仮面ライダージオウの第16話「フォーエバーキング・2018」が2018年12月23日(日)に放送されますね!

第15話はソウゴが未来の自分:オーマジオウと対峙し、衝撃的な言葉を耳にする激震の回となりました。

第15話の詳しいあらすじは以下の記事でまとめています。

仮面ライダージオウ15話のネタバレ感想と考察まとめ!今後の内容や展開を予想

 

第16話は第15話の続きとなりますが、迷いの中でソウゴがとった決断と行動がどうなるのか注目したいところですね。

今回は仮面ライダージオウ第16話のネタバレと考察、気になる今後の予想について解説していきます。

第16話のネタバレ予想と考察

第15話では2018年に現れたダイマジーンとカッシーンの猛攻、そして未来に飛ばされたソウゴがオーマジオウに言われた衝撃の言葉が物語の重要なポイントになることが描かれていました。

ゲイツを救いたいソウゴですが、目の前に見せられたオーマジオウと荒れ果てた世界に激しく動揺し、見ている側も不安を抱いてしまいます・・・。

オーマジオウにベルトを捨てるよう言われたソウゴは一体どんな行動をみせるのでしょうか?

気になる第16話の内容について、早速見ていくことにしましょう。

第16話の予告動画とあらすじ

公式の予告動画はこちらになります。

「ベルトを捨てろ!」

オーマジオウから言われた衝撃の言葉にますます迷いの中に陥ってしまう2018年のソウゴ。オーマジオウの攻撃を受け変身を解除してしまったソウゴは、ゲイツを救うために2018年に戻るようオーマジオウに言われるがまま行動してしまいます。

2018年に戻ったソウゴはカッシーンに苦戦するゲイツに対し、ソウゴのジクウドライバーを破壊するよう言います。驚くゲイツでしたが、言われるがままベルトを破壊。

直後、カッシーンは動きを止め、世界は破滅から免れました・・・。

 

「これで良かったんだ・・・」

自らの決断を納得させようとするソウゴ。ゲイツをツクヨミに別れを告げたソウゴでしたが、新たなる脅威が襲い掛かろうとしており・・・!

第16話の放送前考察!

第16話は15話に引き続き仮面ライダーディケイドが登場する回となっています。

仮面ライダーディケイドのあらすじについては以下の記事でまとめてありますので、ご確認ください。

仮面ライダーディケイドのストーリーと最終回の続きや結末は?ジオウでも登場する?

 

オーマジオウから言われた衝撃的な言葉に対し、ソウゴがとった行動とその結末はどうなってしまうのでしょうか?

早速第16話の見どころについて考察していくことにしましょう。

ジクウドライバーを捨てたソウゴ・・・その結果はいかに!?

第15話でオーマジオウにベルトを捨てるよう言われたソウゴ。

迷いが消えない中、戻って来た2018年の世界でゲイツにベルトを破壊してもらうようですね。

カッシーンとダイマジーンが消滅するという予告から、ひとまず平和が訪れるようですが、この行動はかなり大きな問題となりそうです。

タイムジャッカーの3人や門矢士は2018年の世界に残っているわけですし、彼らがどう動くのか、そしてソウゴがどんな反応を示すのか注目ですね。

ジクウドライバーを破壊したゲイツ・・・ソウゴとの関係はどうなる?

そして、ジクウドライバーを破壊する役目を担ったゲイツにも注目です。

ソウゴを魔王にしないという本来の目的を果たしたわけですが、ゲイツにとってもウォズやタイムジャッカーが残っていることは本意ではないでしょう。

次回予告の中でソウゴに「お前は最高最善の魔王になると言った!」と詰め寄るシーンが映されており、ゲイツが心の底からソウゴを憎んでいるとは思えない様子が伺えます。

残された憂いを消すため、そして、新たな脅威のためソウゴにどんな働きかけを行うのか、その行動でソウゴがどんな決断を下すのか楽しみですね!

ウォズの真意と行動はいかに・・・士が登場した目的は?


そんな中、やはり注目したいのはウォズの言動ですね。

ソウゴをオーマジオウとなる未来に導こうとするウォズが喜ぶシーンが数多く映された第15話に続き、第16話でどんな行動を見せるのか注目です。

何と言っても、士をタイムジャッカー側の人間として登場させたことと、次回予告の中で見せた新しいジクウドライバーを差し出すシーンには、ソウゴをオーマジオウとしたい思いが見えてくるのですが・・・。

 

さらに、公式発表でついにウォズが仮面ライダーとして登場することが明らかとなりました!

その内容についてはこちらの記事で予想していますのでご確認ください!

【仮面ライダージオウ】3号ライダーの名前と正体は?デザインやフォームの種類も紹介

第16話のあらすじ確定版と考察

スポンサーリンク




では、実際に放送された16話のあらすじはどうなのでしょうか?

