スポンサーリンク




仮面ライダービルドの第41話「ベストマッチの真実」が2018年6月24日(日)に放送されました!

エボルドライバーを元にして作られたライダーシステムやベストマッチの真実、ロストボトルのことなど劇中の謎が明らかになるという放送内容となっています。

ますます混迷を極めていくストーリー展開ですが、果たして今後どうなっていくのでしょうか?

今回は仮面ライダービルド第41話のネタバレと考察、気になる今後の予想について解説していきます。

第41話のネタバレ予想と考察

スポンサーリンク




仮面ライダービルド第40話は、仮面ライダービルドジーニアスフォームの力が存分に発揮された回となりました。

マッドローグを圧倒する力だけでなく、新たな怪人:ロストスマッシュへの浄化作用も持ち合わせた、まさに「マジ最強」な能力を見せてくれましたね!

そして、葛城巧の父である葛城忍が生きているかもしれないという新たな展開にも注目です。

気になる第41話について早速見ていくことにしましょう。

第41話の予告動画とあらすじ

公式の予告動画はこちらになります。

「ロストボトルを使って新世界を創る・・・」

エボルトの目的を聞いた戦兎はジーニアスフォームの力でエボルトを圧倒。その力を受け変身が解除したエボルトでしたが、これまで受けたことの無い新しい感覚に感動し撤退します。

葛城忍が生きていることを知った戦兎は忍が残したUSBメモリからライダーシステムやベストマッチ、ロストボトルの真相を知ります。

そして、これまでスマッシュにされてきた人物がすべて戦兎と万丈に関係のある人物であることがわかった戦兎たちは、第1話で戦った志水に会いに行くのですが・・・というのがあらすじになります。

第41話の放送前考察!

第41話のポイントはライダーシステムやロストボトルの真実が明らかになるというところです。

1つずつ考察してみましょう。

ライダーシステムについて

過去にライダーシステムはエボルドライバーを元に設計された、対エボルト用の兵器であることが葛城巧の人格となっていた戦兎が語っていましたね。

そのライダーシステムのさらに核心に触れるような展開が予想されます。

もともとライダーシステムを設計したのが葛城忍であり、それを完成させたのが息子である葛城巧であるのですが、なぜ、どのような経緯で葛城忍の研究データを葛城巧が引き継いだのかははっきりとは語られていません。

もし葛城忍が別の目的でライダーシステムを開発していたのだとしたら・・・その目的は何なのか非常に興味がそそられるところです。

 

そして、予告動画で語られている「感情の高まりでハザードレベルが上がるライダーシステムを設計した・・・」の部分は大きなポイントとなる部分となることでしょう。

思い起こせば、これまで戦兎たちのハザードレベルが上昇したのは人工的な上昇(特訓やネビュラガスの注入など)を除けばすべて感情の高まりがキーとなっていることがわかります。

人間が持つ「感情」を核にしたシステムを作った理由が人間の能力を生かすことを狙っているものであるならば、エボルトは逆に感情を利用して変身者のハザードレベルを上げ、人間同士の争いを引き起こし滅ぼそうとしていることが納得できますね。

とにかく、このモヤがかかった部分が明らかになることを期待したいですね!

ベストマッチについて

2つのボトルの相性が良く、互いの能力を向上させる「ベストマッチ」ですが、この謎にも触れられるそうです。

過去に劇中では有機物と無機物の2種類の組み合わせで考えると述べられていましたが、具体的にベストマッチをどう探すか、なぜベストマッチの組み合わせが正解なのかまでは語られていません。

エボルトの遺伝子を持つ万丈があっさりベストマッチを当ててしまうことも何か関連があるのでしょうか?

非常に気になる点であると言えます。

ロストボトルについて

前回の放送で使用者を好戦的な性格に変える作用を持つと語られたロストボトル

エボルトはこの作用を利用して人間同士の戦いを引き起こそうとしていることがすでにわかっています。

今回の放送ではそのロストボトルを10本すべて集めた時に起こることについて明らかにされるそうです。

 

好戦的な性格に変えるロストボトルを10本集めた時の力はおそらく強大なものになると思われますので、エボルトはこの力で多くの人を好戦的な性格に変え、人間同士の争いを引き起こそうとしているのではないかと考えられますね。

もしくは、この性格変化を利用して仮面ライダーの変身者たちをより好戦的な性格に変え、ライダー同時の潰しあいや、果ては仮面ライダーが人間を滅ぼすことも考えているのでしょうか?

ともかく、危険なロストボトルをエボルトの手にすべて渡してしまうことは避けたいところですね。

葛城忍と関係者について

生きていることが明らかになった葛城忍は果たして敵か味方か、何の目的でライダーシステムやロストボトルを開発したのか、今後のストーリーに大きく関与する謎と言えるでしょう。

そして、第1話でスマッシュにされていた志水が再登場することが決定しています。その志水は第1話ではただの実験体としての登場でしたが、今回は葛城忍の関係者として登場するそうです。

そもそも、ファウストや葛城親子が実験体として選んだ人物がすべて葛城親子に関係する人物であるそうなので、この謎も明らかにされることでしょう。

これまでのキャラの再登場や伏線回収が上手なのがビルドの良さですから、志水がどう扱われるのかが気になるところです。

第41話のあらすじ確定版と考察

スポンサーリンク




では、実際に放送された41話のあらすじはどうなのでしょうか?

