仮面ライダージオウの第33話「2005:いわえ!ひびけ!とどろけ!」が2019年4月28日(日)に放送されました!

第32話は仮面ライダーアギトのオリジナルキャストが登場するという熱い展開になりました。

第32話の詳しいあらすじは以下の記事でまとめています。

仮面ライダージオウ32話のネタバレ感想と考察まとめ!今後の内容や展開を予想

 

なお、テキストではなく動画で見たい!という方はこちらで簡単に見逃し動画を視聴できる方法を解説していますのでご確認ください!

仮面ライダージオウ32話見逃し放送動画の無料視聴方法!再放送はパンドラで見れる?

 

第33話は仮面ライダー響鬼に関係する展開となりそうですが、一体どんなオリジナルキャストが登場するのでしょうか?

今回は仮面ライダージオウ第33話のネタバレと考察、気になる今後の予想について解説していきます。

第33話のネタバレ予想と考察

第32話は仮面ライダーアギトトリニティーフォームとジオウトリニティの豪華共演という最高の展開を見せてくれました。

賀集俊樹さんの当時と変わらない雰囲気や変身ポーズ、さらには「Believe Yourself」が流れる展開と、ファンにはたまらない要素が盛りだくさんでしたね!

一方、ツクヨミの過去についてはまだ明らかにされておらず、今後の展開に大きな影響を与えそうな状況となっています。

それを受けて放送される第33話では一体どんな展開が待っているのか・・・早速見ていくことにしましょう。

第33話の予告動画とあらすじ

公式の予告動画はこちらになります。

4月28日・・・それはソウゴの19歳の誕生日でした。めでたい日を人一倍祝福したいと張り切るウォズは、祝福のヒントを得るためソウゴの卒業アルバムを物色・・・。

そんな中、かつてソウゴが小学生だったころ、ヒビキという鬼を師匠にする同級生がいたことを知ったソウゴたち。仮面ライダー響鬼を連想する展開に、ライドウォッチの手がかりがつかめるかもしれないと考えたソウゴたちは早速同級生を尋ねていきます。

そんなソウゴの前にアナザー響鬼が出現しました。早速戦うソウゴたちですが、そこへ謎の男が乱入します。

男は同じく鬼に変身し、「鬼の不始末は鬼がつける」と言いました。逃げるアナザー響鬼を追っていく謎の男に驚くソウゴたち・・・。

 

真相がつかめないソウゴたちの前に京介と名乗る青年が近づいてきました。なんと京介は自分が響鬼だと話し、ライドウォッチを手に入れる条件として鬼になる特訓を課します。

仕方なく特訓に取り組むソウゴたち3人のライダーたち。太鼓の練習から始めた3人でしたが、なぜかウォズのテンションが上がっていき・・・!?

第33話の放送前考察!

第33話は仮面ライダー響鬼をテーマにした回になることが発表されています。

仮面ライダー響鬼本編の内容についてはこちらでご確認ください。

仮面ライダー響鬼のあらすじと最終回のネタバレ考察!後半の評価はうざい?

 

オリジナルキャストとして、仮面ライダー轟鬼:トドロキ役の川口慎五さん、桐矢京介役の中村優一さんの2人が登場することが明らかとなっています!

非常に内容が気になる第33話について、早速見どころを考察していきましょう!

オリジナルキャストはトドロキと京介!

今回のオリジナルキャストとして、仮面ライダー轟鬼:トドロキ役の川口慎五さん、桐矢京介役の中村優一さんの2名の出演が決定しました!

川口さんは仮面ライダーウィザードの山本役として仮面ライダーメイジに変身したこともある俳優さんですね。

当時の「◯◯ッス」口調もそのままのようなので、作品を懐かしみながら見たいところです。

 

そして、中村さんも京介役としての登場は意外でした。

仮面ライダー電王は映画で扱われたことからこちらへの出演となったのでしょうが、本編で見せた癖のある性格のキャラクターを演じるとあって、どう成長しているのか楽しみです!

京介の真意とウォズの異変・・・

なんと4月28日がソウゴの誕生日であるということが明らかになりました。

その事実を知って異変を起こしているのはウォズ・・・ソウゴへの愛が深すぎて暴走しそうな展開となりそうです(笑)

一方、それを知ってか知らずか関わってくる京介が自分のことを響鬼だと話す展開も興味深いですね。

本編で主演を務めた細川茂樹さんは出演が困難でしょうし、明日夢役の栩原楽人さんも芸能界を引退していることから、京介がどんな立ち位置で出演するのか楽しみです。

ツクヨミの正体とウォズが隠す秘密とは

第32話でタイムジャッカーと同じ時間を操る能力を覚醒させたツクヨミ。

ソウゴたちの戦いを有利にすすめることができそうな能力ですが、その正体は劇中ではまだ明かされていません。

ウォズが隠す秘密やスウォルツが知る真相がカギとなりそうですが・・・まだそれが明かされる時期ではないのでしょうか。

ウールやオーラも戸惑うツクヨミの正体が何なのか・・・早く明かされてほしいですね!

