仮面ライダーゼロワンの第41話「ナンジ、隣人と手をとれ!が放送されました!

仮面ライダーゼロワン第40話は仮面ライダーゼロツーの誕生が描かれた回になりました。

 

前回放送の内容はこちら!

 

第41話は或人と滅が手を取るかもしれない展開が見られそうな予告が流れましたね!

今回は仮面ライダーゼロワン第41話のネタバレと考察、気になる今後の予想について解説していきます。

仮面ライダーゼロワン第41話のネタバレ・予想と考察

仮面ライダーゼロワン第40話は仮面ライダーゼロツーが初登場した回になりました。

アークを上回る予測で攻撃をいなし、雷からアークの意識を弾き飛ばしたのは爽快でしたね。

イズの涙と、ゼアがイズの中にあることも驚きましたが、だからこそ或人の思いがアークを乗り越えたと言っても過言ではありません。

続きが非常に気になる第41話について、早速見ていくことにしましょう!

第41話「ナンジ、隣人と手をとれ!」の内容

仮面ライダーゼロツーとなりアークゼロを倒した或人。雷に憑依していたアークは消えましたが、衛星がある限りアークは何度でも蘇ると滅が言い残し立ち去っていきました。

雷とともに滅亡迅雷.netのアジトに戻ってきた滅。正気を取り戻した2人に亡が声をかけると、上記の言葉を再び口にしたのです。

一方、破壊された飛電製作所の跡地から、ヒューマギアのプログライズキーを回収する或人。今後について唯阿が尋ねると、或人は夢のためにやり直すだけだと答えました。

或人は滅亡迅雷.netや迅の仲間も救うことを考えていたのです。諫も「それがお前のルールだからな」と或人を肯定しました。

 

その時、街から大きな爆発音が・・・アークが都市機能をハッキングし、次々と街を破壊していたのです。飛電インテリジェンスではそのニュースを聞いた垓が複雑な表情を浮かべ、福添と山下はただ焦るばかり・・・。

そこに、イズがやってきました。イズは垓に「提案がある」と呼びかけ・・・。

一方、滅亡迅雷.netではアークからの指示がないことに皆苛立ちを隠せない状況となっていました。亡は「もしアーク1人で街を破壊するのなら滅亡迅雷.netの意味は・・・」と不安を吐露します。

もう我々は用済み・・・憤る雷に、滅はアークがいずれヒューマギアを導くはずだと答えます。しかし、そこに現れた迅は「アークを信じるな」と忠告したのです。

 

迅は滅亡迅雷.netの3人に向かい、僕が悪かったと突然謝りました。水中に沈んだアークを復活させれば、自らの意思で活動できるようになると思っていたこと、しかしそれもアークは全て予測していてこのような事態になったこと・・・自らが甘かったと迅は話したのです。

迅は「飛電或人ならアークを超えられる」と3人に話しました。それを否定する滅に、なぜ或人が雷を破壊しなかったのか迅が尋ねると、滅も口ごもってしまいます。

その時、突如アークによるハッキングが止まりました。いよいよアークが滅亡迅雷.netに命令すると期待した滅は、人類滅亡こそが我々の使命だと迅に言い放ちます。

アークはヒューマギアを利用しているだけだと即座に否定する迅に、滅は迅が求める自由の先に何があるのかと問いかけました。その先に夢があり、自分の意思で生きることを話す迅に、滅は「アークの意思に逆らうものは廃棄する」と戦い始め・・・!

 

滅に襲われた迅も変身し応戦しますが、滅の攻撃にやられ変身を解除してしまいます。とどめを刺そうとする滅でしたが、その時、迅が問いかけました。

「僕を滅ぼすんだ・・・。それがアークの意思なのか?それとも、滅自身の意思なのか!?」

「これが、アークの・・・。いや・・・」

迅の言葉に戸惑う滅。ついにとどめを刺さず、滅はその場から立ち去っていきました。

 

その頃、破壊された街では避難民がどんどん増えていく一方・・・。対処に悩む唯阿や諫に、或人は応援を要請していると話します。

人手不足なのに応援が来るなんて・・・そう諫が話した時、イズが戻ってきました。或人はイズに頼み、垓の許可で停止していたヒューマギアを再稼働するよう働きかけていたのです。

しかし、イズからの提案に「私にはできない」と垓は断ったのでした。窮地を乗り越えるには飛電インテリジェンスの力が必要・・・困った或人でしたが、イズは垓の方から提案があったことを話します。

その提案とは・・・垓は飛電インテリジェンスの緊急役員会を開き、自ら飛電インテリジェンスの社長を辞任することを言いました。そして、後任に或人を指名したのです。

 

