スポンサーリンク




仮面ライダービルドの登場人物である万丈龍我についてまとめました!

主人公の桐生戦兎に次ぐ2番目の仮面ライダーである仮面ライダークローズとして登場するだけでなく、ストーリーの謎に絡む重要人物として第1話から登場し続けてきています。

その生い立ちは彼の正体に関係するもので、ストーリーが進むにつれてますます混迷を極めるものとなっています。

今回はそんな万丈龍我について、劇中の活躍やエピソード、演じる俳優について紹介していきたいと思います。

万丈龍我とは?

スポンサーリンク




仮面ライダービルドに登場する2号ライダー・仮面ライダークローズに変身する万丈龍我。

元格闘家という設定から、最初は生身で戦うことが多かった彼は急激な成長によって仮面ライダーになった人物です。

なぜそれだけの成長を遂げたのかという点は彼の生い立ちに関係することが劇中で明らかにされています。

まずは万丈龍我の生い立ちについて見ていくことにしましょう。

万丈龍我の経歴を生い立ちから紹介!

万丈の謎を知るために、彼の生い立ちから見ていくことにします。

生い立ち~冤罪事件~ファウストの実験施設脱出

万丈は警備員をしていた万丈夫婦の子として生まれ、横浜で育ちます。10年前に母親を亡くしていますが、万丈自身その頃の記憶が無く、気が付けば格闘家として闘う日々を送っていたそうです。

しかし、当時の恋人であった小倉香澄を助けるべく、やむを得ず八百長試合に関わった結果として永久追放されてしまいます。そのことに罪悪感を覚えた香澄を利用したスタークの陰謀により、万丈は葛城巧の部屋に向かい、無実の罪を背負うことになってしまいました。

 

表向きは逮捕となった万丈ですが、刑務所内でファウストに拉致され、スマッシュとなる人体実験を施されてしまいます。

何とか実験施設を脱出した万丈は桐生戦兎に救われ、脱獄犯としての逃亡生活を余儀なくされるのでした。

桐生戦兎との出会い~北都戦争前

自らの冤罪を晴らすために戦兎とともに行動することになった万丈ですが、恋人である香澄がスマッシュに変えられ、結果としてできたドラゴンフルボトルが物語を大きく動かします。

当初は自らが助かりたい思いのみが先走り、スマッシュの成分を抜き取ろうとする戦兎の邪魔をすることもありました。しかし、戦兎が唱えるラブアンドピースの精神に感化され、徐々に正義のためにその力を使うようになっていきます。

 

作中で急激なハザードレベルの上昇を認めた万丈は、ついに仮面ライダークローズに変身する能力を獲得し、2号ライダーとして戦兎とともに戦うことになりました。

戦兎の正体が葛城巧であることを知った万丈は、無実の罪を着せたことへの怒りを露わにしますが、桐生戦兎としての行いを間近で見てきたことや葛城巧としての罪に悩む姿を見たことから、落ち込む戦兎を激励し復活させるという活躍を見せました。

北都戦争勃発~西都戦争前

葛城巧の残したデータで出来上がったスクラッシュドライバーで仮面ライダークローズチャージに変身することができるようになった万丈ですが、その力を制御できないだけでなく、同時に戦闘マシンとなってしまいかねない副作用を知っている戦兎と対立します。

平和を思う気持ちは同じなのですが、わずかな考え方の違いによってギクシャクした関係性が続きます。

 

やがて、北都との戦争終結のために代表戦が行われることになり、戦兎たちを守りたい思いから代表に立候補するも、戦兎に止められてしまいました。

当初はふてくされていた万丈ですが、戦兎が危険を顧みず代表戦に挑んでいることを知ったことから、戦兎を止めたい一心で案の定暴走してしまった戦兎と戦い、クローズチャージの力を制御して戦兎を止めるという大役を果たしたのでした。

