仮面ライダーセイバーの第7話「王の剣、アヴァロンにあり。が放送されました!

仮面ライダーセイバー第6話は仮面ライダー剣斬の初変身が描かれた回になりました。

 

前回放送の内容はこちら!

 

第7話はアヴァロンに迫る飛羽真とカリバーが描かれる激闘の回になることが発表されました。

今回は仮面ライダーセイバー第7話のネタバレと考察、気になる今後の予想について解説していきます。

仮面ライダーセイバー第7話のネタバレ・予想と考察

仮面ライダーセイバー第6話は仮面ライダー剣斬の初変身が描かれた回になりました。

飛羽真を笑顔でバカにする発言が印象的でしたが、その強さは折り紙付きでしたね。

一方、ズオスに敗れた倫太郎の様子や、アヴァロンを巡る飛羽真とカリバーの行動から目が離せなくなりました。

続きが非常に気になる第7話について、早速見ていくことにしましょう!

第7話「王の剣、アヴァロンにあり。」の内容

ズオスに敗れた倫太郎はノーザンベースに戻るなり、リベラシオンに籠ってしまいました。リベラシオンの中は時間の流れが違うので体に負荷がかかってしまうことを聞いた飛羽真は、命の保証がない場所に向かった倫太郎の行動に驚きます。

「そこまでしても守りたいものがあるのでしょう」と話すソフィアの言葉に、飛羽真も大切なものを守るためアヴァロンに行くことを宣言。自身がこれまで調べてきたアヴァロンへの行き方をソードオブロゴスの面々に説明し始めました。

「世界が解ける時、眩い光と二匹の竜が重なり、世界の谷間へと道を示す。時の狭間に王が眠る。十三の物語を剣で繋いだ時、世界の狭間へと至る」

世界の谷間・時の狭間・世界の狭間という表現は、それぞれの本で異なった表現をされただけで、示す場所は同じだと話す飛羽真。その異次元の地とは、キングアーサー、つまりアーサー王伝説の中にあり、さらにはアーサー王が向かった地がアヴァロンであることを飛羽真は説明しました。

 

異次元の世界の中にアヴァロンがある・・・。そのことを説明した飛羽真に一同は驚きます。

アヴァロンには今だかつてたどり着けた者はいないと話すソフィア。飛羽真は続けて、このことはカリバーも気づいているはずと話しました。

カリバーの名前に反応する賢人。カリバーとセイバーが戦った時に、互いのベルトが共鳴したのは、それぞれが使用するワンダーライドブックの2匹の竜のせい・・・だからカリバーはブレイブドラゴンを奪おうとしたのです。

賢人も飛羽真に同行したいと話し、飛羽真も快諾します。その頃、やはりカリバーも何やら呪文を唱え、アヴァロンへと向かおうとしていました・・・。

 

アヴァロンへの扉のヒントは剣士の型にあると話す飛羽真。その言葉を聞き、エスパーダに変身した賢人は、本に描かれた型どおりに剣を振るいます。

持っているワンダーライドブックを13冊、つまりそれぞれの物語を剣でつないだ時、世界の狭間へと至るというのです。かくしてアヴァロンが隠された異次元への扉を開いた飛羽真たちですが、同じころ、カリバーもアルターブックを使い、同様にしてアヴァロンへと向かっていたのでした。

異次元の狭間をさまよう飛羽真と賢人。「まばゆい光が世界の谷間に道を示す」の言葉通り、挿しこむ光に向かうと、一面の砂漠と化した異次元にたどり着いたのです。

早速アヴァロンを探す2人。しかし、遅れて到着したカリバーが現れ、目の前で変身したのです。

 

一方、残されたメギドたちはカリバーが動き出した今こそ侵食を加速させるべきと話し合っていました。ストリウスにけしかけられたレジエルはメデューサメギドを生み出し、動き始めます。

そんなことは知らず、いつものように原稿をファンタジック本屋かみやまに受け取りに来た芽依。不在の飛羽真の机から原稿を持ち帰ろうとした時、倫太郎のことを思い出しました。

その倫太郎はリベラシオン内で苦しい修行を続けていたのです。先代の水の剣士:長嶺謙信が扱っていた3冊変身を自身のものにすべく、倫太郎は何度も倒れながら立ち上がっていました。

倫太郎はかつて、師匠に「強い剣士になれるか」と尋ねたことを思い出します。そして「剣の道に終わりはない。努力を怠るな」という師匠の言葉を胸に、「強くなる・・・必ず、師匠の仇を取る!」と、修行を再開したのです。

 

動き出したメギドたちが同時に街を消すという行動をとりました。早速亮がレジエルとメデューサメギドに対峙しましたが、一歩遅く街が目の前で消されてしまいます。

3ヶ所もの街が消されたことを受け、亮だけでなく蓮も現場に向かいました。さらに、消された街の中に芽依も巻き込まれていて・・・!

