仮面ライダーディケイドのスピンオフ作品「RIDER TIME 仮面ライダーディケイド vs 仮面ライダージオウ ディケイド館のデス・ゲーム」の第1話の内容をネタバレ紹介いたします!

「祝え!平成33年!」をテーマに、仮面ライダージオウと仮面ライダーディケイドのスピンオフ作品として発表されたのが、今回ご紹介する「RIDER TIME 仮面ライダーディケイドvs 仮面ライダージオウ ディケイド館のデス・ゲーム」になりますね。

ディケイドをメインにもってきた今作と、ジオウをメインにもってきた「7人のジオウ」の2つを、別々の動画配信サービスで独占配信することになり、その注目度は非常に高まっていますね。

今回は計3回に分けて配信される「RIDER TIME 仮面ライダーディケイドvs 仮面ライダージオウ ディケイド館のデス・ゲーム」の第1話について、ネタバレとストーリーの謎を考察しつつご紹介していきたいと思います。

RIDER TIME仮面ライダーディケイド第1話のネタバレまとめ!

計3回にわたって配信される「RIDER TIME 仮面ライダーディケイドvs 仮面ライダージオウ ディケイド館のデス・ゲーム」。

当時のキャストはそのまま登場し、年月を経た姿を見ることができる期待の作品となりました。

さらに、サスペンス要素を取り入れたストーリー展開に、過去の仮面ライダー作品に登場したゲスト俳優の出演と、魅力的な要素が詰まっています!

一体どんな内容となっているのか、早速第1話について見ていくことにしましょう!

RIDER TIME仮面ライダーディケイド第1話の内容

とある不気味な洋館で目を覚ました、光ヶ森高校の学生:常盤ソウゴ。バスケットボール部のユニフォーム姿のソウゴは、手に持っていたボールを目覚めた瞬間、同じ洋館で眠っていた1人の男:小野寺ユウスケの足にぶつけてしまいます。

目覚めたユウスケも自分がなぜ洋館に来たのかわからず、辺りを見回すと、そこにはソウゴと同じように眠っている人たちがいました。中にはすでに目覚め、自らの身を守ろうと動く人まで・・・。

ソウゴはつい先ほどまで学校でバスケットボールの練習をしていたはずでした。バスケットボールを不意にドリブルしたソウゴの音で、残りの人たちも一斉に目を覚まし、軽いパニック状態に・・・。

洋館に集められた人たちはみな服装も人相もバラバラで、何の共通性も持たない様子。その中の1人の女優らしき女性:オーラは「ドラマの撮影中だったから帰る」と言い、洋館を飛び出しました。

 

しかし、女性が見たのは、一面の水平線と見たことも無い景色・・・。他の人たちも外に飛び出て、自分たちが知らない場所に来ていること、すぐに元の場所へは帰れないことを悟ります。

彼らがいる場所、それは白い洋館だけが立つ、小さな小さな孤島だったのです。しかたなく洋館に戻った全員は、みな頭を抱え、重苦しい表情のまま無言の時を過ごしていました。

その時、1人の少年:ウールが口を開きます。

「これってひょっとして誘拐じゃない?僕のお父さんはIT会社の社長でさ~、大金持ちなんだよね・・・」

 

ウールの言葉に、女優のオーラも有名人を狙っているのではないか、と同調。しかし、ごく普通の主婦や明らかなスジ者の男、自称普通の女子高校生:久遠ミサもいることから、それは違うと皆が否定します。

ソウゴも「毎日バスケをやってるだけだ」とウールの意見を否定しました。弁護士バッチを付けた男:スウォルツも、集められた人間の共通点が見当たらないと言い切り、皆再び重い表情に・・・。

その時、室内のテレビが突然点灯し、仮面をかぶった男の映像が映し出されました。

「エブリバディ!時空の館へようこそ!」

 

集められた人たちのことを「選ばれた方々だ」と呼ぶ仮面の男は、全員に王様ゲームの参加を言い渡します。「たった1人の勝者は世界の王様になれる」という男の言葉に、ヤクザ風の男は「なめとんのか!?」といきり立ち、スウォルツがそれをなだめ言い争いに・・・。

皆が怪訝そうな顔をする中、1人ソウゴだけが笑顔になり、乗り気の様子。小さい頃からの夢である「王様になる」ことが達成できそうで喜ぶソウゴを、オーラは「バカバカしい・・・」と否定します。

そんな様子を知ってか知らずか、仮面の男は最初のゲーム「椅子とりゲーム」を宣言しました。ルールは10分以内にテレビのある広間以外の場所から1脚ずつ椅子を持ってくる、というもの。

次の瞬間、テレビの画面が時計に切り替わり、10分間のカウントダウンが始まりました。困惑するユウスケや、そんなことはしないと言い張るヤクザ風の男とは裏腹に、ソウゴは皆にゲームの参加を促したのです。

 

各々、洋館の内外を探し、次々と椅子を見つけていく中、ヤクザ風の男だけはその場を動かず、椅子を探そうとしませんでした。ついにカウントダウンが終了したその時、再び画面に移った仮面の男は罰ゲームと称し、部屋の姿見からアナザー龍騎を呼び寄せ、ヤクザ風の男を襲わせたのです!