驚く役員たちの前で、或人は世界中の人の困難を乗り越えるため、人とヒューマギアが協力するしかないことを説きました。

「もう一度信じてもらえませんか、ヒューマギアの心を」

或人の熱意に、福添は「その言葉を待っていたよ」と握手を求めました。こうして飛電インテリジェンスの社長に復帰した或人は翌日に声明を発表したのです。

声明で或人はすべての元凶がアークであることを公表し、今こそ人とヒューマギアが一致団結し手を取り合うべきだと説明しました。いつか人とヒューマギアが笑い合える日が来ると確信している・・・その或人の言葉を受け、各地で稼働を再開したヒューマギアが活躍し、復旧作業が進められていったのです。

 

働くヒューマギアを眺める諫の下に亡が現れました。「何しに来た?」と警戒する諫に、亡は「わからない・・・私たちは何のために存在するのですか?」と質問をしたのです。

そんな亡に「お前はもうわかっているはずだ」と諫は答えました。同じ頃、宇宙野郎・昴の下に雷が現れ・・・。

一方、滅も保育士型ヒューマギアと遊ぶ子どもたちを眺めていました。攻撃を仕掛けようとする滅でしたが、或人の言葉を思い出し、その手がなかなか動き出そうとしません。

「もう思い出してるんだろ?」

 

声をかけたのは迅でした。かつて自身を庇った行動は滅自身の意思だったと話す迅。まだそのことを否定する滅に、突如アークが「新たな結論を予測した」と通信してきたのです。

アークの導きを求める滅でしたが、アークの結論は非情なものでした。

「もうヒューマギアは必要ない。すべて滅ぼす」

アークは滅の体を乗っ取り、迅を攻撃!吹き飛ばされた迅は追い詰められ、滅の持つ刀でとどめを刺されてしまいそうになりました。

 

その時、滅の体が固まり、迅は助かったのです。滅の意思がアークに抵抗していたのでした。

「どうして・・・ヒューマギアを滅ぼす!?」

「私の意思に背く気か、滅!お前にそんなことはできん!」

滅はアークの意思をはねのけ、正気に戻りました。アークは迅に憑依し、アークゼロに変身したのです。

 

現場に駆け付けた或人の前で、滅は「ヒューマギアこそこの星の主!滅ぶのはアーク、お前だ!」と宣言。アークと戦うのは俺の意思だ、と話す滅は「迅を助けるぞ、アークを超えて見せろ!」と或人に共闘を呼び掛けたのです。

ゼロツーに変身した或人とともに、アークゼロに立ち向かう滅。アークゼロの行動を予測して優位に立つ或人と連携し、スティングディストピアとゼロツービッグバンで迅からアークの意思を弾き飛ばし、破壊したのです。

「まだだ・・・全てのヒューマギアを初期化して・・・何!?」

破壊されたアークは乗っ取った衛星ゼアに戻り再起を図ろうとしますが、昴と雷の手でゼアが破壊されてしまいました。「こんな結論はあり得ない!」と話すアークでしたが、ゼアの爆発に飲まれ消滅してしまったのです。

 

意識を失った迅を抱えた滅は、或人に向かって「お前のおかげで俺にも夢ができた」と話しました。滅の言葉に「だったらうちの会社に来るか?」と誘う或人でしたが、その答えは意外なものだったのです。

「俺の夢は人類滅亡だ。人間に悪意がある限り、いつかまたアークが生まれるかもしれない」

人類がいる限りヒューマギアに安息は来ないと話す滅は、或人の前から姿を晦ましたのです。

「人類はやはり滅ぶべき存在だ・・・」

第41話の考察:アークが衛星ゼアとともに爆発!滅との最終決着はどうなるのか

仮面ライダーゼロワン第41話は、滅と共闘してアークを倒したシーンが描かれた回になりました。

アークがヒューマギアの破壊を選んだことで、滅が或人と共闘することになったのは意外でしたね。

そして、まさかの衛星ゼア破壊・・・雷と昴の行動も驚きの連続でした。

アークを滅ぼすためにはこれくらいやらないといけないのでしょう・・・。

 

一方、戦いを終えた後の滅の言葉は不安が残るものでしたね。

やはり滅にとって人類滅亡という夢が最優先されるのでしょう。

或人は滅の行動を止められるのか、迅はどう行動するのか気になるところです。

仮面ライダーゼロワンも残り4話と佳境に入りましたので、毎回見逃せません!

放送を見たファン・視聴者の感想まとめ

放送を見たファンの反応はどうだったのでしょうか?

滅がアークの意思に抗ったのは驚きの展開でしたね。

或人が飛電インテリジェンスの社長に復帰・・・確かに垓が再起動するのは筋が通りませんからね!

昴と雷の再開・・・まさかの大仕事をやってのけたのはビックリでしたね!

仮面ライダーゼロワン第41話を見逃した時の動画視聴方法

今回は仮面ライダーゼロワン第41話についてお伝えしてきました。

 

各仮面ライダーのストーリーや出演俳優の現在についてはこちらの記事で適宜まとめています。こちらのチェックしてみましょう!