スポンサーリンク




仮面ライダービルドの鷲尾兄弟についてまとめてみました!

世界征服を目論む難波重工の兵隊にして、自称“最終兵器”という兄弟戦士です。

これまで何度も仮面ライダービルド=桐生戦兎の前に立ちはだかり苦しめてきたのですが、ネット上では本当は弱いのでは?との声もあがっています。

そんな鷲尾兄弟がどんな人物なのか、幼少期のエピソードや演じている俳優の情報も交えて紹介していこうと思います。

鷲尾兄弟とは?

スポンサーリンク




仮面ライダービルド内で描かれた東都と北都の戦争が終結したころ、事態を静観していた西都が突如宣戦布告し、北都を制圧しました。

その兵士として先陣を切り、戦兎たちをおびき寄せたのが鷲尾兄弟でした。

劇場版仮面ライダービルドに登場したカイザーシステムを用いたネビュラスチームガンで2人で変身するシーンはとても新鮮なものでしたね。

そんな鷲尾兄弟について、劇中のエピソードも交えながら見ていくことにしましょう。

兄と弟の見分け方

鷲尾兄弟は兄の鷲尾 風(わしお ふう)と、弟の鷲尾 雷(わしお らい)のコンビです。

ネビュラスチームガンにギアエンジンとギアリモコンを装着することで同時にエンジンブロス・リモコンブロスに変身します。

この変身の掛け声が「潤動!」というもので、ナイトローグらの変身時の掛け声である「蒸血」と同じように「変身」という言葉を使わないものとなっています。

 

兄の風がリモコンブロス、弟の雷がエンジンブロスに変身するのですが、実は変身前の衣装で首に付けているスカーフの色がそれぞれの変身後のカラーリングを表しています。

兄は青、弟は白のスカーフを身に付けているため、どちらが兄なのか弟なのかが見分けられるというわけです。

さらに、どちらか1人(劇中では風のみ)がギアエンジン・ギアリモコンを使うことで、2体の合体バージョンであるヘルブロスに変身することもできます。

2体分の力を合わせたものであるため、仮面ライダービルドハザードフォームを上回るスペックを誇るという強力な変身体となっています。

難波重工の最終兵器は弱かった!?

そんな鷲尾兄弟は自らを“難波重工の最終兵器”と自称しており、会長である難波重三郎の忠実な部下として戦っています。

第27話で万丈にやられそうになった風が「負けると雷の命が奪われてしまう」という嘘をついて逆転した際に発言したのが最初ですが、実はその後は主にやられ役として出てきていることから、最終兵器なのに弱い説が流れてしまっています。

そもそも、ヘルブロスになってまで戦うも27話ですでにやられそうになっている他、29話以降も登場してはやられるという状況を繰り返しており、まだ弱いから秘密にしておきたいのではないかということさえ疑ってしまいます。

これではいくら難波会長の期待をもっていても、信頼を落としかねませんね・・・。

そして、第38話でとうとうエボルトに命を奪われてしまうことになり・・・弱いイメージを残したまま終わってしまいました。

幼少期はあの人物と一緒だった!?

 

なぜ鷲尾兄弟が変身できるのかというと、2人が難波重三郎の洗脳教育を受けた「難波チルドレン」だからです。

難波チルドレンは全国から孤児となった子どもを集め、難波に対する絶対的な服従をするよう徹底的に洗脳教育を施された子どもたちの総称で、幼い頃からあらゆる分野のエキスパートとして成長するよう、それぞれの能力を伸ばしてきました。

鷲尾兄弟は格闘戦士となるため、他のチルドレンとの闘いを兄弟で乗り越え、兵士として選ばれたというわけなのです。

 

ちなみに、難波チルドレンとして育ってきた人物は他にも内海成彰がいます。

内海は研究分野でのエキスパートとして育てられ、現在はヘルブロスを開発するなど難波の側近として活躍しています。

他には戦兎たちの仲間である滝川紗羽も難波チルドレンということが劇中で描かれていました。

難波の指示でスマッシュに変身したり、開発データを盗もうとしたりしましたが、戦兎たちの温かい心で改心し、戦兎たちの味方として活動しています。

ヘルブロス=地獄兄弟!?

