仮面ライダージオウの第21話「ミラーワールド2019」が2019年2月3日(日)に放送されますね!

第20話は2040年の未来からやってきた仮面ライダークイズが登場するという内容でした。

第20話の詳しいあらすじは以下の記事でまとめています。

仮面ライダージオウ20話のネタバレ感想と考察まとめ!今後の内容や展開を予想

 

第21話は題材となるライダーが変わるのですが、なんとあのレジェンドライダーとオリジナルキャストが登場するということで、早くも内容が気になりますね!

今回は仮面ライダージオウ第21話のネタバレと考察、気になる今後の予想について解説していきます。

第21話のネタバレ予想と考察

第20話は仮面ライダーシノビに続き、2040年に本来ならば登場しないはずの仮面ライダークイズが登場したという展開となりました。

救世主ゲイツリバイブとなる歴史へ着実に近づいていることに対し、黒ウォズが取り出した謎のジオウライドウォッチがどうなるのか気になりますね。

そして、今回テーマとなる作品がソウゴをさらに窮地に追い詰めることに・・・果たしてソウゴの運命はいかに!?

早速第21話について見ていくことにしましょう。

第21話の予告動画とあらすじ

公式の予告動画はこちらになります。

新たに登場したアナザーライダーと戦い始めるソウゴとゲイツ。しかし、2人の攻撃をそのままの威力で跳ね返してくる厄介な能力を持っていて、苦戦を強いられます。

攻略法を探るソウゴとゲイツは、アナザーライダーの被害者がニュースサイト「OREジャーナル」のフォロワーであることを知り、真相を探ることにしました。

 

すでに閉鎖されたOREジャーナルの元編集長:大久保から、かつて真司という記者がいたことを聞いたソウゴたち。真司の自宅を早速尋ねますが、そこにはあらゆる窓や鏡を目張りし、ストーブの前で倒れている真司の姿がありました。

真司を救出したソウゴたちは、鏡など姿が映る物を利用してアナザーライダーが出入りしていることを知ります。真司が窓や鏡を目張りしていた理由を知ったソウゴに、ゲイツが命を顧みない捨て身の攻略法を口にし・・・。

第21話の放送前考察!

第21話は仮面ライダー龍騎がテーマとなり、さらにオリジナルキャストとして主人公の城戸真司役を演じた須賀貴匡さんと、OREジャーナル編集長の大久保大介役を演じた津田寛治さんの2人がゲスト出演することが発表されています!

仮面ライダー龍騎のあらすじについてはこちらでまとめてありますので併せてご確認ください。

仮面ライダー龍騎のあらすじや最終回の結末は?全話や特別編の動画や再放送はある?

 

豪華ゲストの登場となっていますが、肝心のストーリーはどうなるのでしょうか?

今後の展開はどうなってしまうのか、早速見どころについて考察していきましょう!

真司が倒れていた原因は?アナザーライダー攻略のカギとなるか?

OREジャーナルの元記者として登場する城戸真司

かつては熱血バカと言われるほどお人好しなキャラクターでライダーバトルに参加していた彼ですが、今回はOREジャーナルが絡む謎の事件の中心人物として登場することになっています。

アナザーライダーの色が真っ黒であることから、劇場版仮面ライダー龍騎に登場したミラーワールドの世界の真司:仮面ライダーリュウガとの関係性が疑われますね。

自宅で倒れていた原因がミラーワールドの真司だとすれば・・・実は倒れていた真司自身がミラーワールドの真司だと仮定すると、アナザーライダーの攻略のカギとなるのか気になるところです。

ソウゴとゲイツの関係性は・・・ミラーワールドのソウゴも!?

救世主ゲイツリバイブの記憶を見せられたゲイツ。

ソウゴとの今後の関係性がどうなるのか非常に気になるところです。

一方、次回予告の中で登場したもう1人のソウゴも注目ですね。

全てが反転した世界の中で凶悪な表情をし変身するソウゴ・・・ミラーワールドの住人との戦いがどのような結果を生むのか気になるところです。

仮面ライダー龍騎が2019年に蘇る!ビデオパス限定スピンオフ作品の内容は?

そして、今回の仮面ライダー龍騎回がもっと盛り上がるために、何とスピンオフ作品が限定配信されることが公式発表されました!

長い年月を超え、2019年3月に仮面ライダー龍騎が戻ってくるのは古くからのファンとしても感慨深いものですね!

気になる作品の詳細は以下の記事でまとめていますが、一番重要なのはこの作品が限定配信作品であるということです。

動画配信サービス:auビデオパスでのみ視聴が可能ということで、その概要もまとめていますのでご覧ください!

仮面ライダー龍騎スピンオフのキャスト予想!ジオウとの関連と無料視聴する方法も!

