スポンサーリンク




仮面ライダービルド第40話「終末のエボリューション」が放送されましたね!

エボルトの真の目的や北都首相・多治見喜子の復活など見どころがたくさんありました。

ますます混迷を極めていくストーリー展開ですが、果たして今後どうなっていくのでしょうか?

今回は仮面ライダービルド第40話のネタバレと考察、気になる第41話の予想について解説していきます。

第40話のネタバレと考察

スポンサーリンク




仮面ライダービルド第39話では仮面ライダーマッドローグとなった内海の侵攻と、戦兎と葛城巧の人格が1つになり、仮面ライダージーニアスフォームへ変身したことが大きなポイントとなりました。

狂気を見せつける内海と葛城巧の人格となっている戦兎が話し合うシーンや、その後の戦兎復活のシーンは何度見ても良く作り込まれていて飽きません。

そして、仮面ライダージーニアスフォームの戦闘シーンがいよいよお目見えになるのがこの第40話。

続きが気になるので早速見ていくことにしましょう!

 

ちなみに、第39話を見ていない方やおさらいしたい方は以下の記事でまとめていますのでご確認ください。

仮面ライダービルド39話のネタバレ感想と考察まとめ!40話の内容や展開を予想

どんなあらすじだった?

葛城巧の人格と桐生戦兎の人格が一体化し、葛城の記憶を持った戦兎として復活した結果、仮面ライダービルドジーニアスフォームへの変身ができたシーンから第40話が始まります。

ビルドの最強フォームであるジーニアスフォームはすべてのフルボトルの力を凝縮されたものであり、他のライダーを圧倒していた仮面ライダーマッドローグが太刀打ちできないという展開になります。

それは万丈が「マジ強え・・・マジ最強・・・」と語彙力の無い評価をしてしまうほどの強さでした。

このまま内海を倒すかに見えましたが、突如エボルトが乱入し、一海から北斗三羽ガラスの形見であるフルボトルを奪い内海とともに逃げ去ってしまいます。

 

「ロストボトルで人間を操る・・・」

エボルトに奪われたフルボトルはロストボトルと呼ばれる人工的に作られたボトルで、使用した人間をより好戦的な性格に変えてしまうという作用を持っているものでした。

そして、葛城の記憶から、ロストボトルが葛城巧の父・葛城忍が開発したものだということがわかりました。

なぜエボルトが人間を操るためにロストボトルを集めているのか、新たな疑問が生まれた戦兎はロストボトルが作られた北都へ向かいます。

一海もまた、形見であるボトルを取り返すため、ともに北都へと向かうのでした。

 

その頃、エボルトは北都の実験施設でロストスマッシュの開発を行っていました。

ロストボトルと人間が融合した実験体で、完成すればこれまで以上の凶悪なスマッシュが完成する。

そして、人間同士の共食いを行わせるというのがエボルトの目的でした。

さらに、仮面ライダーはエボルトにとってロストスマッシュにするための再有力候補として作られたことがわかりました・・・。

 

葛城巧の生家を訪れた戦兎は父・葛城忍の遺品からヒントとなるものがないか探していました。

なぜ葛城忍がロストボトルを作ったのか・・・遺品を探す中で戦兎は、かつて密航船に乗るため協力してくれた木根礼香の手紙を発見します。

木根の写真から浮かんだある疑問を解決するため、戦兎は万丈にあることを依頼します。

その頃、単身で北都のファウストに潜入した一海はロストボトルを奪い返そうとしますが、内海に捕らえられ、高濃度のネビュラガスを注入されてしまいます。

何とか脱出した一海の前に、かつて西都に拘束されたはずの北都首相・多治見喜子が現れます。

多治見はなんと黄羽のロストボトルでロストスマッシュに変身。一海に襲い掛かります。

 

高濃度のネビュラガスを注入された人間は倒されると消滅してしまう・・・。

マッドローグの不意打ちを喰らったグリスは瀕死の状態に追い込まれてしまいます。

戦兎に仮面ライダーがエボルトの実験体だったことを伝える一海に対し、内海は仮面ライダーの愚かさを語り、

「操り人形になったらどうだ!?」

と戦兎を挑発します。そんな内海に対し、

「人間には魂がある!!」

と反論する戦兎はジーニアスフォームへ変身し応戦します。

戦兎の戦う姿を見た一海は三羽ガラスのドッグタグを握りしめ、ラブアンドピースの精神のもと覚醒。

万丈から預かったドラゴンスクラッシュゼリーを装填し、ツインブレイカーを両手に装備して再び立ち上がります。

 

ジーニアスフォームの力でロストスマッシュを救う術を見つけた戦兎は多治見に必殺技を放ち、見事救出に成功します。

返す刀でグリスとともにマッドローグの撃退にも成功し、何とか窮地を逃れることができました。

正常な判断力に戻った多治見はこれまでの罪を詫び、一海はそれを許します。

その直後、現れたエボルトに黒くなったロストボトルを渡すよう戦兎に言い放ち、新世界を創ると宣言します。

同じころ、木根に会っていた万丈と紗羽はなんと葛城忍が生きていることを聞かされるのでした・・・。

第40話の考察

第40話ではジーニアスフォームの能力が明らかになりました!

