仮面ライダージオウの第34話「2019:ヘイセイのオニ、レイワのオニ」が2019年5月5日(日)に放送されました!

第33話は仮面ライダー響鬼のオリジナルキャストが登場するという熱い展開になりました。

第33話の詳しいあらすじは以下の記事でまとめています。

仮面ライダージオウ33話のネタバレ感想と考察まとめ!今後の内容や展開を予想

 

なお、テキストではなく動画で見たい!という方はこちらで簡単に見逃し動画を視聴できる方法を解説していますのでご確認ください!

仮面ライダージオウ33話見逃し放送動画の無料視聴方法!再放送はパンドラで見れる?

 

第34話は引き続き仮面ライダー響鬼に関係する内容となっており、結末がどうなるか気になりますね!

今回は仮面ライダージオウ第34話のネタバレと考察、気になる今後の予想について解説していきます。

第34話のストーリーネタバレと考察

公式の予告動画はこちらになります。

第33話は仮面ライダー響鬼からオリジナルキャストとして桐谷京介役の中村優一さん、トドロキ役の川口慎五さんが登場する熱い展開となりました!

アナザー響鬼がソウゴの同級生であること、京介が響鬼だと嘘をついたことなど、衝撃的な展開が目白押しとなっていましたね。

それを受けて放送される第34話では一体どんな展開が待っているのか・・・早速見ていくことにしましょう。

第34話のストーリーネタバレ!

アナザー響鬼を庇うようにゲイツを攻撃した京介。直後、アナザー響鬼の攻撃を受けた京介は変身を解除してしまいました。

京介にとどめを刺そうとするアナザー響鬼でしたが、京介が一喝した瞬間、攻撃をためらってしまいます。その隙を突いたゲイツがアナザー響鬼を攻撃し、京介のピンチは救われました。

ウールとともに消えたアナザー響鬼。ボロボロの京介に対し、トドロキは「鬼の掟を忘れたか!?」と叱ります。

鬼の不始末は師匠がとるもの・・・このままでは吉野から鬼払いが来ると忠告するトドロキ。しかし、煮え切らない態度をとる京介を見たトドロキは呆れてその場を去っていきました・・・。

 

クジゴジ堂に京介を連れてきたソウゴたち。しかし、響鬼を名乗ったことなどを質問してもだんまりを決め込み、話がすすみません。

ツトムが同級生であることを伝えるソウゴでしたが、それでも京介は答えようとはしませんでした。仕方なく、ソウゴとツクヨミは真相を聞くためトドロキの下へ行こうとします。

そこへ落ち込んだウォズが帰ってきました。ただならぬ様子のウォズを見かねたソウゴは、ウォズも一緒に連れていくことに・・・。

 

ウォズの悩みがわからないソウゴ。ソウゴの誕生日をどう祝うかという悩みを決して言えないウォズは、己との戦いであるとはぐらかし、「放っておいてくれないか・・・」と落ち込みムード・・・。

トドロキに会ったソウゴたちは、鬼は襲名性であることと、襲名もしていないのに鬼を名乗りさらに弟子を取った京介の行動はあり得ないということを聞きます。トドロキは、鬼は生き方であること、己を鍛え、己に打ち勝つことが大切だと語りました。

そんなトドロキの話を聞いたソウゴは、いきなりウォズを一日だけトドロキの弟子にしてほしいと頼み込みます。弟子を取るつもりはないと話すトドロキに、強引にウォズを預けて帰るソウゴ・・・。

 

一方、クジゴジ堂に残された京介は、ゲイツからソウゴの卒業アルバムを渡されます。そこには小学生だったツトムが響鬼への強い憧れを抱いていることが書かれていました。

突然クジゴジ堂を出ていった京介を追いかけるゲイツ。アナザー響鬼と遭遇した2人は暴走するツトムを止めようとします。

「鬼としての誇りを思い出せ!」と話す京介。しかし、京介とゲイツの連携がとれていないために苦戦します。

ソウゴも駆けつけ、ジオウⅡとなりアナザー響鬼に攻撃しようとしますが、「俺の弟子に手を出すな!」と京介が庇い変身を解除させてしまいました。その隙に逃げるアナザー響鬼・・・。

ツトムは俺の友達だと話すソウゴは、ツトムを助けたい気持ちは同じはずだと京介に協力を頼みます。しかし、それでも京介は「放っておいてくれ・・・」と心を開こうとしませんでした。

 

「なぜ私が洗濯を・・・」

トドロキの修行を忠実にこなすウォズ。「こんなことをしている場合ではないのに・・・」とこぼすウォズに、トドロキは「じゃあ何がしたいんスか?」と尋ねました。

ソウゴの祝福の方法に悩んでいることを打ち明けたウォズに対し、トドロキは簡単なことだと答えます。トドロキは命を落としてまでも自分のそばに居続けてくれた自分の師匠のことを話し始め、「そばにいるってそれだけですごいことじゃないッスか」と伝えました。