また、内容についての感想や考察も紹介していきたいと思います。

第16話のあらすじ確定版

「このベルトを・・・捨てる・・・」

オーマジオウ:未来のソウゴの言葉に戸惑いを隠せない現在のソウゴ。ベルトを捨てることでソウゴは魔王にならない、世界の破滅を防ぐことができると言われ、立ち尽くしてしまいます。

オーマジオウはソウゴを攻撃し、ソウゴは変身を解除してしまいました。オーマジオウはカッシーンに攻撃されるゲイツの姿をソウゴに見せ、元の時代に戻るよう促します。

成すすべなくツクヨミに連れられ元の時代に戻るソウゴ。その姿を見たオーマジオウは不敵に笑います。

「若き私よ、お前がどのような未来を選ぶか楽しみだ・・・」

 

戻ったソウゴは依然として消えないダイマジーンを眺め、ツクヨミに世界が滅びるまでの時間を問いました。ツクヨミはダイマジーンが動き出すまで数ヶ月もかからなかったと告げると、ソウゴは何かを覚悟した様子で・・・。

カッシーンに苦戦するゲイツはエグゼイドアーマーで対抗するも歯が立ちません。ゲイツがやられてしまう寸でのところで、駆けつけたツクヨミがカッシーンの攻撃を防ぎました。

そして、決心したソウゴはゲイツに呼びかけます。

「俺のベルトを壊してくれ・・・俺は・・・王様になるのを辞めるよ・・・」

ソウゴの言葉に驚くゲイツ。しかし、ソウゴの意思は固くゲイツに向かってベルトを投げ破壊するよう言います。

ゲイツはこれに応じ、ベルトを破壊しました。直後、カッシーンは停止し、未来のソウゴもその姿を消しました。

「始めからこうすればよかったんだ・・・」

ソウゴは力なくつぶやきます・・・。

 

ベルトが破壊されたことでダイマジーンも消滅。「これで魔王は生まれない」と話すソウゴに対し、本当にこれでいいのかとツクヨミが尋ねます。

「俺は世界を救いたいと思ったから王になりたいと思った。けど、世界を破壊するのならそれは違う。」

自身が想像する未来と異なっていたことにまだショックを受けているソウゴは、ゲイツとツクヨミに未来へ帰るよう言います。もう会うことはないと思う、と別れを告げるソウゴに、ゲイツとツクヨミは背を向け自分たちの時代へ帰っていきました。

「これでいいんだ・・・」

残されたソウゴにウォズが話しかけますが、ソウゴは自分はもう魔王ではないと突き放します。

 

オーマジオウが消えたことでタイムジャッカーの目的も1つ果たされました。新しい時の王者を擁立することを考え始めるタイムジャッカーたちでしたが、士は別のことを考えていたようで、「俺の計画をどうしてくれる?」と少しガッカリした様子・・・。

一方、スウォルツは完全にオーマジオウを葬るため、現在の常盤ソウゴの息の根を止めることを決めました。

クジゴジ堂に戻ったソウゴは順一郎に王様になるのを辞めると話しました。思いつめた様子のソウゴに、順一郎はかつて話した夢がかなうチャンスを見送った話がウソであることを言います。

順一郎がつかみかけた夢は海外の有名な時計屋で働くことでした。しかし、今は自分の店で働いているから幸せだとソウゴに諭します。

「時間の進み方は人それぞれ。時間は夢に向かって進み続ける」

順一郎の言葉に自分が取った決断は正しかったのか悩むソウゴ。

 

「どうしたらいいんだろう・・・」

悩むソウゴの下へ、動きが止まったはずのカッシーンが現れソウゴを攻撃し始めました。スウォルツがカッシーンを再起動し、ウールとともに攻撃してきたのです。

逃げるソウゴの下へウォズが代わりのベルトを持って変身するようすすめますが、ソウゴはそれを拒否し逃げ続けます。そんなウォズの行動が気に入らないウールはベルトを奪い、カッシーンはさらに攻撃を続けました。

そこへ、異変に気付いたゲイツとツクヨミがかけつけました。攻撃を避けようとしなかったソウゴを不思議がりましたが、ソウゴの後ろには逃げ遅れた子どもがいて、それをソウゴが庇っていたことが明らかに。

「俺は・・・俺の民を傷つけるヤツを許さない!」

その言葉を聞いたゲイツは仮面ライダーゲイツに変身しカッシーンに攻撃を仕掛けます。

 