最強フォームとあってマッドローグを圧倒する強さと速さをいきなり見せつけ、底の知れない能力を表しました。

さらにはロストスマッシュの浄化作用を持つことから、以降のストーリー展開に大きく影響してくることでしょう。

気になるのは冒頭でマッドローグを攻撃した際にネビュラガスの浄化映像が一瞬流れたこと。

完全には浄化されていませんでしたが、後々になって内海にも影響してくるのか気になるところですね。

 

そして、ロストスマッシュの登場と葛城忍の存在は番組終盤に向けた大きなテーマとなることでしょう。

黄羽のオウルフルボトルが黒くなったこと、次回予告でスタッグロストスマッシュが登場していたことから、青羽と赤羽のボトルも黒くなることが考えられますね。

そして、黒くなったボトルがどうなるのか、葛城忍の今後やロストボトルを作った目的が何なのかが気になるところです。

ネット上でのファンの反応は?

今回の放送を受け、ネット上のファンの反応はどうだったのでしょうか?

・・・正直言って、番組を見た瞬間時が止まった感覚になったのは初めてでした(笑)

すべてオーダーメイドという服のセンスが壊滅的であることの自覚も無いとは・・・。新たなあだ名に「ピンクマン」が追加された瞬間でしたね。

この服装に親しみやすさは感じません(笑)

みーたんのために退場しないでほしいですね!このフラグだけは回収しないでほしいです(泣)

意図していなかったとはいえ青羽を倒してしまったトラウマにどう立ち向かうのか、戦兎の成長はどうなのか気になるところです。

第41話の予想

スポンサーリンク



さて、ここまで仮面ライダービルド第40話についてお伝えしてきました。

ここからは第41話の予想をしていきたいと思います。

あらすじと気になる見どころは?

第41話は「ベストマッチの真実」と題し、エボルドライバーを元に設計されたライダーシステムのことやベストマッチの真実、ロストボトルを集めた時の効果が明らかにされます。

「ロストボトルを使って新世界を創る・・・」

エボルトの目的を聞いた戦兎はジーニアスフォームの力でエボルトを圧倒。その力を受け変身が解除したエボルトでしたが、これまで受けたことの無い新しい感覚に感動し撤退します。

葛城忍が生きていることを知った戦兎は忍が残したUSBメモリからライダーシステムやベストマッチ、ロストボトルの真相を知ります。

そして、これまでスマッシュにされてきた人物がすべて戦兎と万丈に関係のある人物であることがわかった戦兎たちは、第1話で戦った志水に会いに行くのですが・・・というのがあらすじになります。

 

次回のポイントは仮面ライダーやロストボトルの真実が明らかになるというところです。

葛城忍は果たして敵か味方か、何の目的でライダーシステムやロストボトルを開発したのか、今後のストーリーに大きく関与する謎と言えるでしょう。

そして、次回もジーニアスフォームが活躍するようです。その圧倒的な強さを再び見せてくれることに期待です!

トラウマを乗り越えられるか?伏線回収のオンパレード!

見どころはスタッグスマッシュとの対決にありますね。青羽のことがあるだけに、再び戦う戦兎がどう対処するのかが楽しみです。

また、第1話のスマッシュであった志水を登場させることもこれまでにない展開ですね。

ビルドは伏線回収が上手く、過去に登場した人物も再登場させるなど、本当にストーリーが作り込まれて面白いですね^^

終わりに

今回は仮面ライダービルド第40話についてネタバレと考察をお伝えしてきました。

今回お伝えした内容をまとめると以下のようになります。

  • 第40話はジーニアスフォームの力とロストボトルの登場がストーリーのポイントになっていました。
  • 第41話は葛城忍とロストボトル・ベストマッチの謎が明らかになります。
  • 素晴らしい伏線回収を目の当たりにすることができるでしょう!

今週の内容も、次回の放送が待ち遠しい展開となっています!

来週の放送も解説していきますので、気になる方はぜひブックマークをお願いします!

また、過去のストーリーや登場人物、ネタバレ情報等は以下の記事でまとめていますのでご確認ください!

仮面ライダービルドの考察まとめ!登場人物やストーリーなどのネタバレも!

スポンサーリンク