仮面ライダーセイバーの第29話「その時、剣士が動いた。が放送されました!

仮面ライダーセイバー第28話はこれまでの振り返りと新たな剣士の登場などが描かれた回になりました。

 

前回放送の内容はこちら!

 

第29話は新ライダー:仮面ライダーデュランダルが初登場するという、注目回になることが発表されました!

今回は仮面ライダーセイバー第29話のネタバレと考察、気になる今後の予想について解説していきます。

仮面ライダーセイバー第29話のネタバレ・予想と考察

仮面ライダーセイバー第28話はこれまでの振り返りと新たな展開が描かれた回になりました。

マスターロゴスの部下として、玲花の兄である新たな剣士が登場するという、怖い展開が待っているようですね。

さらに、賢人に聖剣を封印されてしまった蓮の行方も気になる要素として描かれました。

続きが非常に気になる第29話について、早速見ていくことにしましょう!

第29話「その時、剣士が動いた。」の内容

いつものビルの屋上。倫太郎は芽依に、直近で飛羽真と会った時のことを話していました。

「物語の少年を救いたい」という無茶苦茶なことを話していた飛羽真でしたが、結果的に少年を救いプリミティブドラゴンの暴走を克服したことに、倫太郎は感心していました。飛羽真の行動を受けた倫太郎は「今度は僕の番です」と芽依に決意を語ったのです。

「心が決まりました。飛羽真君と一緒に戦います!」

倫太郎の言葉に喜ぶ芽依。しかし、倫太郎はその前に組織の剣士としてけじめをつけると話し、芽依も「エクレア用意して待ってるから」とその行動を認めたのです。

 

その頃、サウザンベースではマスターロゴスが次なる標的について話をしていました。玲花を前に話すマスターロゴスは、その目標がノーザンベースに眠る本だと伝えます。

玲花は飛羽真たち以外に活動を開始したカリバーのことを気にしていました。しかし、玲花の憂いをある男が否定したのです。

声の主は神代凌牙・・・玲花の兄でした。「問題ない」と話す凌牙に笑みを浮かべる玲花、そしてマスターロゴスも不敵な笑みを浮かべながら恐ろしいことを口にしたのです。

「重要なのは聖剣・・・剣士自体は必要ありません」

 

一方、飛羽真はノーザンベースに戻ってきた芽依から倫太郎が仲間になるという話を聞いて喜んでいました。しかし、倫太郎がけじめをつけるために一緒に来なかったことを行くと一同は表情を一変。

倫太郎のいうけじめ・・・それは組織の中にいる敵を見つけるということ。1人で危ない橋を渡ろうとする倫太郎を察知した飛羽真たちは、急いでサウザンベースに行かなければと考えます。

しかし、今や亮や哲雄のもつブックゲートは力を失い、サウザンベースに侵入できません。困り果てる飛羽真たちに、ユーリが方法ならあると声をかけます。

ユーリが話す「古い友人」がサウザンベースに入った光の道を探すことで、侵入ができるというのです。ただし行けるのは1人だけ、という言葉に、飛羽真は迷わずユーリに従い、入り口を探しに向かうのですが・・・。

 

その頃、けじめをつけにサウザンベースに戻った倫太郎は、サウザンベース内を歩く玲花を尾行していました。と、ある壁の前に立ち止まった玲花は、ブックゲートで壁の向こう側に入っていったのです。

壁に近寄り盗み聞きする倫太郎。その中では玲花とソフィアの会話が聞こえてきたのでした。玲花はソフィアに「人間を創造する秘術が記された本」のありかを尋ねていたのです。

しかし、ソフィアは今までと同様に口をつぐんだまま・・・。玲花はこれが最後の忠告だと話し、次は無いとソフィアを脅したのです。

その会話の一部始終を聞いた倫太郎は愕然とします。ソフィアのことや組織の敵のことを気づかず、壁に向かって謝った倫太郎は、ソフィアを必ず助けると決意を新たに、ある場所へと向かったのです。

 

時を同じくして、剣の姿になったユーリに捕まり、空を飛び回っていた飛羽真はサウザンベースに到着。ようやく侵入する経路を発見できたのです。

しかし、すでに倫太郎はマスターロゴスに謁見していました。裏切り者は玲花だとマスターロゴスに報告した倫太郎でしたが、マスターロゴスは「玲花は組織に忠実な剣士だ」とそれを否定。

そればかりか、全知全能の書を復活させ、その力をマスターロゴス自らが手にすることを宣言したのです。組織の理念に反するという倫太郎の言葉に対し、マスターロゴスは「そんなものに意味はない」とこれを一蹴したのでした。

「世界は私が正しく導く!私にはその資格がある」

 

マスターロゴスの言動に、倫太郎は「賢神たちは知っているのか」と尋ねました。しかし、なんとマスターロゴスは「老いぼれ共は消した」と賢神たちを消し去ったことを明かしたのです。

その言葉に倫太郎は愕然。と同時に、倫太郎の怒りは頂点に達しました。

「なんてことを・・・組織の正義をゆがめるものは絶対に許せません!たとえマスター・・・あなたであっても!」

怒りのままに剣を抜き、マスターロゴスに切りかかろうとする倫太郎。しかし、すぐさま凌牙が現れ、倫太郎の攻撃を止めたのです。

 

「マスターへの反逆は重罪」と話す凌牙は仮面ライダーデュランダルに変身。その能力で別室へと瞬間移動し、倫太郎への攻撃を開始しました。

倫太郎も仮面ライダーブレイズに変身。自分が信じてきた、一片の曇りなき組織に命を預けているという覚悟で立ち向かっていったのです。

しかし、デュランダルの能力である瞬間移動で倫太郎は翻弄され続ける一方。その能力はサウザンベース内を捜索していた飛羽真にも及び、組織内で異変が起こっていることを察知したのです。

