仮面ライダーセイバーの第22話「それでも、人を救いたい。が放送されました!

仮面ライダーセイバー第21話は仮面ライダー最光の新フォームがお披露目された回になりました。

 

前回放送の内容はこちら!

 

第22話は亮と飛羽真が戦う展開が描かれることが発表されました。

今回は仮面ライダーセイバー第22話のネタバレと考察、気になる今後の予想について解説していきます。

仮面ライダーセイバー第22話のネタバレ・予想と考察

仮面ライダーセイバー第21話は仮面ライダー最光エックスソードマンが初登場した回になりました。

もともと強かったシャドーがさらに強くなった姿とあって、飛羽真にとって強力な味方がさらにパワーアップしたという嬉しい展開となりましたね。

哲雄も一騎打ちを経て飛羽真を認め仲間になることを決めただけでなく、飛羽真のもつ可能性もうかがえるという、明るい展開となったストーリーと言えます。

続きが非常に気になる第22話について、早速見ていくことにしましょう!

第22話「それでも、人を救いたい。」の内容

飛羽真との一騎打ちを経て、哲雄が組織を離れ、飛羽真に協力することになったと報告する亮。その言葉に倫太郎は驚き、蓮も「マジ!?ないわ~」と落胆してしまいます。

一方、玲花は哲雄が飛羽真と同じく、力に魅入られたと口走りました。その言動に、哲雄が飛羽真についた一部始終を見ていた亮は「今の言葉、訂正しろ!」と強く反発。

しかし、玲花は亮と哲雄が以前から仲が良かったことを指摘。亮にまで疑いの目を向けようとします。

亮は売り言葉に買い言葉とばかりに「俺が聖剣と本を回収する!」と宣言。単身飛羽真のもとへ向かって行ったのです。

 

一方、飛羽真はメギドと人間を分離しかけた火炎剣烈火の能力に驚いていました。火炎剣烈火は特別な聖剣だと話す哲雄も、いつか飛羽真が人間とメギドを分離できる力を持つかもしれないと話したのです。

その能力は、人間の犠牲も止む無しと考えるソードオブロゴスの考えを変えるきっかけになるかもしれないものでした。人間の犠牲をいとわないのは今のマスターロゴスの意思だと哲雄が話しますが、一方で情報役となっている玲花が勝手に情報をゆがめているかもしれないというのです。

ユーリも飛羽真と行動をともにしたことで、今は人が世界を作っていること、世界を救うことは人を救うことだということを、少しずつ理解してはじめていました。そんな時、芽依に救出したばかりのマミから連絡が入ります。

芽依は飛羽真を連れ出し、マミのもとへ。その間、哲雄は「剣のことは俺に任せろ」とユーリに怪しげな視線を送り・・・!

 

他方、勝手に複数のメギドを持ち出したにもかかわらず、作戦に失敗し倒されてしまったストリウスをレジエルがあざ笑っていました。貴重なメギドを失ったことに怒りが治まらないズオスは「これで終わりじゃないだろうな」とストリウスに詰め寄ります。

当然、ストリウスも作戦に失敗したわけではない、と余裕の表情。「特別な素材はまだ半分残ってますからね・・・」と意味深な言葉を話したのです。

その頃、飛羽真と芽依は呼び出されたマミから双子の妹であるレミがいなくなったことを聞かされました。ユーリがマミの記憶を消していなかったことに驚く芽依はユーリを叱ろうと哲雄に電話しますが、本屋では哲雄が刀鍛冶としての興奮が抑えられず、剣になったユーリを探るべく暴走し、連絡に気づきません。

飛羽真は「レミがいないと私には何の価値も無い」と話すマミの言葉を聞いていました。双子のフードファイターとして有名になってから、マネージメント方針として双子とも同じ言動をするよう制限され、大食いの勝負も付けるなと言われたことで、2人いないと価値が無い、と思い込んでいたのです。

 