さて、鷲尾兄弟が変身するヘルブロスですが、実は過去に登場したある人物たちとの共通点があるのをご存知でしょうか?

それは、仮面ライダーカブトに登場した地獄兄弟です。

ビルドの第26話放送後のスポンサー画面の帯でヘルブロス=地獄兄弟というルビが振られていたことから、公式が発表したことになります。

一方、カブトの地獄兄弟は矢車想と影山瞬が変身するホッパーズの総称で、血のつながりはありませんが地獄に落ちたもの同士という義兄弟の契りを結んだ2人になります。

鷲尾兄弟と地獄兄弟は性格も経歴も全然違いますが、兄弟として息の合った戦いをしてくるところは共通しています。

鷲尾兄弟役の俳優は誰?

スポンサーリンク




ここまでは鷲尾兄弟がどんな人物なのかについて解説してきました。

ここからはそんな鷲尾兄弟を演じる俳優2人にスポットを当てて紹介したいと思います。

兄・鷲尾風役は足立理さん!

まずは兄・鷲尾風役の俳優さんです。

慇懃無礼な口調で難波の忠実な部下を演じるこの方は、足立 理(あだち おさむ)さんです。

2001年から俳優活動を始めている足立さんは、2010年のドラマ「チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋」や2015年の「戦う!書店ガール」、2016年の「重版出来!」など、これまで多くのドラマに出演してきました。

 

塩顔男子としても有名な足立さんは、もともと所属していたワタナベエンターテインメントでは、イケメン若手俳優集団であるD-BOYSとして活動していた時期もありました。

D-BOYSはメンバーが仮面ライダー出演に抜擢されることが多く、足立さんが過去に所属していたとはいえ今回出演となった理由も納得できますね。

 

そんな足立さんのTwitterは以下の通りです。

・・・街中にいないか誰か気づいてあげましょう(笑)

弟・鷲尾雷役は奈須田雄大さん!

そして、弟・鷲尾雷役を演じるのは奈須田 雄大(なすだ ゆうだい)さんです。

劇中では兄の鷲尾風より好戦的な口調で、相手を挑発するセリフが印象的ですね。

奈須田さんはまだ出演作品が少ない若手俳優で、連続ドラマでは2017年に放送された「男水!」で出演しています。

 

兄役の足立さんは塩顔なのに対し、奈須田さんは大きな目と太い眉毛が特徴で、兄弟役としてはあまり似ていないため、ちょっと合わない印象も受けます。

特に丸坊主での出演となっていることも、似つかないと言われる理由なのかもしれません。

そんな奈須田さんの趣味はなんと筋トレだそうで、鷲尾兄弟の強さを表現するのにはうってつけの人材かもしれませんね。

ネットでの評価は?

2人が演じる鷲尾兄弟についてのネットでの評価はどんなものなのでしょうか?

ここ最近出番が減っていますが、安心してください。

第37話でこんな感じで登場しますよ(笑)

この写真だとエボルト戦兎 with 鷲尾兄弟ですね(笑)ただ、滅ぼそうとしている人類が35億では済まされない状態なので、何とか万丈たちに食い止めてもらいたいものです。

確かにそうですね・・・生身で立ち向かおうとする内海も内海ですが(笑)

言われる側は少しへこみますが、きちんと演者の2人が敵役を演じていることが証明されているツイートですね。

お2人の今後の活動が期待されます。

終わりに

今回は鷲尾兄弟についてまとめてみました。

今回お伝えした内容をまとめると以下のようになります。

  • 難波重工の最終兵器ですが、やられ役としての出演が増えています。
  • 難波チルドレンとして洗脳教育を受けた兄弟で、同期には内海成彰や滝川紗羽がいます。
  • 鷲尾兄弟役の2人は足立理さんと奈須田雄大さんで、これからの活躍に期待がかかります。

今後、鷲尾兄弟がどのような活躍をするのか気になりますね!

スポンサーリンク