スポンサーリンク




今年も仮面ライダーの夏映画が待ち遠しいですね!

毎年上映される仮面ライダーの映画ですが、近年は夏場と年末の2回に分けて作品が発表され上映されます。

現在放送されている仮面ライダービルドが主役の映画がこの夏の上映に向け、すでに撮影が開始されていることがわかりました。

一般参加のエキストラを用いての撮影になっており、すでにどのような映画になるのか情報も出始めているようです。

今回は2018年夏の仮面ライダービルドの映画のネタバレ情報について、気になる点を中心に取り上げていこうと思います。

どんな映画になる?

いつもこの時期になると夏に上映される仮面ライダーの新作映画が気になって仕方がない筆者です(笑)

今年も上映されることが決定しており、撮影も順調にすすんでいるようです。

ファンとしてはいち早くどんな映画になるのか、見どころや新要素は無いのか知りたいところですよね!

すでにエキストラとして参加されたファンからの情報をもとに、今回はいち早く情報をお届けしようと思います。

あらすじは?

今回の仮面ライダービルドの映画ですが、「劇場版 仮面ライダービルド Be The One」と題し、悪役に洗脳された人々を救うためにビルドが奮闘するという内容になるそうです。

その予告動画がこちらになります。

舞台は“スカイウォールの惨劇”後の戦争が終結した日本で、東都・西都・北都にそれぞれ新しい知事が就任したところから始まります。

全国各地で選挙カーによる演説が行われ、それを聞いた人が洗脳され、仮面ライダービルドの殲滅をコールし始めます。そして、洗脳された人は実際にビルドの殲滅のために動き出すというものです。

 

人々を洗脳している正体は新登場する悪のライダーで、洗脳された人たちに囲まれながらビルドを追い詰めます。

最終決戦として人々の輪の中にビルドを迎え入れ、ライダー同士の戦いを繰り広げ、ビルドが勝つと人々の洗脳が解け、平和が訪れる、という内容になるそうです。

見どころは?

まずは悪のライダーが人々を洗脳するという点が挙げられます。

黒幕である3人の知事が行う選挙カーによる演説という方法は、とても身近で想像がしやすい方法であります。

人々の愛と平和=ラブアンドピースを掲げる戦兎にとって、洗脳されているとはいえその人々と戦うのはかなりつらいものとなるでしょう。

しかし・・・民衆を洗脳してビルドを追い詰めるなんて、さすが悪のライダー(笑)

 

そしてもう1つはビルドの敵となるライダーがどういった位置づけのものなのかということです。

2017年の冬に放送されたビルドの映画の黒幕である最上魁聖は研究者でしたが、今回は政府関係者である上、石動惣一とともに火星に行った地球人という設定から、火星に潜んでいた新たな勢力との対決になります。

次に紹介するゲスト出演の芸能人の役柄が大きく関わっているなので、その内容が気になるところです。

 

ゲスト出演が決定している芸能人は?

劇場版仮面ライダーで毎回注目されるのはゲスト出演する芸能人ですよね。

今作もゲスト出演する芸能人の情報が出てきましたのでご紹介しようと思います。

それがこちら!

公式発表ですが、一気に3人出ることがわかりました。

勝村政信さんは実力のあるベテラン俳優さんですし、藤井隆さんも大河ドラマなどでその演技力が評価されている芸人さんです。

そして驚きは元SKE48の松井玲奈さんが抜擢されたことですね!

自他共に認める大の特撮好きとあって、きっと良い作品になるよう頑張ってくれるものと思います。

3人の設定は本編で火星に行った石動惣一=マスターと一緒に火星に行ったとされる3人の宇宙飛行士で、現在はそれぞれ紹介順に東都・西都・北都の都知事となっている役柄です。

都知事であれば、上記で紹介した選挙カーによる演説も納得いく設定となります。

これまでの首相に代わって新たに都知事となった3人の関係性や、ビルド誕生にまつわるエピソードがからんだりと、新しさとビルドの秘密を融合させた作品になりそうです!

収録は順調!大エキストラを要した撮影も!

そんな劇場版仮面ライダービルドの撮影は順調に進んでおり、5/12(土)には北九州で大エキストラを用いた撮影が行われました。

劇場版とあってスケールが大きな撮影になったことが伺えます。

また、万丈の黒づくめの衣装も、映画の内容に深く関係するものと思われ、ますますその内容に期待が高まりますね!

