仮面ライダーセイバーの第32話「僕の想い、結晶となりて。が放送されました!

仮面ライダーセイバー第31話は倫太郎が復活し、芽依を救出するという展開が描かれました。

 

前回放送の内容はこちら!

 

第32話は倫太郎の新たなフォームが登場する回になることが発表されました!

今回は仮面ライダーセイバー第32話のネタバレと考察、気になる今後の予想について解説していきます。

仮面ライダーセイバー第32話のネタバレ・予想と考察

仮面ライダーセイバー第31話は倫太郎が挫折を乗り越え芽依を救出することができた回になりました。

飛羽真と連携し芽依を救出し、真の意味で飛羽真と仲間になったのは嬉しい限りですね。

一方、芽依が持っていたカギをストリウスに奪われたことで、不穏な展開にならないか不安が募るばかりです。

続きが非常に気になる第32話について、早速見ていくことにしましょう!

第32話「僕の想い、結晶となりて。」の内容

ズオスを追い詰め、ネコメギドから芽依を救った倫太郎の戦いを褒める亮。飛羽真と協力した結果だと報告する芽依も飛羽真も、倫太郎の復活を喜んでいました。

これでマスターロゴスを倒せると息巻く亮に、哲雄も飛羽真の聖剣に起きた変化を解明したいとみな前向きな気持ちに。そんななか、ソフィアはマスターロゴスが全知全能の書を狙うだろうと剣士たちに伝えます。

ソフィアの懸念は的中、同じころ、マスターロゴスがストリウスと話し、ノーザンベースの結界を壊すことを画策していたのです。マスターロゴスはノーザンベース内に眠る全知全能の書の一部を、ストリウスは芽依から奪ったカギも使うことを考えていて・・・。

ついにマスターロゴスの攻撃が開始。攻撃された結界の修復を図ろうとするソフィアでしたが、すでに神代兄妹とメギドが侵入した後だったのです。

 

倫太郎への復讐に燃えるズオスはかつてのレジエルと同様に強化された姿となっていました。絶体絶命の窮地にユーリが帰ってきたことで、飛羽真とユーリは神代兄弟、倫太郎と亮はメギド、哲雄と芽依はソフィアの下に向かうこととなったのです。

ズオスを探す倫太郎と亮でしたが、生身の亮をズオスが不意打ちし、亮は意識を失ってしまいます。倫太郎は変身しズオスと戦い始めますが、圧倒的な強さを前に一方的にやられてしまいました。

その戦いを横目に、ストリウスは自らの目的を果たすべくノーザンベースの奥へと侵入。一方、飛羽真とユーリも神代兄妹に苦戦していました。

凌牙に戦う理由を尋ねた飛羽真に、凌牙は全てはマスターのためだと回答。全知全能の書の使い道も「マスターなら力を良い方向に使ってくれる」とマスターロゴスを妄信して止みません。

 

その回答に、ユーリはなぜメギドと一緒にノーザンベースを襲撃したのかと返しました。ユーリの言葉に玲花は一瞬戸惑いますが、凌牙は「うろたえるな」と声をかけます。

凌牙は玲花に哲雄たちを追撃するよう命令し、1人で飛羽真とユーリに対峙。玲花を追おうとする飛羽真でしたが、煙叡剣狼煙の能力で玲花はすぐに姿を消してしまいました。

一方、ボロボロになった倫太郎に対し、ズオスは「またあの女をメギドにするか」と挑発。悔しがる倫太郎でしたが、その時亮が立ち上がり、ズオスに攻撃を仕掛けました。

哲雄と芽依が玲花に狙われたことを知り、亮はズオスを足止めし、倫太郎に哲雄たちの救出を託したのです。戸惑う倫太郎でしたが、亮の強い言葉を受け現場を後にします。

 

各地で激しい戦いが繰り広げられる中、飛羽真とユーリは凌牙の持つ瞬間移動能力に苦戦。そんななか、飛羽真が凌牙の動きを一瞬読むことができ・・・!

一方、ソフィアのもとにたどり着いた倫太郎でしたが、そこにはすでに聖剣とブックを奪われた哲雄と芽依の姿がありました。一歩遅かったことを悔やむ倫太郎に、ソフィアはズオスが向かってきていると報告。

亮の足止めも空しく、ズオスはもうそこまで来ていたのです。非常事態だと感じたソフィアは全知全能の書の一部を芽依たちに託し、聖剣を持って逃げるよう話しました。

と、その時、ズオスが現れボロボロになった亮を投げつけます。皆を逃がすためズオスを跳ね返そうとするソフィアでしたが、ズオスの攻撃は強力で耐えきることが難しい状況に・・・。

 

ソフィアを置いて逃げ出せない倫太郎に、ソフィアは「あなたは何のために剣を振るうのです!?」と叫びました。次の瞬間、ソフィアが張っていたバリアがズオスに破られ、ついにズオスの攻撃がソフィアに降りかかろうとしたのです。