西都戦争勃発~エボルト復活

東都に宣戦布告してきた西都の軍団に劣勢を強いられる戦兎たち。代表戦を持ち掛けられたことを機に一海との特訓を行った結果、これまで以上にハザードレベルを上げることに成功しました。

代表戦では2番手で登場し、鷲尾風が変身するヘルブロスをあと一歩のところまで追い詰めますが、風の嘘に引っ掛かってしまったがために敗北してしまいます。以前なら容赦なく倒していたであろう万丈が心の優しさを見せ、精神的に成長したことがうかがえるシーンでした。

 

難波重工の侵略が本格化する中で、万丈が人間ではない可能性があることが発覚し、万丈は戦う意味を見失います。しかし、仮面ライダーとしての使命を果たすため、エボルトの毒に犯された戦兎を救うために仮面ライダーエボルと戦った結果、急激なハザードレベルの上昇とともにエボルトに体を乗っ取られてしまいます。

戦兎によって救われた万丈は変身能力を失ってしまいますが、代わりに乗っ取られた戦兎を助けたい思いから再度変身能力を獲得し、仮面ライダーグレートクローズへと変身し、エボルトとの戦いに身を投じるのでした。

万丈龍我の性格は筋肉バカ?

万丈が劇中で見せる性格は良くも悪くも単純で、周囲からは筋肉バカと呼ばれています。熱い思いがあるがゆえに喜怒哀楽の起伏が激しく、思ったことを深く考えず口走ったり行動したりすることがその理由です。

複雑な説明に対する理解が難しく、エボルトの真の目的を

「大金手に入れて、ウッハウハだろ!」

と答え、葛城巧の人格となった戦兎にさえ「猿より低能」と言われる始末です(笑)

また、元格闘家らしく筋トレやプロテインが好みで、戦兎との間でプロテインを出すという交換条件を飲んでしまう一面もありました。

さらにはズボンのチャックが全開になっていたり破れたりすることが多く、どこか抜けているところがありますね(笑)

人間でない万丈龍我の正体はエボルト!?

その万丈の正体がストーリーの中盤~後半にかけて明らかにされています。

万丈はなんとエボルトの一部が万丈の母に乗り移り、胎児であった万丈に憑依したという経緯があったのです。

当時妊娠1ヶ月だった万丈の母は、エボルトの影響で憑依からわずか1ヶ月で万丈を出産し、しかも生まれた万丈は健康体であったそうです。

万丈が急激にハザードレベルを上げることができたのもエボルトの力が宿っていたことが理由であり、そのことを知っていた葛城巧はスタークと万丈の両者を倒すために自室に呼んだのが冤罪事件の真相でした。

 

第34話でエボルトに体を乗っ取られた万丈はエボルトから分離した際に、それまで得ていた能力をエボルトに回収され、皮肉なことにこれまで望んでいた普通の人間に戻ってしまいました。

しかし、戦兎を救いたい思いからエボルトの遺伝子を体内で自ら作り出し、再び変身能力を手に入れたのです。

つまり、万丈の正体はエボルトの遺伝子が組み込まれた人間ということになります。

万丈構文とは?プレミアムバンダイでグッズ購入できる!?

ネット上で一時期親しまれていたあるフレーズがあります。それが「万丈構文」です。

第21話でマスターが代表戦への出場を拒否している戦兎に対し放った言葉が発端であり、すべてを万丈に押し付けるという、冷静に考えればかなり無茶苦茶な言いがかりと言っても良いようなフレーズです。

その基本フレーズがこちら。

「お前が〇〇しないのは勝手だ。けどそうなった場合、誰が代わりに〇〇すると思う?」
「・・・」
万丈だ。」

マスターが原因なのにもかかわらず、さも味方のように振る舞い戦兎を焚きつけるこのフレーズがツイッター上で話題になり、マスターの最初の言葉を改変し、あらゆる責任を万丈に押し付けるという遊びが流行りました。

この遊びが発端で、なんと公式ツイッターも万丈構文を利用した商品紹介をしたり、そのツイートを万丈の演者である赤楚衛二さんも引用リツイートするというまさかの展開に。

さらには、万丈構文を印刷した「万丈だTシャツ」まで販売するという熱の入れ様とあって、ファンも製作者側も「ウッハウハ」な状況となったのです(笑)

 

この「万丈だTシャツ」、今なら仮面ライダーグッズの公式販売サイト「プレミアムバンダイ」で入手することができます!

