スポンサーリンク




2018年秋に放送開始となる仮面ライダーの名前が確定しました!

これまで複数の名前が挙がっていたのですが、仮面ライダーの制作会社である東映が新ライダーの名前を商標登録したことが明らかになりました。

その名前に隠された意味や作品の内容はどうなるのか、今からとても気になりますよね!

今回は2018年秋に放送予定である新作仮面ライダーの名前と内容について、すでに出ている情報を紹介するとともに、気になるデザインやキャストも含め予想していきたいと思います。

なお、そのほかの情報についてはこちらの記事でまとめてありますのでご確認ください。

仮面ライダービルドの考察まとめ!登場人物やストーリーなどのネタバレも!

2018年新作仮面ライダーの名前は?

ファンの間で毎年この時期になると話題に上がってくるのが、次作の仮面ライダーの名前はどうなるかということです。

現在放送されている仮面ライダーの終わりが近づいていることを認識することとともに、新しい仮面ライダーがどんな作品になるのかを予想して楽しむのが通例となっています。

2018年は仮面ライダービルドが8月末で放送終了となるため、9月以降に放送される新しいライダーがどういったコンセプトのものなのかに注目が集まっています。

その新作ライダーの名前がわかりましたので、情報源と合わせてご紹介したいと思います。

その名も「仮面ライダージオウ」!名前の意味は?

これが東映株式会社が商標登録した名前で、その名も「仮面ライダージオウ」となっています!

英語のつづりは「ZI-O」となっており、ファンの間ではすでにその名前の意味について想像を膨らませているようです。

ジオウという名前や英語のつづりは様々な想像ができる名前ですね。

上のツイートのように、今作は平成ライダー20周年記念となる作品あり、また節目の年度での放送となることから、名前にいろいろな意味を持たせているのではないかという思いは強そうです。

ちなみに私は次の時代へのバトンを渡すという意味で「次(ZI)」→「O(ゼロ)」という案を思いつきました。

正式発表時に意味については公表されるでしょうが、このようにいろいろと想像するのも楽しみの1つと言えるでしょう。

これまで出ていた名前の候補は?

ちなみに今回の商標登録の前にはネット上で別の名前の候補が挙がっていました。

それがコチラになります。

過去の仮面ライダー作品の英語のつづりで出ていますが、2018年の新作は「WINGER」となっています。

つまり、仮面ライダーウィンガーという名前になるのではないかと予想されていたのです。

単純に考えると「翼を持つ者」という意味に捉えられそうですが、これが今回の仮面ライダージオウのコンセプトに引き継がれているのか注目ですね。

場合によってはサブライダーの名前として出てくるのかもしれません。

どんな作品になる?

上記のように今作は平成仮面ライダー20周年という節目の作品になります。

10周年の際に放送された仮面ライダーディケイドは、それまでに登場した仮面ライダーの世界を旅し、主役のライダーはもちろんのこと、サブライダーも登場させるというお祭りのような内容でした。

過去の作品のライダーが出演するとあって、放送前は原作キャストがいつ出るのかという期待が高かったのですが、実際は別のキャストが割り当てられていることが多く、ガッカリしたファンも多かった作品です。

 

それだけに、今作はディケイド以降の作品に出演したメインキャストが出てきてほしいというファンの願いは強くなっていることでしょう。

実際にディケイド以降の劇場版仮面ライダーは過去作のメインキャストが続々と出演しており、その願いが叶えられるような雰囲気さえあります。

そうなれば、仮面ライダージオウはディケイドと同様にすべてのライダーに関連する能力を持つ可能性も考えられますね。

新ライダーのデザインとキャストは?

スポンサーリンク




2018年の新ライダーは仮面ライダージオウという名前になることが判明しました。

ではこのジオウは一体どんなデザインになるのでしょうか?

また、キャストについても誰が主役になるのか、予想していきたいと思います。

ネット上で出ているデザイン情報は?

現在、ネット上で出回っているデザイン画像は以下のようなものです。

フォームチェンジ前のデザインがメインフォームと思われます。近未来的なデザインでかっこよさが滲み出ています。

フォームチェンジも仮面ライダーディケイドを意識してか、過去作のライダーの力を使う想定をしているようです。

昭和の仮面ライダーやサブライダーも取り上げるなど、過去作の仮面ライダーを余すことなく登場させたり関連付けたりしているように思えます。

変身アイテムは何かの扉を模しているようなデザインですね。ベルトに装着することで扉が開いてライダーの力が解放されるのでしょうか。

ジオウの敵役となる0号ライダーのデザインも出ているようです。ジオウと同じ能力を有しているとなれば、同じく過去作のライダーの力を使ってフォームチェンジすることが考えられます。

また、ディケイドの新フォームも掲載されていることから、お祭り繋がりで登場することも考えられます。

過去作のライダーも別フォームで登場するのでしょうか。仮面ライダーオーズについてはネット限定で新たなオーメダルが販売されていることから、そのメダルを使用したフォームが見られるかもしれません。

ただし、これらの情報はあくまで予想なので、今後大きくデザインが変わる可能性も考えられます。

いずれにしても、これまでに見たことがないくらいカッコいいデザインになってほしいですね!