ユーリと二手に分かれ捜索を開始した飛羽真。次の瞬間、飛羽真は倫太郎を発見しましたが、その姿はすでにデュランダルに倒されボロボロの状態となっていたのです。

 

デュランダルと対峙した飛羽真はプリミティブエレメンタルドラゴンに変身。デュランダルの瞬間移動能力で何度も斬られますが、飛羽真もエレメントの力で攻撃自体を無効化し、勝負は拮抗します。

凌牙は飛羽真の能力を察知すると、今度は倫太郎を人質にとりました。そして、飛羽真が持つ聖剣とブックをすべて渡すよう脅したのです。

目が覚める倫太郎は、自らが人質となり、凌牙が飛羽真に迫っていることを知り驚きます。飛羽真は凌牙の言う通り、変身を解除しました。

自らを助けに来た飛羽真に「どうして!?」と叫ぶ倫太郎。飛羽真は仲間として、友人として倫太郎を救いに来たと告げました。

 

「僕は組織を信じてたんです・・・組織が僕の全て・・・家族だった。でも、すべて・・・全て幻想だった・・・」

倫太郎は自らの思いの丈を語り始めました。

「僕は今まで!何のために戦ってきたんだ!?」

飛羽真の足手まといになりたくないと話す倫太郎は、組織なんてすべて壊してほしいと飛羽真に頼みます。しかし、飛羽真はそれが倫太郎の本心ではないことを見抜いていました。

 

「それは本気で言ってるのか?」

飛羽真の問いかけに倫太郎は答えます。

「本気なわけないじゃないですか!僕は悔しいんです・・・僕は組織を正したい」

倫太郎の本音を聞きだした飛羽真。倫太郎の言葉に、飛羽真は答えます。

 

「違うだろ・・・俺たちが組織を正す、だろ?」

時間切れだと話す凌牙は、倫太郎に向かって剣を振り下ろそうとします。しかし、飛羽真はそれを制止し、自らの聖剣とブックを足元に置いたのです。

飛羽真の行動に「なぜ僕なんかのために・・・」と話す倫太郎。飛羽真は「倫太郎と一緒に戦いたいんだ!」と叫びました。

倫太郎の誰にも負けない信念をもつところを尊敬していると話した飛羽真は、どうしても倫太郎と一緒に戦いたいという思いを口にしました。飛羽真にはこの状況を打破するための秘策があったのです。

 

影で潜むユーリと目くばせする飛羽真。凌牙が飛羽真の聖剣とブックを奪うと、約束を破り倫太郎に切りかかろうとします。

と、次の瞬間ユーリが間に入り、凌牙の目を晦ましました。隙を突いた飛羽真は倫太郎を救出し、さらにブックと聖剣をも取り返すことに成功したのです。

急いで倫太郎のブックゲートを使い、脱出を試みる飛羽真たち。しかし、凌牙は瞬間移動能力で飛羽真を背後から斬りつけたのです!

重傷を負った飛羽真を抱きかかえる倫太郎。ユーリはエックスソードマンとなり、凌牙と戦い始めます。

 

何とか凌牙を食い止めようとするユーリでしたが、デュランダルも手ごわくその力は拮抗。倫太郎も加勢しようとしたその時、飛羽真が倫太郎にエレメンタルドラゴンのブックを渡したのです。

その能力を使った倫太郎は、水のエレメントを強化し凌牙を怯ませました。そして、3人とも何とか脱出することに成功したのです。

ユーリが飛羽真の治療に当たりますが、結界が解けている今、サウザンベースから追手が来たら一たまりもない・・・。と、その時「心配ありません」という女性の声が。

声の主はソフィアでした。「何者もこのノーザンベースに入ることはありません」と話すソフィアは、何とカリバーに変身した賢人に救出されていて・・・!

第29話の考察:仮面ライダーデュランダル登場!賢人の行動の真意は

仮面ライダーセイバー第29話は新ライダー:仮面ライダーデュランダルが初登場した回になりました。

聖剣の能力で瞬間移動するのは、まさにチート級の強さでしたね。

飛羽真もエレメントの力で意図せず無力化したのがまた驚きでしたが、まさに強敵と呼ぶにふさわしいライダーであることは変わりありません。

飛羽真はともかく、倫太郎たち他の剣士はどう立ち向かっていくのか・・・今後の展開に注目です。

 

そして、倫太郎が飛羽真たちのところに戻ってきたのは大きなポイントですね。

ついにマスターロゴスが黒幕だったことも知り、倫太郎が戦う理由も飛羽真とともにいることで果たされるものとなりました。

さらにはソフィアがノーザンベースに戻ってきたことも大きなポイントとなるのですが、救出したのはカリバーとなった賢人であることが引っ掛かりますね。

賢人の行動の真意は何なのか、今後のストーリーに大きな影響を及ぼすことでしょう。

放送を見たファン・視聴者の感想まとめ

放送を見たファンの反応はどうだったのでしょうか?

賢人がソフィアを救出した理由・・・気になりますね。

海の力をモチーフにした剣士・・・水を操る倫太郎がそっちのモチーフだったほうが良かったのではと思いました^^;

強さからくる余裕なのか・・・若干ご都合主義が見えた感じですね^^;

仮面ライダーセイバー第29話の続きはこちらの記事でチェック!

今回は仮面ライダーセイバー第29話についてお伝えしてきました。

続きとなる仮面ライダーセイバー第30話についてはこの記事でまとめていますので、気になる方はぜひチェックしてみて下さいね!

次回放送の内容はこちら!

 

各仮面ライダーのストーリーや出演俳優の現在についてはこちらの記事で適宜まとめています。こちらのチェックしてみましょう!