第33話のあらすじ確定版と考察

では、実際に放送された33話のあらすじはどうなのでしょうか?

また、内容についての感想や考察も紹介していきたいと思います。

第33話のあらすじ確定版

ウールはヒビキの弟子:鼓屋ツトムに接触していました。ヒビキをおびき出したいウールは協力を拒むツトムを無理やりアナザー響鬼に変身させます・・・。

その頃、ウォズはクジゴジ堂でソワソワしていました。今日:4月28日はウォズが待ち望んでいた日・・・ソウゴの誕生日だったのです。

魔王にふさわしい盛大な祝福をすることに悩んでいるウォズの前に、ソウゴの小学校の卒業アルバムを順一郎が出してきました。ソウゴたちもアルバムを見ていると、「鬼になりたい」という夢を書いた鼓屋ツトムという同級生がいることを知ります。

ツトムの文集には「ボクの師匠はヒビキさん」の文字が・・・。その内容から、仮面ライダー響鬼の手がかりがつかめるかもしれないとソウゴたちは考えます。

 

ウォズは1人クジゴジ堂に残り、ソウゴを祝う練習をしていました。しかし、ありきたりな祝福では意味がないと悩み続けます・・・(笑)

一方、ゲイツはそもそもなぜツトムは鬼になりたかったのかをソウゴに尋ねました。ソウゴは、鬼の仕事は古代から続く仕事であること、代々師匠から受け継がれるものであることを説明します。

そんな会話をしながら歩いている2人の前にアナザー響鬼が現れました。それぞれライダーに変身し戦う2人は、クウガアーマーとウィザードアーマーとなり善戦します。

その様子を眺めていたウール。彼の目的はヒビキをおびき寄せることだったのです・・・。

 

そこへ、謎の男が乱入してきました。

「鬼の不始末は・・・鬼がつけるッス!」

男はなんと鬼に変身し、アナザー響鬼と戦い始めました。アナザー響鬼に引導を渡すと言い放つ男は音撃斬・雷電激震をアナザー響鬼に放ちますが、あと少しのところで邪魔が入ってしまいます。

その隙をついてアナザー響鬼は逃げ出しました。それを追って謎の男も消えていきます。

邪魔をしたのは一体誰なのか・・・驚くソウゴとゲイツの前に「あいつはヒビキじゃない」と話す男が現れました。桐谷京介と名乗るその男は、なんと自分がヒビキだと話したのです!

ヒビキと聞いて喜ぶソウゴは京介をクジゴジ堂へ連れていきました。一方、その様子を見て密かにウールもほくそ笑んで・・・。

 

京介にアナザーライダーのことを説明するソウゴたち。しかし、京介は肝心のライドウォッチを持っていませんでした。

京介はライドウォッチが手に入ったらソウゴに渡すことを交換条件として、あることを突きつけます。鬼の力は鍛えた人間が引き継ぐもの・・・なんとソウゴたちに鬼の特訓をしてもらうというものでした。

鬼の力は全ての生命を祝福するという京介の説明に戸惑うソウゴたち。しかし、祝福のワードに反応した人物が・・・そう、ウォズです。

祝福の鬼となると宣言したウォズはこの条件を快諾!京介は早速、太鼓の特訓を開始すると言いました。

 

「これはすばらしい・・・」

和太鼓の特訓を始めたソウゴたち。ウォズは和太鼓のすばらしさに魅入られ、ソウゴを祝う方法はこれだと意気込みます。

その意気込みが徐々にひどくなり、ついにはソウゴやゲイツを押しのけ暴走!一心不乱に和太鼓を叩き始め、ソウゴとゲイツは呆れ顔に・・・。

そんなソウゴたちを尻目に、京介はある写真を見つめていました。それは、ツトムと京介の2ショット写真だったのです。

 

