スポンサーリンク




仮面ライダービルド第39話「ジーニアスは止まらない」が放送されましたね!

仮面ライダーマッドローグに対峙する仮面ライダービルドの最強フォームがついに登場しました。

今回も見逃せない展開となりましたが、果たして今後どうなっていくのでしょうか?

今回は仮面ライダービルド第39話のネタバレと考察、気になる第40話の予想について解説していきます。

第39話のネタバレと考察

スポンサーリンク




仮面ライダービルド第38話では戦兎が葛城巧の人格として復活してしまったほか、鷲尾兄弟と難波がエボルトによって葬られてしまうという怒涛の展開となりました。

そして極めつけは、内海が人類を裏切ってエボルト側につき、仮面ライダーマッドローグへと変身したことですね。

もはや最終回なんじゃないかというくらい目まぐるしい展開に、息つく暇もないほど興奮してしまいました!

それでは、続きが気になる第39話について早速見ていくことにしましょう!

 

ちなみに、第38話を見ていない方やおさらいしたい方は以下の記事でまとめていますのでご確認ください。

仮面ライダービルド38話のネタバレ感想と考察まとめ!39話の内容や展開を予想

どんなあらすじだった?

鷲尾兄弟・難波重三郎をエボルトによって消されてしまった内海が、エボルト側へつき仮面ライダーマッドローグへの変身を遂げたところで第39話が始まります。

変身した内海は仮面ライダーローグを圧倒。より多くの犠牲者を生むことになると説得する幻徳を変身解除にまで追い込みます。

命からがらのところで駆け付けた仮面ライダーグリスによって何とか脱出したものの、人類の敵がこれで2人に増えてしまうという結果となってしまいました。

 

葛城巧の人格となっている戦兎はエボルトに対抗するための究極のパワーアップアイテム作りを再開します。

完成したジーニアスフルボトルはパンドラボックスの力を結集した究極のボトルとなりましたが、葛城はエボルトの遺伝子が残っている万丈を警戒していました。

エボルトとなって覚醒する前に、その力で万丈をも滅ぼそうと考えていたのです。

桐生戦兎としての記憶を失っている葛城にとって万丈や他の仲間は仲間ではない・・・。

仲間を信じてほしいと言う美空の懸命の声かけも葛城の心にはまったく届いていない状況でした・・・。

 

その頃、万丈は突如としてフラッシュバックする火星の記憶に悩んでいました。

自分が地球を滅ぼす原因となるのか・・・悩む万丈に向かって一海はいきなり特訓を開始します。

葛城巧の真意を伝えた一海は万丈を守ると伝え、万丈もまた、自分が暴走したら倒してほしいと依頼します。

また、目覚めた幻徳は自らが内海の性格を歪めてしまったと紗羽に語ります。

同じ頃、エボルトについた内海もこれまでの経緯を振り返りつつ、自分は間違っていないと正当化していました。

 

そして、内海がついに西都の軍勢を引き連れて東都制圧に乗り出してきました。万丈たちは変身して何とか食い止めようとしますが、やはりマッドローグの力には敵わず窮地に追い込まれてしまいます。

そこへ合流した葛城は仮面ライダービルドラビットラビットフォームに変身。マッドローグに立ち向かいますが、ビルドを作ったことを咎められるばかりか、科学の力で世界を変えようと言われる始末。

葛城はジーニアスフルボトルを使用して変身を試みますが、ボトルは反応せず何もできません。

 

追い詰められた葛城に対し、万丈が「気持ちが足りねえんだよ!」と一喝。

桐生戦兎の精神を説く万丈がマッドローグにやられてしまう姿、幻徳が内海を助けようとする声、様々な声が葛城の心の中を巡ります。

そして、ついに心の中で葛城と戦兎が融合、記憶が戻り桐生戦兎として復活し、最強フォームの仮面ライダービルドジーニアスフォームに変身しました!