 

※2018年7月7日追記

仮面ライダージオウの新画像が出回りました!

ブットバソウルのネタバレ画像になりますが、なんと仮面ライダージオウのデザインが丸々登場しています!

ジオウは「時王」という意味で、触角が時計の針をイメージしているようです。

全体的に腕時計の形の顔をしており、目と鼻のピンク色の部分は「ライダー」と書かれているようですね。

どうやら「時空を超える」がテーマとなっているほか、一部ではキーアイテムが「ライドウォッチ」という名前になるとの情報が出回っていることから、過去作のライダーが登場するのではないかという期待がますます膨らむ内容となりそうですね^^

さらに、2号ライダーの登場についても噂されており、早くもその能力が気になるところです。

その2号ライダーについてはこちらの記事でまとめていますのでご確認ください。

【仮面ライダージオウ】2号ライダーの名前はゲイツ!正体と俳優は誰でいつ登場する?

作品と数字の関係は?

さて、ディケイド以降の仮面ライダーはファンの間である法則があるのではないかと噂されています。

それが「数字」です。

ディケイドを1とした場合、例えば仮面ライダーダブルは2という数字に関連した内容となっています。

ダブルの場合は2人で変身するライダー・2本のガイアメモリが必要という点がその内容です。

同様に、以降の作品も数字に関連するものとなっており、その内容をまとめると以下のようになります。

  • 仮面ライダーオーズ・・・3枚のオーメダル、ロゴ(OOOとOが3つ並んでいる)
  • 仮面ライダーフォーゼ・・・4つのスイッチ、フォーゼの名前(フォー=4)
  • 仮面ライダーウィザード・・・指輪をはめる指(5本指)
  • 仮面ライダー鎧武・・・ロックシード(6シード、デザインが数字の6を思わせる)、鎧武の名前(がい“む=6”)
  • 仮面ライダードライブ・・・ロゴ(ラ・ブの字が7を模している)、シフトカー(ドリームベガス・・・777を模している)
  • 仮面ライダーゴースト・・・ライダーのデザイン(顔が8を模している)、ムゲン眼魂のデザイン(∞を縦にすると8)
  • 仮面ライダーエグゼイド・・・救急(99)がコンセプト、ガシャットの形(9を模している)
  • 仮面ライダービルド・・・ライダーのデザイン(クロスをするデザイン=十=10)

 

もし新作が仮面ライダージオウという名前になれば、上記で紹介したファンが予想しているように、21作目ということで英語のつづり=ZI-O=21‐0という法則が守られます。

果たして新作のライダーはこの法則が適用されるのか、ここまでに隠された法則から何かの答えを出すのか、注目すべき点と言えます。

キャストの候補は?

そして気になるキャストですが、現時点ではまだ誰が主役となるのかはわかっていません。

ただし、過去の作品で主役となった若手俳優はジュノン・スーパーボーイ・コンテストの最終選考会に残った人が選ばれやすい傾向にあります。

現在放送されている仮面ライダービルドの桐生戦兎役を演じている犬飼貴丈さんも2012年のコンテストでグランプリを獲得しています。

今や仮面ライダーは若手イケメン俳優としての登竜門的存在となっていますが、ジュノン・スーパーボーイ・コンテストはその登竜門への登竜門という位置づけになっていると言っても過言ではありません。

 

直近のコンテストでは、2016年に俳優の押田 岳(おしだ がく)さんが、2017年には綱 啓永(つな けいと)さんがグランプリを獲得しています。

私が思う本命はこの2人ですが、中でも押田さんは映画「サムライせんせい」で映画初出演するなど事務所が力を入れようとしている俳優さんです。

所属事務所であるEver Green Entertainmentは仮面ライダー鎧武の主役を演じた佐野岳さんをはじめ、佐藤祐基さんや坂田梨香子さん、上遠野太洸さんといった歴代の仮面ライダー出演者も多いことから、押田さんが選ばれる可能性が高いのではないかと推測します。

終わりに

今回は2018年の新作仮面ライダーの名前や内容について予想してきました。

今回お伝えした内容をまとめると以下のようになります。

  • 新作の仮面ライダーは「仮面ライダージオウ」という名前になりそうです。
  • 平成仮面ライダー20周年記念の作品とあり、過去作のライダーが出演する可能性が高いです。
  • ディケイド以降、作品に隠されている「数字」の答えがわかるかも?
  • 主役はジュノン・スーパーボーイ・コンテストの最終選考会に残った人が予想されます。

仮面ライダービルドも佳境を迎えようとしていますが、新しい仮面ライダー作品の情報も見逃せません!

当ブログでは当記事を含め、以下の記事で随時最新情報をお伝えしていきますので、気になる方はぜひブックマークをお願いします!

仮面ライダービルドの考察まとめ!登場人物やストーリーなどのネタバレも!

また、仮面ライダージオウは過去作の仮面ライダーが登場するという噂があります。

この機会に過去の作品を見直したり、仮面ライダービルドの見逃し配信動画を見て復習することをオススメします!

その方法についてはこちらの記事で詳しく紹介していますので、ぜひご確認ください!

仮面ライダーの見逃し動画を無料で視聴する方法!youtubeやパンドラは危険?

スポンサーリンク