ゲイツとカッシーンの戦いにオーラと士も現れました。カッシーンの味方をする士は仮面ライダーディケイドに変身し、2対1の状況に。

ゲイツはウィザードアーマーで対抗しますが、士もディケイドウィザードとなりゲイツはあっという間に倒されてしまいます。ツクヨミがカッシーンをひきつけて引き離しましたが、ソウゴもやられゲイツと2人倒れてしまいました。

ゲイツは悩むソウゴに対し、なんと自らのベルトを渡しました。

「あいつらに好き勝手やらせるつもりか!?お前は最高最善の魔王になると俺に言った。なら問題ない!最低最悪の魔王になったら俺が倒してやる、必ずな!俺を信じろ!」

ゲイツの言葉についに意を決したソウゴ。

「わかった・・・俺は魔王になる!魔王になって、世界を救ってみせる!」

ソウゴはゲイツのベルトを受け取り、仮面ライダージオウに変身しました。

 

ディケイドアーマーゴーストグレイトフルとなったソウゴはゴーストライドウォッチの力でウールからベルトを奪い、ゲイツも再び変身しました。エグゼイドとゴーストのライドウォッチを交換した2人はコンビネーションでカッシーンと士に立ち向かっていきます。

「これなら、行ける気がする!」

その様子を見た士は目的を果たしたのか、分が悪いと言い逃げてしまいました。見かねたウールとオーラは戦闘メカでソウゴとゲイツを攻撃し始めましたが、2人も対抗しタイムマジーンに乗って時空の狭間で戦います。

「俺は俺の夢を信じる!みんなを救いたいって気持ちは変わらない!俺は世界を救う魔王になる!」

ソウゴの言葉で本の表紙が再び動き始めたことを確認したウォズがほほ笑みます・・・。

 

ソウゴとゲイツは協力してタイムジャッカーの戦闘メカを破壊。カッシーンも続けて倒し、何とか危機を乗り越えました。

その頃、消滅したオーマジオウが未来で復活。「お前は私だからな・・・」と不敵な笑みを浮かべる未来のソウゴ。

クジゴジ堂に戻ったソウゴは順一郎に「王様になるのを辞めるのを辞めた」と話し、いつもの調子に戻りました。一方、ウォズはこの様子に大満足で・・・。

「全てのおぜん立ては整った。歴史の大きな変換点が始まる・・・」

そこには謎の仮面ライダーの姿があり・・・!

第16話の考察

第16話はソウゴが再び最高最善の魔王となるための回となりましたね!

ゲイツの熱い言葉に揺り動かされたソウゴが再び歩み始めるという、まさにターニングポイントとなった場面にはシビれました。

思えば1年前は万丈が戦兎を激励し、戦兎が復活した回が放送されていました。

1年前と同じ感動が味わえたのはライダーファンとしても嬉しい限りです!

 

そして、次回は新たな仮面ライダーが登場するようですね・・・。

不気味な緑色のラインが入った仮面ライダー・・・一瞬仮面ライダーネクロムを想像しましたが、どうやら別のライダーのようですね。

その正体については以下の記事でご紹介していますのでご確認ください!

【仮面ライダージオウ】3号ライダーの名前と正体は?デザインやフォームの種類も紹介

放送を見たファンの感想

放送を見たファンの反応はどうだったのでしょうか?

いつの間に!?という感じは確かにしましたね。やっぱり仲は良さそうです(笑)

この場面・・・シュールですね^^;いつまでもブレないウォズでした(笑)

懸念されていたクリスマス回でしたが、ウォズの脚立程度で穏やかに終わりましたね(笑)

しかし、番組放送終了後のCMでとんでもない2つの予告が・・・。その内容は以下の記事でご確認ください!

【仮面ライダージオウ】3号ライダーの名前と正体は?デザインやフォームの種類も紹介

【仮面ライダージオウ】2018年映画のネタバレとキャスト予想!佐藤健の再登場は?

仮面ライダージオウ第16話を見逃した時の動画視聴方法

今回は仮面ライダージオウ第16話についてお伝えしてきました。

もし、仮面ライダージオウの放送を見逃してしまったり、もう一度見たいと思った方は、簡単に見逃し配信動画を視聴できる方法があることをご存知でしょうか?

その方法についてはこちらの記事で詳しく紹介していますので、ぜひご確認ください!

仮面ライダージオウの見逃し動画を無料で視聴する方法!youtubeやパンドラは危険?

 

仮面ライダージオウの各話ストーリーや最新ネタバレ情報などのまとめ記事はこちらになりますので、ぜひご覧ください!

仮面ライダージオウの考察まとめ!登場人物やストーリーなどのネタバレも!

また、各仮面ライダーのストーリーや出演俳優の現在についてはこちらの記事で適宜まとめています。こちらのチェックしてみましょう!

平成仮面ライダーのあらすじ一覧とまとめ!主演俳優も放送順で紹介!

スポンサーリンク