「自分に価値がないなんて、そんなこと絶対ありません!」

飛羽真は落ち込むマミを励まし、レミを救出することを約束しました。一方、保育園に預けていたそらを迎えに来た亮は、そらに「戦わないといけない奴がいる」と話します。

そらは飛羽真が組織を抜けたことを亮に尋ねました。その質問に亮は、自分は組織を止めないと答え、戦い続ける理由があると続けたのです。

亮が戦う理由、それはそらたち子どもや次の世代、そして世界の未来を守るためだというのです。そして、それは1人ではできない大きなことで、仲間が必要だと話し、いつものように「パパは最強の戦士だ」と笑いあったのでした。

 

そんなやり取りを知らず、組織で亮の帰りを待つ蓮は、倫太郎に対し亮が無事に組織に帰ってくることを疑っていると話します。当然、倫太郎は否定しますが、どこか不安が付きまとい・・・。

一方、飛羽真は最近のメギドの動向について考えていました。人間を取り込むメギドの共通点として、ジオラマ好きだった慎吾とマミに接点がないか考えた時、その人が持つ特別な何かがカギになるのではないかと思ったのです。

しかし、次の瞬間、飛羽真の目の前に亮が現れました。飛羽真の持つ聖剣を本をもらいに来たと話す亮に、飛羽真は戦いを避けようとしますが、亮の気迫は強く、一歩も退かない姿勢を崩しません。

「本気で来い!」と仮面ライダーバスターに変身した亮を前に、飛羽真も覚悟を決め戦いを受けることに。バスターの重い攻撃と固い装甲に苦戦する飛羽真は、亮が放った必殺技をなんと真っ向から受け止めたのです。

 

バスターの攻撃に、飛羽真は刀の下敷きになり倒されたと、亮や見守っている芽依も思いました。しかし、瓦礫の下にいたのは、火炎剣烈火で必殺技を受けきった飛羽真の姿だったのです!

芽依は飛羽真が絶命したのではないかと騒ぎますが、亮は飛羽真が生きていることを芽依に告げます。しかし、強力な攻撃を放った亮の手ごたえからして2・3日は目覚めないはずでしたが、なんと飛羽真はすぐに立ち上がり、亮に向かって叫んだのです。

「俺は・・・みんなを・・・救いたい!」

その言葉の直後、飛羽真は立ったまま気を失ってしまいました。亮は飛羽真が落としたキングオブアーサーライドブックを拾い、その場を立ち去っていったのです。

 

戦いを終えた亮がサウザンベースに戻ってきました。キングオブアーサーライドブックを玲花に見せる亮は、役割を果たしたと宣言。

しかし、玲花は聖剣を奪ってきていないことを指摘しました。次は全部回収するよう迫る玲花に、亮も当然の返しが来たとばかりに「わかっている・・・」と答えたのです。

飛羽真と亮が戦っている時、マミのもとにいなくなっていたレミが現れました。驚くマミの目の前で、レミはメギドに変貌し・・・!

一方、本物のレミはビルが囲む迷宮の中をさまよっていました。恐怖にかられるレミでしたが、次の瞬間、マミの声が体内から聞こえ、レミもメギドになってしまったのです・・・。

 

亮との戦いでボロボロになった飛羽真は、本屋まで連れて帰られ、そのまま意識が戻らず横になっていました。芽依が哲雄とユーリを怒る中、意識の無い飛羽真はマミのことを思っているのか「助ける」とうわごとを言ったのです。

飛羽真の思いを感じ取った芽依たちでしたが、その時街にメギドが現れたとの報が。哲雄が現場に向かうと、そこには倒したはずのカリュブディスメギドがいたのです。

レミが変貌した姿だと察知した哲雄は何とかカリュブディスメギドを食い止めようとしますが、人間が変貌したメギドとあって、うかつに手出しができず苦戦してしまいます。そこに駆け付けたサウザンベースの剣士たちも、カリュブディスメギドから見える人間の姿を見て、変身をためらってしまいました。

なんど、カリュブディスメギドにはマミとレミの2人が取り込まれていたのです。蓮が暴走し、構わずメギドに攻撃を仕掛け、哲雄が制止する中、ストリウスも現れますます混乱してしまいます。

 