「君の存在そのものが祝福ッスよ!」

トドロキの言葉を受け、何かに気づいたウォズは感謝の言葉を述べ、ソウゴの下へ走り出しました。

 

京介を追ったソウゴ。「どうして響鬼を襲名できなかったの?」とストレートな質問をぶつけ、京介を呆れさせます。

京介は師匠の響鬼のようになれなかったことを語り始めました。先代の響鬼は何があっても諦めない人で、男らしく強くて京介にとっても憧れだったと話します。

ソウゴはかつて、鬼になりたいと話すツトムの夢を笑う同級生から庇ったことを伝えました。襲名もしてないのに自分が響鬼だと嘘をついたことを話す京介に対し、ソウゴは「ツトムにとってはあんたが響鬼だ!」と激励し、一緒にツトムを助けようと誘います。

 

アナザー響鬼と対峙したソウゴたち。京介はアナザー響鬼となったツトムに語り掛けます。

京介が響鬼に追いつけず悩んでいた時にツトムが弟子入りさせてくれと頼んできたこと、渋々弟子にしたはずのツトムの存在がいつしか京介自身を支えてくれていたことを伝える京介。

「お前が俺を一人前の鬼にしてくれたんだ!絶対にお前を救ってみせる!」

京介の力強い言葉に、ライドウォッチが光りました。

「俺を響鬼として認めてくれるってことですか・・・ありがとうございます!」

先代の響鬼の思いを受け取った京介は、晴れて響鬼になることができたのです。

 

そこへ、ウォズが元気を取り戻してやってきました。悩みを捨てたウォズを見たソウゴはジオウトリニティで戦うことを選択します。

ツトムを救おうとする京介が変身した響鬼の音撃鼓と、ジオウトリニティの必殺技が炸裂し、ついにツトムの救出に成功しました。

その後、京介は響鬼のライドウォッチをソウゴに渡しました。

「俺は俺の道を行く。そして、響鬼さんみたいな鬼になる!」

新たな決意を述べる京介に、ツトムももう一度京介の下で修業させてほしいと頼み、快諾されます。その様子を遠くから眺め、うれしそうなトドロキの姿もありました。

 

帰宅したソウゴを祝うウォズたち。始めから悩むことなどなかったと喜ぶウォズは念願のソウゴの誕生日を祝福することに成功しました。

残るウォッチはあと4つ・・・次のウォッチは鎖とコウモリ・・・仮面ライダーキバ!

第34話の考察

第34話は京介が本物の鬼になることができた感動の回になりましたね!

弟子は師匠によって育てられ、師匠もまた弟子によって成長する・・・師弟愛が色濃く映された回となり、見ごたえは十分だったと思います。

随所で響鬼のネタが散りばめられていたのもファンにとって嬉しい限りでしたね。

京介が新たな響鬼として、ツトムを成長させられるよう期待したいところです!

 

そして、ウォズも悩みを解決させることができましたね(笑)

そばにいることが祝福・・・ある意味そうなのかもしれません。

何はともあれ、いつもの調子を取り戻したことから、次回以降強力なソウゴの味方として活躍してほしいことを祈るのみですね!

第34話を見たファンの感想

では、実際に放送された34話を見たファンの反応はどうだったのでしょうか?

放送内容についての感想や考察も紹介していきたいと思います。

放送を見たファンの感想

京介が響鬼になれたことで、本編最終回の続きとなったことが何よりも良かったです!

日菜佳役の女優さんはすでに他界されています・・・この演出は思わずウルッと来てしまいましたね・・・。

無事に祝ってもらいましたが、やはり帽子の位置は気になりますね(笑)

仮面ライダージオウ第34話を見逃した時の動画視聴方法

今回は仮面ライダージオウ第34話についてお伝えしてきました。

もし、仮面ライダージオウの放送を見逃してしまったり、もう一度見たいと思った方は、簡単に見逃し配信動画を視聴できる方法があることをご存知でしょうか?

その方法についてはこちらの記事で詳しく紹介していますので、ぜひご確認ください!

仮面ライダージオウ34話見逃し放送動画の無料視聴方法!再放送はパンドラで見れる?

 

仮面ライダージオウの各話ストーリーや最新ネタバレ情報などのまとめ記事はこちらになりますので、ぜひご覧ください!

仮面ライダージオウの考察まとめ!登場人物やストーリーなどのネタバレも!

また、各仮面ライダーのストーリーや出演俳優の現在についてはこちらの記事で適宜まとめています。こちらのチェックしてみましょう!

平成仮面ライダーのあらすじ一覧とまとめ!主演俳優も放送順で紹介!