スポンサーリンク




仮面ライダービルド第36話「エボルトは星を狩る」が放送されましたね!

万丈を戦兎が救う衝撃の方法と、その結果が非常に大変な結果になってしまったところが見どころでした。

果たして今後どうなっていくのでしょうか?

今回は仮面ライダービルド第36話のネタバレと考察、気になる第37話の予想について解説していきます。

第36話のネタバレと考察

スポンサーリンク




仮面ライダービルド第35話では戦兎たちの抵抗も空しく、万丈に乗り移ったエボルトがついにすべてのフルボトルをパンドラボックスに挿し、パンドラタワーが完成へと向かっていきました。

かつて火星を滅ぼした光景と同じことが地球で起こる・・・そんな絶望的な状況で終わっています。

地球はどうなるのか、戦兎たちの運命はどうなってしまうのかが気になる第36話について、さっそく見ていくことにしましょう。

どんなあらすじだった?

第35話でついにパンドラタワーが完成に向け動き始めてしまったというシーンから第36話が始まります。

パンドラボックスが開けられてしまい、エボルトの真の目的であるエボルトリガーの完成も目前・・・。

トリガーを押すエボルトですが、トリガーは反応せず何も起こりませんでした。もはや絶望的な状況となったその時、美空に乗り移っていた火星の王妃ベルナージュが現れ、その力を解放。

パンドラボックスと戦兎たちをエボルトの手から逃し、何とか地球滅亡を避けることに成功します。

脱出した戦兎たちに対し、ベルナージュはパンドラボックスとエボルトについて語ります。

 

  • パンドラタワーはかつて火星を滅ぼした塔で、頂上のブラックホールがすべてを飲み込んだ。
  • エボルトは火星外から来た生命体で、たった1人で火星を滅ぼした。
  • 必死に戦ったベルナージュの最後の抵抗として、パンドラボックスにエボルトの力を封印。
  • その後、地球に来たパンドラボックスを開けられないよう、バングルに宿ったベルナージュは美空に憑依し解放のカギとなるボトルの能力を封印。だが途中で力尽き長い眠りについてしまう。

 

パンドラボックスに挿されたボトルを復活させたベルナージュ。戦兎はベルナージュの話を元に究極のアイテムの開発を行います。

しかし、それは自らの命をも失いかねない危険なものでした。話を聞いていた美空は必死に止めようとしますが、戦兎は自らが起こした戦争を止めるのは自分しかできないことと発言。危険を顧みない戦兎に美空は深く悲しみます。

一方、一海は幻徳を連れ出し、北斗三羽ガラスの墓の前で一騎打ちを行います。自らの責任を重く感じている幻徳に対し、一騎打ちに勝利した一海は過去ではなく未来へ向けて動くよう伝えます。

 

北斗のガーディアンが東都へ侵略を開始し、戦兎たちは侵攻してきたエボルトたちに対峙します。

仮面ライダーエボルコブラフォームの攻略に成功する戦兎ですが、フェーズ2となるドラゴンフォームに苦戦。

ついに禁断のアイテムに手を付けますが、これこそがエボルトの狙いでした。

 

人間の体ではハザードレベルの上昇に限界があることから、科学の力で上昇させ真の力を取り戻すことがプロジェクトビルドの真相であることを語るエボルト。

戦兎の体からその力を引き出そうとしますが、そのことをすでに読み切っていた戦兎は逆にエボルトとともに消滅する道を選びます。

万丈の体からエボルトが離脱し作戦は成功・・・と思われたその時、エボルトの抵抗によって今度は戦兎の体が乗っ取られてしまいます。

そして、フェーズ3である仮面ライダーエボルラビットフォームへと変身するのでした・・・。

第36話の考察

第36話はパンドラボックスの真実と究極のアイテムづくりが映された回となりました。

エボルトの力が封印されたパンドラボックスの解放を果たしてしまうと、今度こそ本当に地球が滅びてしまうという衝撃的な事実を突きつけられましたね。

エボルトリガーの存在も発覚し、仮面ライダーエボルがさらに強化されてしまうこともこれで確定したことになります。

特に、火星を滅ぼした時にパンドラタワー上空にできた大きな穴はまさしくブラックホールと呼べるもので、ネット上で出回っているエボルトの最終形態「仮面ライダーエボルブラックホールフォーム」を想像させるものとなっていました。