遅れてやってきたユーリがエックスソードマンに変身し、カリュブディスメギドを攻撃。しかし、なぜかマミとレミを分離することができません。

ストリウスと戦う哲雄と蓮も苦戦し、2人はやられてしまいます。「そのメギドは特別ですから・・・」と話すストリウスは、遺伝子も姿も形も全く同じ人間=双子が取り込まれていることで、2人は完全に1人の人間として融合していることを説明。

その状態では、たとえ光の剣でも分離は不可能だというのです。この厳しい状況に、人間の犠牲は厭わないという組織の方針と、人間を斬ってしまうという葛藤に揺れる倫太郎が聖剣に手をかけ、苦悶の表情を浮かべていました。

「やはり・・・斬るしかないのか・・・」

 

「違う!」

そこに現れたのは、ボロボロの姿で現場までやってきた飛羽真でした。

「この世界に何もかも同じ人間なんかいない!マミさんもレミさんも、誰もがみんなそれぞれ違う夢や未来を持った、1人1人特別な価値のある存在だ!」

マミとレミを絶対に救うという気持ちで現れた飛羽真は、火炎剣烈火でカリュブディスメギドを攻撃。すると、カリュブディスメギドに異変が起こり、マミとレミが分離しかかったのです。

 

飛羽真の働きに答えるべく、ユーリもカリュブディスメギドに攻撃!マミとレミをメギドから分離することに成功したのです。

残るカリュブディスメギドをユーリが撃破し、ストリウスはその場を立ち去っていきました。救出されたマミとレミは、約束を守った飛羽真に感謝します。

一方、無事でよかったと安堵する飛羽真の様子を見た倫太郎たち。蓮はすぐに背を向け、倫太郎と亮はその場に立ち尽くしてしまいます。

 

フードファイターとして、今まで通り活動するマミとレミ。飛羽真の言葉もあってか、初めて双子間で決着がつきました。

しかし、そこには勝ったマミも負けたレミも、お互いすがすがしい笑顔で勝負をたたえ合う姿が。その映像を見て、今は悩み苦しめば誰もがヒーローになれる、とユーリがマンガの受け売りを話し、飛羽真たちが笑います。

一方、メギドをまたしても倒されたストリウスに対し、ズオスはメギドの無駄遣いだとまたも詰め寄ります。しかし、ストリウスはあくまで余裕の表情のまま、新たなブックを完成させ、これまで以上に不敵な笑みを浮かべました。

「いいえ、成功しましたよ・・・」

第22話の考察:飛羽真の活躍でメギドと人間の分離に成功!一騎打ちの結果はどう影響するか

仮面ライダーセイバー第22話は飛羽真が火炎剣烈火の力を引き出しかけるという、力の覚醒寸前の状況を知ることができた回になりました。

双子のメギドを分離することができたのは、飛羽真の活躍無くしてできなかったことは、他の剣士たちの目にも映ったことが良かったと思います。

亮との一騎打ちもボロボロになりながら、重い一撃を受け止めたことは亮も認めるところとなったことでしょう。

徐々に力を覚醒しつつある飛羽真が、次回以降どんな活躍を見せてくれるのか楽しみですね。

 

一方、メギド側も新たなブックを完成させたことが気にかかるところではないでしょうか。

ストリウスの目的もズオスやレジエルに詳細を伝えず、単独で進めているのも気になるところですね。

また、キングオブアーサーライドブックを亮に奪われたことも、飛羽真にとって逆風にならないか心配です。

飛羽真の戦いを見た倫太郎たちの心情もどう変化してくるのか、次回以降の展開に注目ですね!

放送を見たファン・視聴者の感想まとめ

放送を見たファンの反応はどうだったのでしょうか?

哲雄のハジケぶりがヤバすぎましたね(笑)

飛羽真の叫びはとてもカッコよかったです!

ユーリが初めて痛がる姿を見せた回になりましたね。

仮面ライダーセイバー第22話の続きはこちらの記事でチェック!

今回は仮面ライダーセイバー第22話についてお伝えしてきました。

続きとなる仮面ライダーセイバー第23話についてはこの記事でまとめていますので、気になる方はぜひチェックしてみて下さいね!

次回放送の内容はこちら!

 

各仮面ライダーのストーリーや出演俳優の現在についてはこちらの記事で適宜まとめています。こちらのチェックしてみましょう!