スポンサーリンク




2018年9月2日より放送開始となる仮面ライダージオウの主題歌は何になるのでしょうか?

平成仮面ライダー20周年を記念した作品で、過去作の仮面ライダーがモチーフとなっており見ごたえ十分の作品になることが予想されます。

そんな仮面ライダーの世界観を彩るのがオープニング曲となる主題歌です。

毎年、仮面ライダーのキャストと並んで注目されるものですが、今年はどんな曲になるのでしょうか?

今回は仮面ライダージオウの主題歌について、曲名やアーティストが誰になるか、そして気になる発売日の予想もお伝えしたいと思います。

仮面ライダージオウの主題歌の曲名と発売日は?

これまでの平成仮面ライダーの主題歌の多くは有名アーティストが歌ってきました。

仮面ライダージオウの主題歌もこれまで同様に有名アーティストが歌うことが予想されます。

また、曲名も作品に関係するようなものが名付けられることが基本線となっており、放送開始前からどのような作品になるのか、何がテーマとなるのかが予想できるのです。

平成仮面ライダー20周年記念作品である仮面ライダージオウがどんな作品となるのか、そしてその主題歌の曲名にどのような思いが込められるのか、予想していきたいと思います。

曲名はジオウのキーワードが含まれる?

まず、曲名には仮面ライダージオウにちなんだキーワードが含まれることが予想されます。

過去作の仮面ライダーの主題歌として発表された曲名は、その作品にちなんだ名前が付けられていました。

わかりやすい例を以下にいくつか挙げてみました。

 

  • 仮面ライダーW:W-B-X 〜W-Boiled Extreme〜

文字通り、仮面ライダー「W」の文字を扱ったものとなっています。

  • 仮面ライダーフォーゼ:Switch On!

仮面ライダーフォーゼのアストロスイッチを入れる動作にかけている名前ですね。

  • 仮面ライダー電王:Climax Jump

モモタロスの口癖である「クライマックスだぜ!」を用いたものです。

 

また、曲の歌詞も作品内容を踏まえたものとなっており、時にはアーティストの作風やイメージを変えるような印象を持つこともありますね。

今作の場合は、すでにキーワードとして出てきている「世界を破滅させる魔王にして時の王者“ジオウ”になる」が関連するものと思われます。

さながら、仮面ライダーディケイドの作風に似たものとなることから、カッコいい曲になることでしょう!

気になる曲名は何?

8月30日、ついに仮面ライダージオウの曲名が発表されました!

その名も「Over “Quartzer”」(オーヴァークォーツァー)です!

曲の名前を日本語に直訳すると、「四半期を超えて」という意味になるのですが、ポイントは「Quartzer」の部分ではないでしょうか?

本来であれば「Quarter」と“z”はいらないのですが、ジオウの頭文字「Z」と掛けた造語になっています。

そして、四半世紀は仮面ライダー20周年という長い期間を表し、それらを超越したライダーであるというコンセプトを表現した作品名となっているようです。

 

曲調はAメロの部分がラップ調で、Bメロからサビにかけて疾走感あふれるアップテンポなメロディーを奏でていますね。

歌詞も「絆(ひかり)を糧に加速して」「現在(いま)を進めよう」と、過去作の仮面ライダーとの協力を表現しているのが、作品テーマとマッチして良い仕上がりとなっています。

主題歌の発売日はいつ?

主題歌の発売日については発表され次第追記いたします。

歴代の主題歌の発売日は作品放送開始から数ヶ月後となることが基本となっています。

特に近年は発売日が遅くなる傾向にあり、仮面ライダーエグゼイドや仮面ライダービルドの主題歌の発売日は1月にずれ込んでいました。

この傾向に当てはめるならば、仮面ライダージオウの主題歌も2019年1月に発売される可能性が高いことになりますね。

ただ、TVサイズの曲やPVについては割と早い段階から情報解禁されることが多いことから、年越しまではフルサイズの曲がどんなものになるのか想像を膨らませながら楽しむと良いでしょう。

私も毎年、主題歌をヘビロテしながら楽しみに待っています(笑)

仮面ライダージオウの主題歌を歌うアーティストは誰?

スポンサーリンク




ここまでは仮面ライダージオウの主題歌の曲名や発売日についてお伝えしてきました。

ここからは気になるアーティストが誰になるのかを予想していきたいと思います。

人気急上昇中の歌手や実力派アーティストが選ばれる!

これまでの仮面ライダーの主題歌を歌ったアーティストは、仮面ライダー龍騎以降、人気急上昇中の歌手や実力派アーティストが選ばれる傾向にありました。

例えば、DA PUMPのISSAさんやAAA、相川七瀬さんやGACKTさん、氣志團や三浦大知さんなど、人気も実力もあるアーティストが歌っていました。

仮面ライダーディケイドまでの主題歌で選ばれたアーティストはエイベックスの関連アーティストが選ばれることが多かったのですが、近年は特にレーベルにこだわらず、作品と歌手のイメージが一致する人が選ばれる傾向にあります。

仮面ライダージオウの主題歌を歌うアーティストも、作風にあった人が選ばれることでしょう。

特別コラボや歌手名を変えて選ばれる!?

また、中には特別コラボや歌手名を変えて選ばれることもあったようです。

例えば、仮面ライダービルドの主題歌を歌うPANDORA feat. Beverlyは、小室哲哉さんと浅倉大介さんの音楽ユニット「PANDORA」に話題のアーティストであるBeverlyがコラボレーションした限定ユニットとなっています。

また、仮面ライダー鎧武の主題歌を歌った「鎧武乃風」は湘南乃風がこの曲のためだけに名前を変えて歌ったものです。

仮面ライダージオウは平成仮面ライダー20周年という記念作品となることから、特別ユニットが組まれてもおかしくありませんね。

他では見られない特別なコラボが見られる可能性もありますので、期待したいところです!

選ばれたアーティストは誰?

仮面ライダージオウの主題歌を歌うのは、なんと過去に仮面ライダーの主題歌を歌ったAAAのShuta Sueyoshi(末吉秀太)さんと、DA PUMPのISSAさんがタッグを組んだ限定ユニットとなりました!

平成仮面ライダー20周年に相応しい、なんとも豪華な組み合わせとあって、発表の瞬間鳥肌が立ってしまいました(笑)

曲は「Shuta Sueyoshi feat. ISSA」名義で発表されたことから、メインは末吉さんで、ISSAさんがハーモニーを奏でるという夢のコラボレーションを聞くことができるようです^^

 

そんな2人が主題歌を歌った仮面ライダー電王と仮面ライダー555のストーリーをまとめた記事がこちらになります。

それぞれの世界観を楽しみつつ、ジオウの世界観を2人がどのように表現するのか想像してみましょう!

仮面ライダー555のあらすじや最終回の結末は?全話や劇場版の動画や再放送はある?

仮面ライダー電王のあらすじと最終回の結末は?ハナの降板も考察

終わりに

今回は仮面ライダージオウの主題歌についてお伝えしてきました。

今回お伝えした内容をまとめると以下のようになります。

  • 仮面ライダージオウの主題歌は「Over “Quartzer”」(オーヴァークォーツァー)になりました。
  • 主題歌の発売日は過去の傾向から2019年1月になる可能性が考えられます。
  • 曲はAAAの末吉秀太さんとDA PUMPのISSAさんの特別ユニットが歌います。

今から曲の発売日が楽しみですね!

仮面ライダージオウに関する情報はこちらの記事でも書いていますのでチェックしてみてください!

仮面ライダージオウの考察まとめ!登場人物やストーリーなどのネタバレも!

スポンサーリンク