仮面ライダーセイバーの第8話「封印されしは、アーサー。が放送されました!

仮面ライダーセイバー第7話は倫太郎の3冊変身と飛羽真がアヴァロンで新たな力を手に入れた回になりました。

 

前回放送の内容はこちら!

 

第8話は飛羽真に試練が訪れる回になることが発表されました。

今回は仮面ライダーセイバー第8話のネタバレと考察、気になる今後の予想について解説していきます。

仮面ライダーセイバー第8話のネタバレ・予想と考察

仮面ライダーセイバー第7話は倫太郎の3冊変身と飛羽真の新しい力が描かれた回になりました。

苦しい修行を経て3冊変身をものにした倫太郎の強さは素晴らしかったですね。

飛羽真もアヴァロンでアーサー王の力を手に入れましたが、同時に試練が始まるという言葉を聞き、不安を拭えないようです。

続きが非常に気になる第8話について、早速見ていくことにしましょう!

第8話「封印されしは、アーサー。」の内容

アヴァロンでキングオブアーサーライドブックを手に入れた飛羽真。しかし、力は使えたものの、この力に認められたのかのかどうかという点で飛羽真に迷いが生じていました。

悩む飛羽真に、謎の男は「真の力を引き出すのはお前次第だ」と言い、白いブックを手渡します。「真の力が解放された時、また会おう」という言葉を残し消えた謎の男の言葉を背に、飛羽真はアヴァロンを後にしました。

一方、カリバーの足止めをしていた賢人は圧倒的な力の前に地に伏していました。飛羽真が力を手に入れたことをに気づいたカリバーは「もはやここにいる意味はない」と立ち去ろうとします。

「なぜ仲間を裏切った?答えろ!」と叫ぶ賢人に「いずれ分かる」とのみ返したカリバー。その後、飛羽真に助けられた賢人でしたが、迷いを感じている飛羽真の表情に気づき・・・!

 

ノーザンベースに帰ってきた倫太郎たち剣士の輪に、芽依も紛れ込んでいました。ノーザンベース内ではしゃぐ芽依をよそに、キングオブアーサーの力を手に入れた飛羽真は哲雄にアヴァロンで手に入れた2つのワンダーライドブックの計測を依頼します。

しかし、強大な力を持つ2つのブックの計測ができなかったと哲雄は話しました。その言葉に、飛羽真は「俺にはこの力を使いこなせないのかも・・・」と弱気な発言をしてしまいます。

いつもと違う様子の飛羽真に、倫太郎は相談してほしいと声をかけますが、その後も飛羽真はどこか上の空な気持ちでいました。そんな時、メデューサメギドを倒したのに消えた街が1つしか戻っていないとの報が届きます。

現場に向かった剣士たちの前に、2体のメデューサメギドが現れました。実はもともと3姉妹だったメデューサメギドの1体を倒したに過ぎなかったのです。

 

戦い始める剣士たちの前にカリバーも参戦。飛羽真にキングオブアーサーの力を見せるよう迫ります。

戦い始める飛羽真でしたが、迷いの中にある飛羽真は苦戦。力を奪おうとするカリバーの前に倒れ込んでしまいました。

メデューサメギドも加勢し絶体絶命のピンチ!その時、亮がメデューサメギドの邪眼から飛羽真を救いました。

しかし、その代償に亮が石にされてしまったのです・・・。俺のせいだと再び立ち上がる飛羽真でしたが、破れかぶれの攻撃は通用せず、倫太郎の制止もあって一旦撤退を余儀なくされてしまいました。

 

ノーザンベースに帰ってきた剣士たちは亮が石にされたことで暗い表情。亮を迎えに出たそらに、飛羽真は自分のせいで石にされてしまったことを自ら報告し、その場を立ち去ってしまいます。

飛羽真の迷いが力を手に入れたことに対する責任感によるプレッシャーだと話す哲雄。ソフィアもその苦しみを乗り越えられるのは本人だけだと倫太郎たちに話します。

一方、本屋に戻った飛羽真を追いかけたそらは、飛羽真に「大丈夫!」と話しかけていました。亮のことを信じるそらの元気で、飛羽真もようやく笑顔を取り戻します。

次は勝つと約束してと話すそらに、亮とも約束したと話す飛羽真は力強く答えました。その時、剣士たちの顔が浮かんだ飛羽真は、一番大切なものが見えていなかったことに気づき、いきなりペンを手に取ったのです。