以下のリンクから「万丈だTシャツ」を検索してみましょう!

仮面ライダーシリーズの商品ならプレミアムバンダイ

万丈龍我役の赤楚衛二はどんな人?

スポンサーリンク




ここまでは万丈龍我の経歴や人物についてお伝えしてきました。

ここからは、万丈龍我役を演じている赤楚衛二さんに注目して紹介していきます。

デビュー~今作までの経緯

言語学者であるお父さんを持つ1994年3月1日生まれの赤楚さんは当初、赤楚衛(あかそ まもる)という芸名で活動していました。

10代の頃からモデルとして活動し始め、2010年に名古屋の男性グループBOYS AND MENに所属し、モデルと同時にタレント業も行うようになりました。

2013年にはサマンサタバサのメンズモデルオーディションでグランプリを受賞し、2015年から現在の芸名でドラマ・映画出演などの活動を開始しています。

 

仮面ライダービルド前までいくつかのドラマや映画に出演していましたが、いずれも脇役であり、今作のようなレギュラーかつメインでの出演はありませんでした。

その中でも代表的なのは、同じ仮面ライダーシリーズである仮面ライダーアマゾンズへの出演です。

特撮ファンとしては、今回の出演はとても嬉しかったです^^

性格や彼女は?

赤楚さんの性格は言語学者のお父さんの下で育ったようですが、10代からのモデル活動等で「思うような子どもに育たなかった(本人談)」そうです。

1人っ子で兄弟がいないとのことで、親からの優しさも厳しさも一身に受けてきたことでしょう。

その他、健康マニアの一面もあり、様々なサプリを摂取しているそうです。90年代の音楽にも造士が深く、同世代の人からは音楽の趣味が合わないと言われているそうです(笑)

 

そんな赤楚さんは何とイジられキャラだそうで、共演している俳優やスタッフからの評価も高いそうです。愛されている証拠なのでしょうね!

また、彼女に関する情報は現時点では入ってきていません。演技とはいえ、万丈龍我という真っすぐなハートを持った人物を演じたことから、ビルドの放送終了後は女性ファンからのアプローチが増えることは間違いないことでしょう!

ネット上での評価は?

赤楚さんのネット上での評価はどうなのでしょうか?

ファンサービスが良いことでも評判の赤楚さん。こういったサービスは本当に嬉しいですね。

この他にも、特撮ファンからは今作に出演したことが驚きだったという声と同時に、素晴らしい演技をしているとの声もあり、評価値は高いようです!

終わりに

今回は仮面ライダービルドの登場人物である万丈龍我についてまとめてみました。

今回お伝えした内容をまとめると以下のようになります。

  • エボルトによって運命を操られているキャラですが、戦兎とともに正義と平和のため戦っています。
  • 筋肉バカと言われる性格で抜けているところもあり、登場人物からは愛されています(笑)
  • ネット上で流行った万丈構文は公式をも動かし、グッズまで販売されました。
  • 演者である赤楚衛二さんはファンサービスも好評なイケメン俳優です。

戦兎役の犬飼貴丈さんと同じく、仮面ライダービルドの終了まで駆け抜けてほしいですね!

仮面ライダービルドに登場するその他のキャラや各話のストーリー、ネタバレ情報は以下の記事にまとめてありますので、併せてご覧ください!

仮面ライダービルドの考察まとめ!登場人物やストーリーなどのネタバレも!

スポンサーリンク