もうダメか・・・しかし、攻撃はソフィアには届きませんでした。倫太郎がズオスの攻撃を受け止め、ソフィアを救ったのです。

「僕は!僕は絶対逃げません!」

師匠との思い出やソフィアの言葉から、今までは自分の覚悟が足りなかっただけだと語る倫太郎。そして、今自分が守るべきものはここにいる仲間だと叫んだのです。

 

同じころ、飛羽真も凌牙の攻撃を一瞬読んだことで、凌牙の能力が瞬間移動ではないことに気づきました。ユーリが凌牙に倒されるも、飛羽真はその間凌牙の攻撃を観察し、ついに立ち上がったのです。

すでにボロボロの飛羽真に対し、凌牙は倫太郎は弱いと挑発。しかし、飛羽真は叫びます。

「倫太郎は弱くない!あいつは仲間のためなら命を張れる、誰よりも強い剣士なんだ!」

飛羽真の思いに重なるように、ズオスに対峙する倫太郎も負けん気を見せていました。自分の生きる世界は自分の大切な人たちでできていることに気づいた倫太郎は、強い剣士になるんだという思いを叫んだのです。

 

と、その時、芽依が持っていた全知全能の書の一部が光り始めました。光は宙を舞うと、倫太郎の手の中でタテガミ氷獣戦記ワンダーライドブックに変化したのです。

倫太郎は迷わずタテガミ氷獣戦記に変身!ノーザンベースの歴代剣士たちの思いの結晶を感じた倫太郎は逃げるズオスを追撃します。

「謝った道を選び化け物になったお前に、剣士たちの意地が負けるはずがない!」

多才な攻撃を仕掛けた倫太郎は、ついにズオスを撃破することに成功。戦いを終えた倫太郎が亡き師匠に思いを馳せると、どこからか倫太郎の成長を認めた師匠の声が聞こえてきたのです・・・。

 

倫太郎の激闘の裏で、飛羽真も凌牙の攻撃を読み反撃することに成功。倫太郎との約束を守るため、ノーザンベースを守り切る決意を叫びます。

と、その時凌牙にマスターロゴスから撤退命令が下されました。飛羽真の反撃を受け頭に血が上っている凌牙は、最後に一撃を浴びせようとしますが、マスターロゴスの力で強制的に連れ戻されたのです。

何とかノーザンベースを守り切った飛羽真たちは、倫太郎の勝利を心から喜びます。「大切な人を守ることは世界を守ることにつながる」という倫太郎は、新たな力を手に入れ改めて飛羽真とともに歩んでいくことになりました。

その一方で、サウザンベースでは玲花が亮の剣も奪うもノーザンベース攻略がならなかったことをマスターロゴスに詫びていましたが、マスターロゴスは全知全能の書の一部がブックとなり奪いやすくなったことを喜んでいました。マスターロゴスの言動に違和感を覚える玲花、そしてその裏でストリウスがノーザンベース内のある部屋からとある本を見つけていて・・・!

第32話の考察:タテガミ氷獣戦記初登場!ズオス撃破後の展開は

仮面ライダーセイバー第32話は仮面ライダーブレイズの新フォーム:タテガミ氷獣戦記が初登場した回になりました!

強化されたズオスを一方的に攻撃できるほどの強さを誇るフォームで、師匠の仇であるズオスを撃破できたのは感慨深いものがありますね。

ここ数話は倫太郎が中心の回になりましたが、これで一つの区切りがついたように思えます。

飛羽真と再び仲間になり、強大な敵に向かって行く姿を見ることができるのは嬉しいですね!

 

一方、哲雄と亮の聖剣とブック、さらには雷鳴剣黄雷を玲花に奪われたことは懸念すべき点でしょう。

ノーザンベースの全知全能の書の一部をブックに変えるということも含め、マスターロゴスの思惑は着々と進行し、危険な方向へと向かっています。

また、ストリウスもノーザンベース内で新たな本を回収したことで、ズオスを失ったとはいえ、メギド側にも何らかの動きが見えることでしょう。

この状況をどう乗り越えるのか、そのカギはマスターロゴスの行動にやや疑念を抱き始めている様子の玲花が握っているものと思われますね。

放送を見たファン・視聴者の感想まとめ

放送を見たファンの反応はどうだったのでしょうか?

神代兄妹はマスターロゴスの横暴に今後どんな行動を起こすのか、注目ですね。

属性はすべて氷ですが、エレメンタルドラゴンと同じく複数の力を操れるのは非常に強力ですね!

瞬間移動能力に一矢報いた飛羽真はすごいですが、動きを読めるようになった体の異変は気になりますね・・・。

仮面ライダーセイバー第32話の続きはこちらの記事でチェック!

今回は仮面ライダーセイバー第32話についてお伝えしてきました。

続きとなる仮面ライダーセイバー第33話についてはこの記事でまとめていますので、気になる方はぜひチェックしてみて下さいね!

次回放送の内容はこちら!

 

各仮面ライダーのストーリーや出演俳優の現在についてはこちらの記事で適宜まとめています。こちらのチェックしてみましょう!