 

自分は小説家であることを思いだした飛羽真は、仲間たちを紡ぐ物語を書くことに専念。石化がすすむ2つの街を救うべく、倫太郎たちに協力を申し入れます。

飛羽真の作戦で4人一緒に現場へ向かう剣士たち。現れたレジエルとメデューサメギドを前に戦いを挑みます。

カリバーも参戦し飛羽真を狙いますが、ここで飛羽真の作戦が幕を開けました。カリバーの相手を連携が上手い賢人と蓮の2人に任せ、倫太郎にレジエルの足止めを依頼します。

飛羽真の真の狙いはもう1体のメデューサメギドを同じ場所に呼び寄せること。同時に2体倒せば、2つの街を一度に救えるというものだったのです。

 

かくしておびき寄せられたメデューサメギドと対峙する飛羽真。すでに自分はキングオブアーサーよりもっと強い力を持っていたと理解した飛羽真に、迷いはありませんでした。

信頼できる仲間たちの力という強大な力に気づいた飛羽真に答えるように、キングオブアーサーライドブックが光ります。アーサー王も仲間を信じたから戦えたと話す飛羽真はセイバードラゴンアーサーに変身し、メデューサメギドを1体撃破しました。

怒ったもう1体のメデューサメギドが巨大化すると、飛羽真もさらにキングオブアーサーの力を解放。なんと、巨大な剣が剣士に変形し、さらにセイバーを剣代わりに振るい始めたのです!

驚きつつも剣としての役目を果たした飛羽真は、無事に巨大剣士が放ったキングスラッシュでもう1体のメデューサメギドを撃破することができました。こうして、街だけでなく、石化してしまった亮を救うことにも成功したのです。

 

元に戻った亮とそらがノーザンベース内で再会しました。メデューサメギドを倒した剣士たちの働きは全部自分のおかげだと上機嫌に話す亮にツッこむ他の剣士たち。

その様子を見ていたソフィアは「いいチームになりましたね」と微笑みます。それに同意した哲雄の手には新たなワンダーライドブックが握られていて・・・!

一方、メギドのアジトで変身を解除していたカリバーは1枚の写真を眺めていました。その写真には、賢人の父とソフィア、そして先代の炎の剣士が並んでいて・・・!

第8話の考察:キングオブアーサーの力を手に入れた飛羽真!カリバーの写真の意味とは

仮面ライダーセイバー第8話は飛羽真がキングオブアーサーの真の力を手に入れた回となりました。

仲間との信頼という力に気づいた飛羽真に答えたキングオブアーサーライドブックの強さは凄かったですね。

まさか飛羽真自身が剣にされてしまうのには驚きましたが、他のワンダーライドブックを使った時も予想だにしない使用をしていると指摘されたことから、ある意味当然だったのかもしれません(笑)

聖剣の呪いも解け、新たな力も手に入れた飛羽真の戦いから目が離せません!

 

一方、最後にカリバーが眺めていた写真のシーンが持つ意味はいろいろと考えさせられるものではなかったでしょうか。

賢人の父とソフィア、先代の炎の剣士が並ぶ写真に、カリバーの変身前の姿が後ろからだけですが映されたのが印象的でしたね。

もしカリバーの正体が賢人の父であれば、あんなにガッチリした体つきで短髪であるはずがありません。

果たしてカリバーの正体は本当に賢人の父なのか、はたまた先代の炎の剣士なのか・・・今後の展開が気になりますね!

放送を見たファン・視聴者の感想まとめ

放送を見たファンの反応はどうだったのでしょうか?

どこかで見たシーンだと思ったら・・・熱い展開ですね!

鎧武記念で登場したお2人!ファンにとっては嬉しい限りです!

なぜこのような不安なツイートが出ているのか、その答えはアーサー王伝説の内容にありました。

詳しくは以下の記事内でご紹介しています!

アーサー王伝説を含む仮面ライダーセイバー内に登場した本の解説はこちら!

仮面ライダーセイバー第8話の続きはこちらの記事でチェック!

今回は仮面ライダーセイバー第8話についてお伝えしてきました。

続きとなる仮面ライダーセイバー第9話についてはこの記事でまとめていますので、気になる方はぜひチェックしてみて下さいね!

次回放送の内容はこちら!

 

各仮面ライダーのストーリーや出演俳優の現在についてはこちらの記事で適宜まとめています。こちらのチェックしてみましょう!