 

そして、究極のアイテムを巡って、戦兎と美空、戦兎とエボルトの思いが交錯しました。

自己犠牲をいとわない戦兎と、自分を含む全員を助けてほしい美空の思いがぶつかっていました。

かねてからこの思いがぶつかることがあったのですが、今回は特に激しいものとなりましたね。

美空を演じる高田夏帆さんの涙ながらの熱演がシーンを大きく盛り上げたと思います。

また、エボルトの言葉も重みがありました。

科学の発展で人は更なる欲望を生み、破滅へと向かっていくという言葉・・・。我々の日常生活においても考え直さなければならないところがあるのではないかという、深いテーマと言えそうです。

 

そして何と言っても、懸念していた戦兎がエボルトに乗っ取られてしまう展開が現実となってしまいました。

おまけに髪の色が真っ白になってしまうという・・・もし人格が元に戻ったら髪の色も戻るのでしょうか?

今からとても気になってしまいます。

ネット上でのファンの反応は?

今回の放送を受け、ネット上のファンの反応はどうだったのでしょうか?

今日のあらすじ紹介は戦兎とカズミンでしたが・・・これはあまりにもキモ過ぎる(笑)

本編での反応はこちら。

倒れ込む美空を受け止めようとする戦兎を跳ねのけ、再び念願の膝枕を手に入れたカズミン。

心の声がダダ漏れるという、もはやギャグを通り越して気持ち悪さと危険な香りしかしない状況となってしまってます(笑)

そういえば幻徳は冷蔵庫から地下に入ったことはありませんでしたね。

初めて見る人はこういう表情になるでしょう(笑)

この次回予告を見てそう思う人は多かったことでしょう(笑)

久々の鷲尾兄弟の登場でどうなるのか見ものです。

第37話の予想

スポンサーリンク




さて、ここまで仮面ライダービルド第36話についてお伝えしてきました。

ここからは第37話の予想をしていきたいと思います。

あらすじと気になる見どころは?

第37話は「究極のフェーズ」と題し、今度は万丈が戦兎を助けるために動き出すというシーンが描かれます。

エボルラビットフォームに変身した戦兎=エボルトに立ち向かうため万丈は変身しようとしますが失敗してしまいます。

このままでは太刀打ちできない万丈は幻徳の力を借りようと頭を下げます。

一方、パンドラボックスと戦兎の体を交換条件として突きつけてきたエボルトは、変身もままならない万丈と一海を圧倒。しかし、一瞬のスキをついて万丈がドラゴンエボルボトルを盗み、変身を試みる、というのがあらすじになります。

 

見どころは万丈が変身できなくなった理由が何なのかと、幻徳の今後の動向についてだと思います。

万丈が変身できなくなったのは自然に考えるとエボルトに力を抜き取られ、エボルドラゴンボトルに封印されたからではないかと考えられます。

エボルトの件が無ければただの人間として生まれ育っていたわけですから、その力を取り戻すためにエボルドラゴンボトルを盗むのは良い狙いですね。

そして、未だ煮え切らない態度をとる幻徳に対し、万丈が頭を下げるという展開にも注目です。

36話で一海の重い言葉も聞いている幻徳がどんな行動をとるのか、見逃せませんね。

仮面ライダークローズの色が変わった!?

次回予告の中で流された映像の中に気になるシーンがありました。それがこちら。

おそらくエボルドラゴンボトルで変身した万丈だと思われます。

クローズマグマナックルを手に持っていますが、その姿は仮面ライダーエボルドラゴンフォームに酷似していますね。

万丈は変身能力を取り戻せるのか、戦兎は元に戻ることができるのか、今からとても気になってしまいます。

終わりに

今回は仮面ライダービルド第36話についてネタバレと考察をお伝えしてきました。

今回お伝えした内容をまとめると以下のようになります。

  • 第36話はパンドラボックスの真実と戦兎が乗っ取られるというシーンが描かれました。
  • 第37話は万丈が変身能力を取り戻すシーンが描かれるようです。
  • カズミンのキモオタ度がますます加速しています・・・。
  • エボルドラゴンボトルを使った万丈の変身に注目です。

今週の内容も、次回の放送が待ち遠しい展開となっています!

来週の放送も解説していきますので、気になる方はぜひブックマークをお願いします!

スポンサーリンク