第21話のあらすじ確定版と考察

では、実際に放送された21話のあらすじはどうなのでしょうか?

また、内容についての感想や考察も紹介していきたいと思います。

第21話のあらすじ確定版

白ウォズの存在がタイムジャッカーに逆風を吹かせている・・・スウォルツはウールに、オーマの日にソウゴとゲイツが争うことを危惧する発言をします。そんなスウォルツに対し、「凄い王様候補がいる」とウールは鏡に石を投げ込みました。

ウールは数千回に1回、鏡が割れる瞬間に現れる鏡の中の世界に着目していたのです。そして、現れた鏡の中の世界の人間と契約し、黒いアナザーライダーが誕生してしまいました・・・。

 

アナザーライダーと戦うソウゴとゲイツ。しかし、どんな攻撃も同じ威力で返ってくることに大苦戦・・・。

2人がひるんだ隙にアナザーライダーは消えてしまいました。これでアナザーライダーの襲撃は今週で5件目と嘆くツクヨミ・・・。

アナザーライダーは逃げ道がないはずなのにいつも見失ってしまうことから、いつ現れるかもわからずソウゴたちは困っていました。ゲイツはアナザーライダーの能力に打ち勝つには同時に自分も倒される覚悟が必要だと話します。

 

そんな中、ソウゴはオーマの日についてゲイツとツクヨミに尋ねました。ソウゴがオーマジオウの力を手に入れ世界を滅ぼす日に、白ウォズはその日にゲイツが救世主となると言ったことをソウゴは語ります。

ツクヨミとゲイツは、オーマの日次第でどちらかの未来に行くこと、タイムジャッカーはそれとは違う未来を目指していることを話しました。つまり、ソウゴとゲイツ、タイムジャッカーはオーマの日が目標であり、そこで世界の未来が決まるというのです。

そんなゲイツとツクヨミに、ソウゴは「2人はどんな未来にしたい?」と尋ねました。魔王となる未来を阻止した後の世界にどんな未来を求めるのか・・・ソウゴの問いかけを黙って聞くだけのゲイツとツクヨミ。

 

アナザーライダーの足取りを追う3人は、被害者が全員、閉鎖されたネットニュースサイト「OREジャーナル」のフォロワーであることがわかりました。更なる手掛かりを探すソウゴは、OREジャーナルの元編集長:大久保と接触することに成功します。

大久保はOREジャーナルの閉鎖について、もともと読者からの情報提供で成り立っていたサイトであったが、今は自分でネットに情報をアップするため時代に取り残されたことを話しました。そんな中、OREジャーナルの職員は、特に城戸真司という記者は熱いヤツだったとソウゴに教えます。

大久保に真司の自宅を教えてもらったソウゴたちは早速自宅に向かいました。そこで待っていたのは、目張りした部屋でストーブの前に倒れている真司の姿だったのです!

部屋の窓を開けようとするソウゴに対し、「やめろ!剥がすな・・・奴が来る・・・!」と意味深な言葉を放つ真司。直後、真司は気を失ってしまいました・・・。

 

倒れた真司を病院へ搬送したソウゴたち。アナザーライダーのことについて再度調べたところ、アナザーライダーが出現した現場の映像に、鏡や姿が映るものから自由に出入りするアナザーライダーの姿が映されていたのです。

神出鬼没のアナザーライダー、おまけに攻撃を跳ね返す厄介な能力を持つ相手を倒す方法は無いのか・・・そんな時、ゲイツは1つだけ方法があると話します。それは、アナザーライダーが攻撃を跳ね返してくる前に倒すという、まさに危険を顧みない捨て身の攻撃を仕掛ける方法でした。

翌朝、ゲイツとツクヨミがソウゴに内緒で出ていったことを聞かされたソウゴ。驚くソウゴに順一郎は黒ウォズから渡されたライドウォッチを、クリーニングしかできなかったと言い渡しました。

 

ゲイツたちとアナザーライダーを追うソウゴに黒ウォズが接触しました。黒ウォズはアナザーライダーが仮面ライダー龍騎に関係していること、アナザーライダーは龍騎ではなく失われた鏡の中の存在であることを告げます。

失われた世界に行く術が無いためアナザーライダーは倒せない・・・そんな黒ウォズの言葉に、ソウゴは新たなウォッチを使えということかと切り返しました。待ってましたと言わんばかりに、黒ウォズはオーマジオウの力ならどんな相手でも倒せると話します。

そんな黒ウォズから離れようとするソウゴ。黒ウォズは「君と私の逆襲の始まりだ!」と高らかに宣言するのでした・・・。

 