第39話の考察

今回は仮面ライダーマッドローグの強さが描かれた回となりました。内海の狂気ぶりとマッドサイエンティスト感が葛城巧との対比となった素晴らしい回だったと思います。

葛城とのやり取りの中でも科学の発展と戦争を描いており、ビルドのテーマが色濃く出ていた回なのではないでしょうか。

 

1つ気になる点は、内海が2本目のエボルドライバーがなぜ作られているのかとエボルトに尋ねた点です。エボルトは答えをはぐらかしましたが、他にエボルドライバーを作った人物がいるのかが気になるところです。

また、この質問をした内海も単に興味本位で尋ねたのか、はたまた別の意図で探りを入れたのか気になるところですね。

 

そして、いよいよ次回は仮面ライダービルドジーニアスフォームの力が発揮される時ですね!

パンドラボックスの力を結集したボトルの力を、完璧になった戦兎がどう扱うのか、今から楽しみで仕方がありません!

ネット上でのファンの反応は?

今回の放送を受け、ネット上のファンの反応はどうだったのでしょうか?

ナイトローグの必殺技を想起するようなフォルムですね。悪のライダーらしいかっこよさがあります。

だからサルって言われるんだよ!って感じでしたね。(笑)

戦兎から万丈、そして一海へとつながるラブアンドピースの精神・・・伏線回収は素晴らしいですね。

本当に幻徳は変わりましたね。これが本来の性格ならば、幻徳は首相になっても良いと思えます。

多くの人物を演じ分ける犬飼さんはすごいですね!そしてここでも伏線回収・・・本当に面白い作品です!

第40話の予想

スポンサーリンク




さて、ここまで仮面ライダービルド第39話についてお伝えしてきました。

ここからは第40話の予想をしていきたいと思います。

あらすじと気になる見どころは?

第40話は「終末のエボリューション」と題し、ジーニアスフォームの力と新たな謎を描いていきます。

ジーニアスフォームとなったビルドはマッドローグを寄せ付けない力を発揮しますが、突如現れたエボルトによって一海が持つ北都三羽ガラスのボトルとともに撤退してしまいます。

奪われたフルボトルは人間を好戦的にするロストボトルと呼ばれるもので、エボルトが何かの目的で集めていることが判明。三羽ガラスの形見でもあるボトルを取り戻そうと戦兎たちは北都へ乗り込みます。

葛城巧の生家を訪れた戦兎は葛城巧の父・葛城忍の写真から浮かんだある疑問を解決するため、万丈にあることを依頼します。

その頃、単身で北都のファウストに潜入した一海は内海に捉えられ、高濃度のネビュラガスを注入されてしまいます。

何とか脱出した一海の前に、突如拘束されたはずの北都首相・多治見喜子が現れる・・・というのがあらすじになります。

 

次回のポイントはロストボトルの謎となります。

人間を好戦的にするボトルと、次回予告で発せられた

「人間同士の共食いで地球は滅びる」

「俺たちはエボルトの実験体らしい・・・」

の言葉から、エボルトが地球を滅ぼそうとする方法が人類同士の争いを巻き起こすことなのではないかと推察されます。

エボルトの企みの詳細とは、戦兎たちはどう立ち向かっていくのか見ものですね!

北都首相・多治見喜子が復活!

西都に拘束されていた北都首相・多治見喜子の復活が次回のカギになりそうです。

もともとエボルトに拘束されていたわけですから、いつ再登場するか不明でしたが、このタイミングで出てきましたね。

好戦的な性格となっている多治見が人類同士の滅ぼしあいを引き起こそうとするキーパーソンとして動き出すことが予想されます。

彼女の今後の立ち回りは要チェックですね。

終わりに

今回は仮面ライダービルド第39話についてネタバレと考察をお伝えしてきました。

今回お伝えした内容をまとめると以下のようになります。

  • 第39話は仮面ライダーマッドローグの強さと葛城巧との邂逅、桐生戦兎の復活を描いています。
  • 第40話はジーニアスフォームの初戦闘シーンとロストボトルの謎が描かれる予定です。
  • ジーニアスフォームの強さとロストボトルの謎、多治見の復活がポイントとなりそうです。

今週の内容も、次回の放送が待ち遠しい展開となっています!

来週の放送も解説していきますので、気になる方はぜひブックマークをお願いします!

また、過去のストーリーや登場人物、ネタバレ情報等は以下の記事でまとめていますのでご確認ください!

仮面ライダービルドの考察まとめ!登場人物やストーリーなどのネタバレも!

スポンサーリンク