驚く一同に、ヤクザ風の男は慌てて洋館の外へと逃げ出しました。しかし、すぐさまアナザー龍騎に追いつかれると、その命を吸われてしまったのです。

ソウゴたちが駆けつけた時にはアナザー龍騎も去った後で、絶命したヤクザ風の男が横たわっているだけ・・・。オーラが悲鳴を上げ、主婦が腰を抜かす中、カバンを大事そうに持つ老人はミサやスウォルツに札束を渡し、自分の味方をするよう動き始めます。

いきなり札束を渡され戸惑うミサから主婦が札束を奪い取る中、ソウゴはヤクザ風の男に近寄り、戸惑いの表情を浮かべました。海は荒れ狂い、これから先に皆の運命を予感させるような幕開けとなったのです・・・。

 

その夜、皆は洋館の広間で重苦しい空気の中過ごしていました。まだ現実を受け止め切れないオーラは、参加者をドッキリのエキストラだと決めつけ、いつの間にかテーブルの上に置かれていた紅茶を口にしたのです。

同じく紅茶を口にしていたスウォルツとは逆に、ウールは「何が入っているかもわからない」と警戒心を解こうとしません。ユウスケは王様ゲームを仕掛けた張本人は本気であること、本当に最後の1人になるまでゲームが続くことを話しました。

しかし、その目的まではわからず、ソウゴも「楽しいゲームだと思っていたのに・・・」と落胆してしまいます。老人は「金ならいくらでも払うから出してくれ!」と言い、主婦も現実逃避を始めてしまう始末・・・。

その時、再びテレビの画面から仮面の男が皆に話しかけました。仮面の男のやり口を卑怯だと話すミサでしたが、その言葉を無視するように、仮面の男は次のゲーム「鍋取りゲーム」を宣言したのです。

 

椅子取りゲームと同じ要領で、洋館内の鍋を持ってくるよう命令する仮面の男。館内の鍋の取り合いで徐々に参加者の醜さが露わになってくる中、主婦以外の全員が鍋を持参することに成功しました。

主婦もヤクザ風の男と同じく、鏡の中から現れたアナザー龍騎に命を吸い取られ、息絶えてしまいます。ソウゴたちが主婦の遺体を発見する中、突如女子高校生の悲鳴が響きわたりました。

駆けつけたユウスケとスウォルツが見たのは、扉を開けようとした際に背中を刃物で刺され、うつぶせになって倒れている老人の姿でした。どうやら、仮面の男以外に殺人者が紛れ込んでいるようだったのです・・・。

その時、扉の向こうから1人の男:門矢士が現れました。

「久しぶりだな・・・ユウスケ」

RIDER TIME仮面ライダーディケイド第1話の感想

「RIDER TIME 仮面ライダーディケイドvs 仮面ライダージオウ ディケイド館のデス・ゲーム」第1話は、洋館に集められたソウゴたちが、王様ゲームを通じて命の奪い合いが始まってしまうという、サスペンス風な幕開けとなりました。

タイムジャッカーの3人がそれぞれのキャラクターをある程度引き継ぎつつも、普通の服装をしているのが新鮮でしたね。

しかし、初回で3人の命が奪われるという事態、さらには仮面の男以外の殺人犯もいる可能性があるという、非常に気になる展開となってきました。

最後に出てきた門矢士が、第2話のストーリーでどのように関わってくるのか、とても気になります!

RIDER TIME仮面ライダーディケイド第1話の考察

ここまで「RIDER TIME 仮面ライダーディケイドvs 仮面ライダージオウ ディケイド館のデス・ゲーム」第1話の内容と感想についてご紹介してきました。

約13分の作品でしたが、本編の流れと合わせた内容で見ごたえは十分でしたね。

一方、仮面の男の正体や殺人犯が誰なのかといった謎も生まれ、第2話の配信がとても気になる展開となりました。

ここからは第1話で生まれた謎と、第2話のストーリー予想を含めて考察していきたいと思います。

仮面の男の謎と殺人者を考察

まずはやはり、仮面の男の正体が誰なのかを考えなくてはなりませんね。

アナザー龍騎を使役する人物ということで、タイムジャッカーの3人が参加者側として登場してはいますが、タイムジャッカーが正体である可能性は考えるべきでしょう。

仮面の男が参加者側の人間だとすれば、老人を刺した犯人も同じか、あるいは共犯者である可能性も出てきます。

老人の第1発見者はミサなので、ミサの自作自演という可能性も否定できませんが、王様ゲームで老人を助けようとしたミサの言動からすると、老人を襲う動機に欠けると言わざるを得ません。

次回予告から士の活躍を予想

そして、そもそもなぜソウゴたちがこのような洋館だけの孤島に集められたのか、という謎も残ります。

ライダー作品に関係する俳優陣ばかりという、作品外での共通点はあるのですが(笑)、ストーリー上では接点がない人物ばかりというのも気になりますね。

次回予告では過去に同じゲームが繰り返されていること、真実のソウゴが仕組んでいることが明らかとなり、物語の真相に迫るようです。

士の登場で真実のソウゴに迫る展開が期待でき、どんな結末へと向かって行くのか楽しみですね!

まとめ:士が真実のソウゴに迫る展開が予想される!

今回は「RIDER TIME 仮面ライダーディケイドvs 仮面ライダージオウ ディケイド館のデス・ゲーム」の第1話についてご紹介いたしました。

突如始まった王様ゲームに巻き込まれたソウゴたちは無事に脱出できるのでしょうか?

そして、士は真実のソウゴに迫り、仮面の男を含めた謎を解き明かせるのか、注目です。

第2話の内容は以下の記事でご紹介していますので、ぜひご確認ください!

第2話の内容はこちら!