一方、ゲイツは捨て身の方法でしかアナザーライダーを倒せないと考えていました。俺にしかできない方法だと話すゲイツを心配するツクヨミ。

ゲイツは白ウォズを呼び、救世主となった未来がどうなるのか尋ねました。白ウォズは今と何も変わらない、時間が止まったかのような平和が訪れると話します。

ゲイツはアナザーライダーをノートの力で倒したいと話しますが、白ウォズは「このノートはいらない」と話しました。その頃、病院で目覚めた真司は姿の映る物から逃げるように病院を飛び出そうとします。

そんな真司に白ウォズが接触。白ウォズは真司を倒せばアナザーライダーは消えると話し、ゲイツの目の前で仮面ライダーウォズに変身し真司を倒そうとします。

それを止めに入るゲイツ。罪のない人を襲うなと話すゲイツは真司を逃がしますが、そんなゲイツは甘いと白ウォズは容赦なくゲイツを攻撃し始めました。

 

逃げた真司は鏡の中の人物に声を掛けられていました。それは、鏡の中に映る真司だったのです!

「お前はお前を襲ったあいつを倒したいと思っている!俺はお前だからな!」

直後、ゲイツと戦う白ウォズの前にアナザーライダーが登場しました。同時に現れたウールは、アナザーライダーは龍騎ではなくアナザーリュウガであること、鏡の中のもう1人の城戸真司が契約し誕生したことを告げます。

失われた鏡の中の存在であるアナザーライダーは倒せない、オーマの日に会おうと言い放ち消えるウール。白ウォズはフューチャーリングクイズとなり対抗しますが、ウールの言葉通りアナザーリュウガを倒すことができません。

やはり捨て身の攻撃しかない・・・ゲイツが意を決した攻撃を仕掛けようとした時、駆けつけたソウゴがゲイツを止めました。ソウゴは新たなライドウォッチを使ってアナザーリュウガを倒すと話しますが、肝心のライドウォッチは全く反応しません。

その隙に鏡の中へ逃げようとするアナザーリュウガ。咄嗟にアナザーリュウガを止めようとしたソウゴは、なんと一緒に鏡の中へ入ってしまったのです!

 

目覚めたソウゴを待っていたのは、全てが鏡写しのように反転している世界でした。

「何ここ・・・」

戸惑うソウゴに、何と別のソウゴが接触してきました。別のソウゴはここが鏡の中の世界であることを告げます。

ソウゴはアナザーライダーを倒すために協力してほしいと話しますが、何やら様子がおかしい・・・。

「俺はお前だ!鏡の中のな・・・だがお前ではない!」

雰囲気が全く異なる別のソウゴに違和感を抱くソウゴ。次の瞬間、別のソウゴはジオウに変身!

変身したジオウは鏡写しのようなデザインで、ソウゴに襲い掛かり・・・!

第21話の考察

第21話は仮面ライダー龍騎のテーマ回となりました!

久々の真司に編集長の姿を見ることができて最高でしたね!

ストーリーはオーマの日を迎えた後のことに焦点が集まり、今後のゲイツの行動にどのような変化が訪れるのか気になる内容でした。

正義の心を持つゲイツが次回、新たな力を見せるソウゴの姿を見てどう思うのか注目です!

 

そして、今回登場したアナザーライダーと鏡の中のソウゴが使用したライドウォッチが早くも販売されることが明らかになりました!

変身ポーズも反転しているという徹底ぶりが素晴らしかったですね。

このライドウォッチはプレミアムバンダイの公式サイトから購入できますので、気になる方はぜひチェックしてみて下さい!



放送を見たファンの感想

放送を見たファンの反応はどうだったのでしょうか?

劇場版仮面ライダー龍騎がテーマとなった今回、当時の映像も見られて本当に嬉しかったです!

ものすごく悪そうでしたね(笑)ジオウ放送開始時から奥野さんの演技も上達してきている証拠でしょう!

こんなところにまで士の影響が・・・士の再登場にも注目したいところです!

仮面ライダージオウ第21話を見逃した時の動画視聴方法

今回は仮面ライダージオウ第21話についてお伝えしてきました。

もし、仮面ライダージオウの放送を見逃してしまったり、もう一度見たいと思った方は、簡単に見逃し配信動画を視聴できる方法があることをご存知でしょうか?

その方法についてはこちらの記事で詳しく紹介していますので、ぜひご確認ください!

仮面ライダージオウの見逃し動画を無料で視聴する方法!youtubeやパンドラは危険?

 

仮面ライダージオウの各話ストーリーや最新ネタバレ情報などのまとめ記事はこちらになりますので、ぜひご覧ください!

仮面ライダージオウの考察まとめ!登場人物やストーリーなどのネタバレも!

また、各仮面ライダーのストーリーや出演俳優の現在についてはこちらの記事で適宜まとめています。こちらのチェックしてみましょう!

平成仮面ライダーのあらすじ一覧とまとめ!主演俳優も放送順で紹介!