一方、アヴァロンまでもう少しというところでカリバーと戦うことになった飛羽真と賢人。「力を手にする資格があるのか」と話すカリバーを食い止めようとする賢人に、飛羽真はアヴァロンで決着をつけようと提案します。

飛羽真の機転でカリバーを撒いた2人。アヴァロンが眠るとされる地へと向かいます。

 

その頃、メデューサメギドの能力で、消された街にいた人々は次々と石にされていました。変身しメデューサメギドと戦い始める亮と蓮でしたが、そこにズオスが乱入し雲行きが怪しくなります。

さらにはレジエルも怪人になっただけでなく、倒したはずのデザストも復活しており、数の上では圧倒的に不利に。おまけに、ストリウスが芽依を人質にとったことで2人は大ピンチとなってしまいました。

他方、飛羽真と賢人のところにもカリバーがすぐに追いつき、飛羽真を庇い賢人がやられてしまいそうに。しかし、その時飛羽真の聖剣ソードライバーが反応し、カリバーのベルトと再び共鳴!

まばゆい光と2匹の竜が重なったことで、ついにアヴァロンの扉が開いたのです。賢人がカリバーを何とか足止めし、飛羽真はアヴァロンの中に侵入したのでした。

 

アヴァロンの中に入った飛羽真でしたが、辺りは真っ白で何もない様子。そこに現れた、白いフードを被った謎の男が「大いなる力は探すな」と話しかけます。

「俺は世界を救いたい!」と熱意を話す飛羽真。しかし、男は「探すな!」としか話さず、飛羽真は反抗します。

一方、ストリウスの行動はいらないと話すズオスは、芽依を空高く吹き飛ばし、一口で食べようとしていました。もうダメか・・・その時、修行を終えた倫太郎が助けに入り、芽依は間一髪のところで救出されたのです。

天空のペガサスワンダーライドブックを扱えるようになった倫太郎は、仮面ライダーブレイズファンタスティックライオンに変身!ズオスを撃退すると、続いてメデューサメギドをハイドロ・ボルテックで撃破し、街を元に戻すことに成功しました。

 

その頃、謎の男の言葉に反抗する飛羽真。大いなる力はどこにあるんだと叫び続けますが、男は態度を変えません。

その時、男の「無いと思えばない、あると思えばある」という言葉を冷静に見つめなおした飛羽真。目を閉じると、そこには1冊のワンダーライドブックがあったのです。

キングオブアーサーワンダーライドブックをつかんだ飛羽真は、早速仮面ライダーセイバードラゴンアーサーに変身!目の前に現れた巨大な敵を撃破することに成功します。

しかし、変身を解除した飛羽真は冴えない表情でした。それは、謎の男が「それがお前を認めるかどうか、ここからが試練の始まりだ」という言葉を残したからで・・・!

第7話の考察:倫太郎の3冊変身!飛羽真に降りかかる試練とは

仮面ライダーセイバー第7話は倫太郎の3冊変身が初披露された回になりました。

苦しい修行を経て、先代の水の剣士が扱っていた力を手に入れた倫太郎のスゴさが印象的でしたね。

芽依にとってもまさに白馬の王子様となったことでしょう。

飛羽真にとっても心強いニュースだったのではないでしょうか。

 

そして、飛羽真にも新たな力が宿ったことが印象的でしたね。

アーサー王伝説の力を手に入れた飛羽真は、セイバーへの変身もできるようになり、当初の目的は果たせたものと思います。

一方で、強大な力を手に入れたことで「試練が始まる」ことを知った飛羽真は不安も覚えてしまいました。

果たして飛羽真に降りかかる試練とは何なのか、次回の放送が楽しみですね!

放送を見たファン・視聴者の感想まとめ

放送を見たファンの反応はどうだったのでしょうか?

ネタにされたり王子さまになったり・・・今作の2号ライダーも目が離せませんね(笑)

完全に獣ですね・・・(笑)

既視感あふれる場所で良かったです(笑)

仮面ライダーセイバー第7話の続きはこちらの記事でチェック!

今回は仮面ライダーセイバー第7話についてお伝えしてきました。

続きとなる仮面ライダーセイバー第8話についてはこの記事でまとめていますので、気になる方はぜひチェックしてみて下さいね!

次回放送の内容はこちら!

 

各仮面ライダーのストーリーや出演俳優の現在についてはこちらの記事で適宜まとめています。こちらのチェックしてみましょう!