気になる新要素は?

スポンサーリンク




さて、毎回劇場版の仮面ライダーにつきものなのは新要素がどれだけ出てくるかということです。

順調にいけば8月末で仮面ライダービルドの放送は終わってしまうのですが、残された放送期間をより充実したものにするための仕掛けは用意されているのでしょうか?

現時点で判明している内容についてお伝えしようと思います。

劇場版限定のライダーや特別フォームは?

劇場版の1つの醍醐味は限定出演する新たな仮面ライダーの存在です。

悪のライダーとして登場することがすでに決まっており、勝村政信さんがグレートクローズドラゴンを使って変身する仮面ライダーブラッドという名前で現れます。

新しい知事三人が予告動画でブラッド族と名付けられていることから、地球外生命体=火星人?という予想が経ちますね。

その知事役の松井さんはシザースロストスマッシュ、藤井さんはゼブラロストスマッシュに変身することになっており、もちろんその姿だけでなく、強さはどれくらいのものなのかも見逃せないポイントとなります。

一方、ビルド側も最強フォームを登場させることがすでに決まっているようです。

ネット上で噂されているジーニアスフォームが登場することから、悪のライダーとの対決がどういったものになるのか、今から期待が高まるばかりですね!

また、戦兎のラビットフルボトルと万丈のドラゴンフルボトルを使ったラビットドラゴンフォームも出ることが決まっており、かなり熱い展開になることは間違いなさそうです。

サプライズはある?

そして劇場版ならではのサプライズも用意されていることがわかりました!

なんと・・・強化されないのではないかと思われていた仮面ライダーグリスに最終フォームが追加されるかもしれないそうです!

変身者のカズミンこと猿渡一海は純粋にハザードレベルを上げ続けることで強くなってきていましたが、ようやく強化される日が来るかもしれません。

 

更に何と、カズミンがビルドドライバーで変身するかもしれないという情報も入ってきています。

スクラッシュドライバーで変身できるのでビルドドライバーでも変身できるのはある意味当たり前ですが、果たしてどういう状況で、何のボトルを使って変身するのかは注目すべき点となることでしょう。

劇場版ということもあって、「カシラ」と慕っていた北都三羽ガラスのボトルを使うことになったとしたら、これほど熱い展開は無さそうですね!

 

そして、何と言っても黒い万丈が戦兎と戦うというシーンは衝撃的ですね。

悪のライダーに洗脳され戦う姿は胸が痛くなります・・・。

なぜ万丈が戦兎と戦うことになったのか、予告動画で流れたとおり、万丈が命を落としてしまうのか、今から気になって仕方がありませんね!

次作のライダーは出演する?

夏の劇場版仮面ライダーでは次作の仮面ライダーが特別出演することが近年の通例となっています。

来年のライダーは現時点ではまだ発表されていませんが、平成ライダー放送から20周年を迎える節目の作品となることから、ネット上では10周年で放送された仮面ライダーディケイドの再来もあるのではという予想が立てられています。

思えば、ビルドの場合は劇場版で登場したシーンが本編にもつながっており、劇場版を見ることでなお本編が面白くなるものでした。

今回もそのような仕掛けが用意されることを楽しみにしたいところですね!

終わりに

今回は2018年夏の劇場版仮面ライダービルドに関するネタバレ情報についてお伝えしてきました。

今回お伝えした内容をまとめると以下のようになります。

  • 2018年夏の劇場版仮面ライダービルドは、悪のライダーに洗脳された人々を救う話になるそうです。
  • 劇場版限定のライダーや最強フォームが戦うところは見どころです。
  • カズミンが強化!?さらにビルドドライバーで変身!?
  • 次回作のライダーの出演もひょっとしてディケイド!?

上映がとても待ち遠しい状況ですが、おそらく今後も追加となる情報が続々と出てくることでしょう。

当記事では追加となった情報を随時掲載していく予定なので、気になる方はぜひブックマークをお願いします!

また、過去のストーリーや登場人物、ネタバレ情報等は以下の記事でまとめていますのでご確認ください!

仮面ライダービルドの考察まとめ!登場人物やストーリーなどのネタバレも!

スポンサーリンク