また、内容についての感想や考察も紹介していきたいと思います。

第41話のあらすじ確定版

エボルトの目的がロストボトルを使い新世界を創ることと聞いた戦兎はジーニアスフォームに変身。

エボルトがブラックホールフォームに変身しようとする時を狙い、必殺技をたたき込みます。

その力を受け変身が解除したエボルトは、

「そうか・・・これがそのボトルの力か・・・!」

と、これまで受けたことの無い新しい感覚に感動し撤退します。

直後、万丈からかかってきた電話で、戦兎は葛城巧の父・葛城忍が生きていることを聞かされます。

 

パンドラボックスの光を一番近いところで受けたはずの葛城忍が自ら命を絶つはずがない・・・。

戦兎の予想が当たり、葛城忍が生きていることを知った戦兎は忍が残したUSBメモリからライダーシステムやベストマッチ、ロストボトルの真相を知ります。

ロストボトルを10本集めると既知の物理法則を超えたことが起こる・・・。なぜエボルトがその力を狙っているのか、エボルトのこれまでの行動を振り返った戦兎たちはすべてエボルトが仕組んだことであることや、空白の時間があることを再確認します。

そして、これまでスマッシュにされてきた人物がすべて戦兎と万丈に関係のある人物であることがわかった戦兎たちは、直接戦兎や万丈との関係性が無い、第1話で戦った志水が怪しいと思いました。

 

その夜、石動惣一の見舞いに行った美空に戦兎はベストマッチの真相を話します。

ベストマッチはエボルトがフルボトル作成のために石動惣一の思い出を扱ったもので、愛する美空の好きなものを上げていたのです。

美空が好きなものを守りたかった惣一は変な答えを出してかく乱しようとしたのです。

娘を思う感情に目を向けたエボルトは、ジーニアスフォームの必殺技を受けたことで人間の感情が宿ったことに感動を覚えているのでした。

 

志水が葛城忍の教え子であることを突き止めた戦兎は志水に接触するために待ち合せます。

葛城巧の感情は戦兎に対し、葛城忍が作ったライダーシステムはエボルト対策のため感情に目を向けたものではないかと語りかけます。

その時、待ち合わせ場所に現れた志水は突然スタッグロストスマッシュに変身し戦兎に襲い掛かりました。

ジーニアスフォームに変身した戦兎は何とか志水の浄化に成功し、変身を解除させました。

 

志水は戦兎に対し、自らは葛城の助手であったこと、黒いパンドラパネルを作ることが目的だったことを告げます。

しかし、直後にエボルトの触手に襲われ志水は消されてしまいました。仮面ライダーエボルブラックホールフォームに立ち向かう戦兎は苦戦を強いられ、追い詰められてしまいます。

戦兎をロストスマッシュにしようとロストボトルを突き刺したエボルトでしたが、ジーニアスフォームの力でボトルの成分を中和することに成功。エボルトに必殺技をたたき込み怯ませます。

しかし、完全体の姿での敗北に怒りを覚えたエボルトは怒りの感情でハザードレベルが上昇。再度戦兎を追い詰め、ロストボトルを奪い去っていきました。

戦兎の大切なものを奪っていくことを言い残したエボルトはこれで6本のロストボトルを手に入れることに成功。そして、そのそばには葛城忍が立っていました・・・。

第41話の考察

今回は予想していたライダーシステムやベストマッチの真相が語られ、ビルドの謎がまた1つ明らかとなった回ではないでしょうか。

まず、エボルト対策のため感情に目を向けたことがすごいですね。ベストマッチも惣一が美空を思う感情から生まれたものだったのも、人間の力を利用したエボルトの企みだったようです。

そして、黒いパンドラボックスのことが戦兎たちに知られることになりました。このパネルはロストボトルの力を引き出すためのものだと思われますが、10本集まった時のことについての詳細は語られていません。

この点は次回以降の謎として残るものですね。

最後に葛城忍の登場ですね。次回以降の展開が気になるところです。

放送を見たファンの感想

放送を見たファンはどんな感想だったのでしょうか?

完全にお坊っちゃんじゃないですかー!(笑)世間知らず過ぎる・・・^^;

もはや公式のオモチャと化している幻徳(笑)次回はまともな服装で出てくるようですが、その経緯やいかに?

父を乗り越えないといけないこの構図、次回が待ち遠しいですね。

第41話を見逃したアナタへ![PR]

仮面ライダー第41話を見逃してしまった・・・でもご安心ください!

そんなアナタにはauビデオパスの利用をオススメします!

auビデオパスでは仮面ライダービルドの見逃し配信をしており、PC・スマホ・タブレット・テレビのいずれの媒体でも好きな時に視聴できちゃいます^^

しかも見放題プランは月額562円(税抜)で仮面ライダー以外のドラマ・アニメも含めて見放題というお得なプランとなっています。

初回登録後30日間は無料ですので、ぜひ一度お試ししてみてはいかがでしょうか?

終わりに

今回は仮面ライダービルド第41話についてお伝えしてきました。

仮面ライダービルドの各話ストーリーや最新ネタバレ情報などのまとめ記事はこちらになりますので、ぜひご覧ください!

仮面ライダービルドの考察まとめ!登場人物やストーリーなどのネタバレも!

スポンサーリンク