不要な存在だったこと、サバトが終わった後にファントムは消滅する運命にあることを知ってしまったのです。

 

笛木の陰謀を知ったグレムリンは「人間に戻りたい」という欲望のため、笛木がコヨミの体内に埋め込んだ賢者の石を奪うべく、不意を突いてコヨミを攻撃。

コヨミの体内から石を取り出すと、異常な魔力を身に着けたグレムリン(進化体)へと進化したのです。

グレムリンは賢者の石に魔力を蓄えるべく、無差別に人を襲い始め、止めに入った仮面ライダーメイジたちを圧倒。

しかし、最後はウィザードに変身した晴人が賢者の石を奪い返されてしまい、コヨミへの思いによって変化したホープウィザードリングの力に敗れ消滅してしまったのです。

まとめ:儚いキャラクターを好演した前川剛久の活躍に注目!

今回は仮面ライダーウィザードに登場した怪人:グレムリンを演じた俳優についてご紹介しました。

演者である前川剛久さんの好演が光るキャラクターとなったことは言うまでもありませんね。

求めていた「永遠の命」の裏にある、自身の存在意義や生きている意味を見出せなかった儚いキャラクターであることは、ラスボスとなったこと以上に印象に残るものとなりました。

これからも活動を続ける前川さんにぜひ注目したいですね!