一方、ツクヨミはアナザー響鬼と戦っていた男を発見しました。トドロキと名乗る男は、アナザー響鬼が魔化魍じゃないことをツクヨミに聞かされます。

トドロキはアナザー響鬼の正体が鬼になれなかった人間であることを話しました。そして、鬼の力を悪用するという不始末は本来師匠がつけるものであることを説明します。

じゃあ師匠であるヒビキ:京介が止めるべきでは・・・そう話したツクヨミに、トドロキは「騙されたらダメっすよ」と意外な言葉と発しました・・・。

その頃、修行中のソウゴたちに京介が話しかけました。ライドウォッチを集めると王様になれると話すソウゴに「出来もしない夢なんて見ない方が良い。叶えられなくて絶望するだけだ」と京介は冷たい言葉を投げかけたのです。

 

戻ってきたツクヨミがソウゴたちに、トドロキがアナザーライダーと戦っていることを告げました。アナザー響鬼に善戦するトドロキはとどめを刺そうとしますが、ウールが時間を止め、逆にトドロキがやられてしまいます。

駆けつけたソウゴ・ゲイツはそれぞれエグゼイドアーマー・ゲイツリバイブ剛烈となり、代わりに戦いはじめました。しかし、そこにウォズの姿はありません。

なんと、ウォズはひたすら和太鼓の修行を続けていたのです!怒るツクヨミに、ウォズはゲイツが付いているから心配ないとあくまで加勢しない姿勢を貫く始末・・・。

そんなウォズの姿に、ツクヨミは「人を祝うことが何にもわかっていない!」と怒りの言葉を投げかけました。意外な言葉に動揺を隠せないウォズは、和太鼓を叩けなくなるほどのショックを受けます・・・。

 

アナザー響鬼と戦うソウゴとゲイツは、ジオウⅡとゲイツリバイブ疾風にフォームチェンジし、協力してアナザー響鬼を倒すことに成功しました。変身を解除したアナザー響鬼の姿を見たソウゴは、その正体がツトムであったことに驚きの声を上げます。

その瞬間、ウールが時間を止めツトムをアナザー響鬼に再変身させました。変身を解除していたソウゴをアナザー響鬼から守るため、変身を解除していなかったゲイツが再び戦います。

そこへ駆けつけた京介が「やめろ!」と叫び、変身しました。しかし次の瞬間、なぜか京介はゲイツを攻撃し始めたのです!

その姿を見たソウゴはどこかヒビキと違うことに気づきます。トドロキはソウゴに、京介がヒビキを襲名できなかったただの鬼であることを告げました。

アナザー響鬼と京介の攻撃を受け怯むゲイツ。次の瞬間、今度はアナザー響鬼が京介を攻撃し・・・!

第33話の考察

仮面ライダージオウ第33話は京介とツトムの関係性が気になる回となりましたね!

ヒビキの正体は一体誰なのか・・・なぜ京介は自分がヒビキだと嘘をついたのか謎は深まるばかりです。

原作でも京介は見栄っ張りで嘘をつくところもあったことから、単なる意地っ張りで終わってしまうのか気になりますね。

ツトムとの間に何があったのか、来週の放送を楽しみに待ちましょう!

 

そして、ウォズの暴走ぶりが光る回でもありましたね(笑)

他人を顧みずに祝うのがウォズのキャラクターでもありましたが、ツクヨミの正論とも言えるツッコミに初めて落ち込むあたり、本当に悩んでいるようです・・・。

果たしてソウゴの誕生日を無事に祝えるのか・・・こちらも注目したいですね!

放送を見たファンの感想

放送を見たファンの反応はどうだったのでしょうか?

さすがに全裸にはならなかったですね(笑)今なら放送事故ものでしょう・・・。

仮面ライダー響鬼の放送当時に放送されていた戦隊ヒーロー作品がマジレンジャーであることのオマージュが・・・!

これは地味にすごいですね!

まるでプレゼントを買い忘れたマヌケな男のような・・・(笑)

仮面ライダージオウ第33話を見逃した時の動画視聴方法

今回は仮面ライダージオウ第33話についてお伝えしてきました。

もし、仮面ライダージオウの放送を見逃してしまったり、もう一度見たいと思った方は、簡単に見逃し配信動画を視聴できる方法があることをご存知でしょうか?

その方法についてはこちらの記事で詳しく紹介していますので、ぜひご確認ください!

仮面ライダージオウ33話見逃し放送動画の無料視聴方法!再放送はパンドラで見れる?

 

仮面ライダージオウの各話ストーリーや最新ネタバレ情報などのまとめ記事はこちらになりますので、ぜひご覧ください!

仮面ライダージオウの考察まとめ!登場人物やストーリーなどのネタバレも!

また、各仮面ライダーのストーリーや出演俳優の現在についてはこちらの記事で適宜まとめています。こちらのチェックしてみましょう!

平成仮面ライダーのあらすじ一覧とまとめ!主演俳優も放送順で紹介!