スポンサーリンク




仮面ライダーの主役になるための選考基準はあるのでしょうか?

毎年発表される仮面ライダーの新作ですが、主役として選ばれている俳優はいつもイケメンばかりです。

今や、仮面ライダーの主役はイケメン俳優としての登竜門的存在となっており、ある種のブランド化もされているような状況です。

そんな仮面ライダーの主役がどのような基準で選考されているのか気になる方もいらっしゃるかと思います。

今回は仮面ライダー俳優の選考基準についてお伝えしようと思います。

これまでの仮面ライダー俳優の選考基準や条件とは?

スポンサーリンク




平成仮面ライダーはこれまで数多くの有名イケメン俳優を生み出してきた特撮番組で、毎年誰が選ばれるのか注目されているシリーズものでもあります。

今や子どもたちのヒーロー的存在にとどまらず、過去に仮面ライダーを見て育った父親や、イケメン俳優目当ての母親もこぞって番組を見るのが当たり前となってきました。

特に、主演俳優については今をときめく大スターも出ていることから、将来のスター候補として番組を見る人も少なくありません。

そんなスターの卵である仮面ライダー俳優はどのようにして選考されるのでしょうか?

ジュノンボーイが選考されやすい!?

実は、仮面ライダーの主演俳優はここ数年「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」の最終選考会に残った人の中から選ばれることが多くなっています。

例えば、2018年現在放送されている仮面ライダービルドの主役:桐生戦兎役を演じている犬飼貴丈さんは、2012年の同コンテストでグランプリを獲得しています。

過去にもグランプリ・準グランプリだけでなく、最終選考会進出者からも主演を勝ち取る人がいたことから、このコンテストは非常に注目されているものだと言えます。

運動神経は関係なし!?

では、ジュノン・スーパーボーイ・コンテストの最終選考会に残った人の中でも選ばれやすい人はいるのでしょうか?

まずは、仮面ライダー役として必須と言っても良い運動神経についてです。

もちろん、激しいスタントをこなすために運動神経が抜群であることは高評価につながりやすいです。しかしながら、必ずしも運動が得意である必要はないことがすでに証明されています。

 

例えば、仮面ライダー鎧武の駆紋戒斗役を演じた小林豊さんはあまり運動神経が良くない方で、アクション撮りをするシーンでは必ずと言って良いほどケガをしていたそうです。

しかしながら、最後まで作品に出続けていたことから、特に運動神経は関係ないことがわかります。

俳優経験は無くてもOK!

次に、俳優経験の有無についてはどうでしょうか?

これについても経験というよりはその人が作品のカラーにあるかどうかが重視されている傾向にあります。

例えば、仮面ライダーゴーストの主役である西銘駿さんはまったくの俳優未経験での抜擢とあって、最初の頃の演技はあどけなさが残るものとなっています。さらに、翌年の仮面ライダーエクゼイドの主役である飯島寛騎さんも俳優未経験であり、2年連続で俳優未経験の人がいきなり主役に抜擢されています。

 

そもそも、仮面ライダーの撮影自体が約1年間に及ぶもので、撮影回数も多くハードであることから、ある程度スケジュール調整が可能な人が選ばれる傾向にあるようです。

また、それだけ撮影を行うことで自然と演技力も上達してくるという副効果もあります。

バイクに乗れなくても良い!?

そして、仮面ライダーとして気になるのは、主役がバイクに乗れるかどうかというところです。

かつて、初代仮面ライダーの本郷猛役を演じた藤岡弘、さんはスタント無しのバイクアクションを行った結果、入院を余儀なくされる大ケガを負い、そのことで仮面ライダー2号が急遽誕生したというエピソードを残しています。

もちろん、当時とは撮影状況も異なるほか、CGを駆使した撮影技術の向上もあるため、俳優自身が大ケガをする可能性は従来より低くなっています。

 

ですが、変身前にバイクに乗るシーンはこれまでの作品中でも当たり前のように登場しています。

実は、これらのシーンは本当にバイクを運転している人だけでなく、バイクにまったく乗れない人もすべてバイクにまたがったまま牽引してもらって撮影しているのです。

やはり、過去の大ケガを踏まえた、製作者側の安全対策と言えます。

仮面ライダー次回作の俳優予想!

スポンサーリンク




ここまでは仮面ライダーの主演俳優の選考基準や条件について見てきました。

では、この基準を参考にした際、直近の次回作である仮面ライダーの主役は誰がなるのでしょうか?

直近で選ばれたイケメン俳優は?

ここ数年で仮面ライダー作品の主役に抜擢されたイケメン俳優は以下の通りです。

  • 2014年・・・仮面ライダードライブ=竹内涼真さん
  • 2015年・・・仮面ライダーゴースト=西銘駿さん
  • 2016年・・・仮面ライダーエクゼイド=飯島寛騎さん
  • 2017年・・・仮面ライダービルド=犬飼貴丈さん

この中で、竹内さん以外の人は全員ジュノン・スーパーボーイ・コンテストのグランプリを獲得している人ばかりです。

西銘さんと飯島さんは2014年・2015年のグランプリであることから、グランプリをとった翌年に早速仮面ライダー俳優のオファーが来ていることになります。

次回作の俳優の有力候補!

そして、気になる次回作「仮面ライダージオウ(仮)」の主演が有力視されている俳優ですが、直近のコンテストでは、2016年に俳優の押田 岳(おしだ がく)さん、2017年には綱 啓永(つな けいと)さんがグランプリを獲得しています。

上記の法則でいけばこの2人が最有力候補というわけですが、中でも押田さんは映画「サムライせんせい」で映画初出演するなど、事務所側が俳優業での活躍に力を入れようとしている俳優さんです。

所属事務所であるEver Green Entertainmentは仮面ライダー鎧武の主役を演じた佐野岳さんをはじめ、佐藤祐基さんや坂田梨香子さん、上遠野太洸さんといった歴代の仮面ライダー出演者も多いことから、押田さんが選ばれる可能性が高いのではないかと推測します。

終わりに

今回は仮面ライダーの主役俳優の選考基準について見てきました。

今回お伝えした内容をまとめると以下のようになります。

  • 歴代の仮面ライダー主演俳優はジュノン・スーパーボーイ・コンテストの最終選考者から選ばれる傾向が強いです。
  • 運動神経や俳優歴はあまり重視されていないほか、バイクの運転免許も必要ありません。
  • 2015年度以降はすべてジュノン・スーパーボーイ・コンテストのグランプリ獲得者が主演となっています。
  • 2018年度の仮面ライダージオウ(仮)の主演有力候補者は押田岳さんです。

今年の主役が誰になるのか、今から楽しみですね!

スポンサーリンク