スポンサーリンク




仮面ライダービルドの最後の追加ライダーの情報がネット上で出回っているのをご存じでしょうか?

これまでビルド以外にクローズ、グリス、ローグ、そしてエボルという追加ライダーが登場してきました。

物語も佳境を迎えようとしている中で、最後となる追加ライダーが存在することがわかりました。

今回は仮面ライダービルドの追加ライダーについて、その情報や誰が変身するのかについて予想していきたいと思います。

仮面ライダービルド最後の追加ライダーとは?

これまで多くのライダーが登場してきた仮面ライダービルド。

主役であるビルド以外に上記で紹介した4人のライダーがすでに登場しています。

この他にも敵役でアイテムを使用して姿を変えるナイトローグやブラッドスターク、鷲尾兄弟が変身するエンジンブロス・リモコンブロスとその合体系であるヘルブロスの計5体が登場しています。

そして、さらにこの状況で最後となるライダーが登場する情報がネット上で拡散されています。

一体どんなライダーなのでしょうか?

その名は「仮面ライダーマッドローグ」?

ネット上で拡散されている新ライダーの画像はこちらになります。

その名も「仮面ライダーマッドローグ」です。

白と黒、紺色を基調としたカラーリングに、仮面ライダーエボルによく似たマスクをしています。過去作である仮面ライダーキバに登場した仮面ライダーサガを彷彿させるようなデザインとなっていますね。

上の画像では「ビルド・クローズがやられる!」というコメントの他、仮面ライダーグリスと戦っている様子が写されているようです。

どうやって変身する?

 

仮面ライダーマッドローグですが、どうやら変身ベルトは仮面ライダーエボルと同じエボルドライバーを用いているようです。

変身のためにはバットフルボトルとエンジンフルボトルの2つのフルボトルを使用しているようですね。

エボルドライバーを使用するということであれば、エボルの変身と同様に上記2つのボトルをドライバーに装填し、レバーを回して変身することが予想されます。

仮面ライダーエボルのフォームチェンジとはまた違うようです。

変身者は誰?敵か味方か?

気になる変身者ですが、敵であるエボルトが使用しているドライバーでの変身であることから、敵が変身している可能性が高いことがわかります。

変身に使用する2つのフルボトルも、現在の所有者が難波重工の内海成彰であることもこの裏付けとなることでしょう。

さらに、片手を顔の前に当てているこの画像からは、内海が普段よく行うメガネを直す動作に当てはまることから、仮面ライダーマッドローグの変身者は内海成彰である可能性が極めて高いとされています。

内海自身もナイトローグに変身した経緯があるため、ドライバーによる変身は不思議なことではありません。もし内海が変身するのであれば、上記の画像通り、戦兎たちの敵として立ちはだかることでしょう。

 

しかし、もともとエボルドライバーはエボルトにしか使えないドライバーとの設定であることから、エボルトが内海の体を乗っ取ったか内海自身がエボルドライバーをコピーし、自身が使用できるように改造したかのどちらかが考えられます。

仮に前者が正解だった場合は、もともと乗り移っていたマスターの体がどうなるのかが気になるところです。

そのマスターの体について考察した記事がこちらになりますので、気になる方はぜひご覧ください。

【仮面ライダービルド】マスターの人格の復活はいつ?消えた体の行方やエボルトとの分離は?

そして、後者が正解だった場合は、火星の物質であるエボルドライバーをどのようにコピーしたのか、設計図があったのかなど、その経緯も気になるポイントとなりそうです。

追加ライダーの登場シーンを予想!

スポンサーリンク




ここまで仮面ライダービルドの最後の追加ライダーについてお伝えしてきました。

この追加ライダーが登場するのはそう先の話ではなさそうですが、具体的にどのタイミングで登場しそうなのかは気になる点だと思います。

そこで、これまでの追加ライダーの登場経緯を踏まえて、追加ライダーであるマッドローグがいつ登場するのかを予想していきたいと思います。

これまでの追加ライダーの登場経緯は?

仮面ライダービルドに登場しているライダーの変身の経緯は、すべてエボルトに乗っ取られたマスター=ブラッドスタークが絡んでいました。

まず、仮面ライダービルドとなった桐生戦兎は葛城巧の記憶を消し、佐藤太郎の姿に変え、マスターがフルボトル浄化のために利用する形で変身しています。

また、仮面ライダークローズとなった万丈龍我も、ドラゴンフルボトルの使用によるハザードレベル上昇を影で操り、戦兎によるクローズドラゴン開発も重なって変身しています。

 

仮面ライダーグリスはブラッドスタークがラビットタンクスパークリングフォームに敗れて以降、北都についた際に変身者である猿渡一海に適合手術を施していました。

また、仮面ライダーローグは東都を追われた氷室幻徳を追い詰め、ローグへの変身能力を開花させています。

そして、仮面ライダーエボルトは完成したエボルドライバーを入手し、エボルト自らが変身しています。

このように、エボルトが関係する状況下で各ライダーが登場し、これまでのストーリーを描いてきたのです。

変身が予想される人物の初登場はいつ?第何話?

では、今回の仮面ライダーマッドローグの初登場はいつになるのでしょうか?

上記で予想している内海成彰を変身者として仮定すると、何らかの形でエボルトが内海に乗り移るか、エボルドライバーの情報をもとに内海がコピーを開発する必要があります。

エボルトが他人に乗り移る描写は直近放送回である第34話で明らかになったことであり、第35話の予告では内海に乗り移りそうな描写はありませんでした。

また、内海がエボルドライバーのコピーを作るようなシーンもまだ出ていないため、少なくともあと数話は登場を待つ必要がありそうです。

私の予想では、6月に入るころの第37話~38話になるのではないかと考えています。

登場後の活躍は?


そして、仮面ライダーマッドローグの登場後の活躍ですが、まず上記で紹介した画像はおそらく初登場時のものと思われます。

初登場でいきなり退場ということは考えにくいので、その後も何度となく戦兎たちの前に立ちはだかることでしょう。

エボルトが内海に乗り移っての変身を仮定するならば、数話の登場で次のフォームに変身する可能性がありますが、別々での変身となれば最終決戦まで登場すると思います。

 

その場合、戦兎側のライダー(ビルド・クローズ・グリス・ローグ)とエボルト側(エボル・マッドローグ・エンジンブロス・リモコンブロス)の頭数が揃うので、それぞれが戦うという形が予想されます。

その場合は、因縁深いローグとの対決になる可能性が高そうですね。

終わりに

今回は仮面ライダービルドの最後の追加ライダーについて解説しました。

今回お伝えした内容をまとめると以下のようになります。

  • 最後の追加ライダーは「仮面ライダーマッドローグ」になりそうです。
  • 変身者は変身ボトルや仕草から、内海成彰の可能性が高そうです。
  • 変身の経緯にはエボルトが関係していそうです。
  • 最終決戦では仮面ライダーローグとの対決が見られるかもしれません。

物語の終盤で新ライダーを出してくるだけあって、仮面ライダービルドはファンを喜ばせる要素が詰まっていますね!

今後も仮面ライダービルドから目が離せません!

スポンサーリンク