令和元年(2019年)秋に放送開始となる仮面ライダーの名前について調べてみました!

平成が終わり、新たな元号:令和となった記念すべき最初の年に放送される仮面ライダー作品は一体どんな内容となるのでしょうか?

初の“令和ライダー”にふさわしい、仮面ライダーの歴史に名を残すような面白い作品になることを期待したいところですね。

今回は令和元年(2019年)秋に放送予定である新作仮面ライダーの名前と内容について、すでに出ている情報を紹介するとともに、気になるデザインやキャストも含め予想していきたいと思います。

令和元年(2019年)新作仮面ライダーの名前を紹介!

ファンの間で毎年この時期になると話題に上がってくるのが、次作の仮面ライダーの名前はどうなるかということです。

現在放送されている仮面ライダーの終わりが近づいていることを認識することとともに、新しい仮面ライダーがどんな作品になるのかを予想して楽しむのが通例となっていますね。

2019年は平成ライダー最後の作品となる仮面ライダージオウが8月末で放送終了予定となっているため、9月以降に放送される新しいライダーがどういったコンセプトのものなのかに注目が集まっています。

その新作ライダーの名前がどんなものなのか、情報源と合わせてご紹介したいと思います。

令和元年(2019年)新作仮面ライダーの名前!

毎年、新作仮面ライダーの名前は5~6月ごろに商標登録されることが通例となっており、その情報が出回った時点で確定します。

今回商標登録された名前がこちらになります!

「仮面ライダーゼロワン」

令和という新元号が始まったことにちなんだ名前(令和:れい・わ:01)ではないかと予想されます。

新たな始まりを感じさせる名前で、どんな作品になるのかとても気になりますね!

これまで出ていた名前の候補

ちなみに前回の仮面ライダージオウの時は、商標登録の前にネット上で別の名前の候補が挙がっていました。

それがコチラになります。

過去の仮面ライダー作品の英語のつづりで出ていますが、2018年の新作は「WINGER」となっています。

つまり、仮面ライダーウィンガーという名前になるのではないかと予想されていたのです。

結局のところは釣り画像であることが判明しましたが、それだけファンの関心が高いものであるということがわかりますね。

どんな作品になるか予想!

仮面ライダージオウは平成仮面ライダー20周年という節目の作品とあって、過去作の仮面ライダーに登場したオリジナルキャストを惜しげもなく登場させた作品となりました。

大好きだった作品のあの俳優が帰ってくるという展開に、毎週誰がゲストとして登場するのか気になる方も多かったですね。

毎週、ゲストが公式発表された瞬間の盛り上がりは凄まじいもので、Yahoo!ニュースにも登場するくらいの人気作となっています。

 

令和元年の仮面ライダーは改元されてから最初の作品ではありますが、仮面ライダーの歴史から見て記念する年ではないので、純粋に内容勝負となることが予想されます。

どんな作品になるのか、今から楽しみですね!

新ライダーのデザインとキャストは?

令和元年(2019年)の新ライダーは過去の作品にとらわれない新作になる可能性が高そうですね。

ではこの令和ライダーは一体どんなデザインになるのでしょうか?

また、キャストについても誰が主役になるのか、予想していきたいと思います。

ネット上で出ているデザイン情報

2019年の令和ライダー:仮面ライダーゼロワンに関係する画像で明らかとなっているのが以下の画像です。

まだシルエットだけであることと、例年ではここからさらに細部のデザインが変更になるため、最終的な外観は変わってくることが予想されます。

ただ、この画像を見る限り、仮面ライダーの特徴でもあった触角を取り入れたことや、がっちりした装備品が想像されることから、初代仮面ライダーへの原点回帰が見られるのではないかと考えられますね。

なんだか空を飛びそうなデザインですが、一体どんな形になるのか、完成が待ち遠しいです!

キャストの候補を予想!

そして気になるキャストですが、現時点ではまだ誰が主役となるのかはわかっていません。

ただし、過去の作品で主役となった若手俳優はジュノン・スーパーボーイ・コンテストの最終選考会に残った人が選ばれやすい傾向にあります。

直近では仮面ライダービルドの桐生戦兎役を演じている犬飼貴丈さんが2012年のコンテストでグランプリを獲得しているほか、仮面ライダージオウの明光院ゲイツ役の押田岳さんが2号ライダーではありますが、第29回のコンテストでグランプリを受賞していますね。

今や仮面ライダーは若手イケメン俳優としての登竜門的存在となっていますが、ジュノン・スーパーボーイ・コンテストはその登竜門への登竜門という位置づけになっていると言っても過言ではありません。

 

直近のコンテストでは、2017年には綱 啓永(つな けいと)さんがグランプリを獲得しており、リュウソウジャーへの出演を勝ち取りましたね。

また、2018年のコンテストでは主に以下の方々がグランプリ以下、各賞を受賞しています。

グランプリ:松本 大輝(まつもと・ひろき)さん

準グランプリ:田村 飛呂人(たむら・ひろと)さん

フォトジェニック賞/明色美顔ボーイ賞:坪根 悠仁(つぼね・ゆうと)さん

審査員特別賞:川本 光貴(かわもと・こうき)さん

QBナビゲーター賞:尾形 存恆(おがた・ありつね)さん

DDセルフプロデュース賞:井手上 漠(いでがみ・ばく)さん

mysta賞:高田 誠哉(たかだ・せいや)さん

SHOWROOM賞:佐藤 聡太(さとう・そうた)さん

 

これまでの傾向から、私が思う本命は松本大輝さんを挙げます。

次点として田村飛呂人さんと坪根悠仁さんの2人を予想しますが、この中から果たして主役となる人は出てくるのでしょうか?

結果がとても気になりますね!

終わりに

今回は令和元年(2019年)の新作仮面ライダーの名前や内容について予想してきました。

仮面ライダージオウも佳境を迎えようとしていますが、新しい仮面ライダー作品の情報も見逃せません!

当ブログでは当記事を含め、以下の記事で随時最新情報をお伝えしていきますので、気になる方はぜひブックマークをお願いします!

 

また、この機会に過去の作品を見直したり、仮面ライダージオウの見逃し配信動画を見て復習することをオススメします!

その方法についてはこちらの記事で詳しく紹介していますので、ぜひご確認ください!

仮面ライダーの見逃し動画を無料で視聴する方法!youtubeやパンドラは危険?