仮面ライダーセイバーの第23話「荒れ狂う、破滅の手。が放送されました!

仮面ライダーセイバー第22話は亮との一騎打ちを経て、飛羽真が力の覚醒の兆しを見せた回になりました。

 

前回放送の内容はこちら!

 

第23話は飛羽真の危険な新フォームが登場する回になることが明らかとなりました!

今回は仮面ライダーセイバー第23話のネタバレと考察、気になる今後の予想について解説していきます。

仮面ライダーセイバー第23話のネタバレ・予想と考察

仮面ライダーセイバー第22話は亮との壮絶な一騎打ちが描かれた回になりました。

仮面ライダーバスターの重い一撃を食い止め、さらにはメギドを分離しかけるという、飛羽真の力の覚醒が期待できる描写が多かったのが印象的でしたね。

一方、その戦いの様子を見た倫太郎たちの心情の変化や、メギド側が新たなアルターブックを完成させたことも、気がかりな点と言えるでしょう。

続きが非常に気になる第23話について、早速見ていくことにしましょう!

第23話「荒れ狂う、破滅の手。」の内容

これまでの戦いで人間とメギドを2回分離させる寸前までいった飛羽真。その力を解析できれば、他の剣士もメギドを人間を分離できるようになるのではと哲雄が語ります。

しかし、芽依はすでに本になった人はどうなるのかということも気にしていました。犠牲になった人たちを救い出す方法を探すしかないと話す飛羽真に、ユーリもそのために真の敵を探さなければならないことを告げたのです。

このような状況下であるにもかかわらず、肝心のマスターロゴスにも会えない状況だと話す哲雄に、芽依はマスターロゴスに会えば良いのではないか、と安直な反応を示します。とても簡単には会えないマスターロゴスとの接触を「却下だ」と否定する哲雄。

しかし、なんと芽依の案に飛羽真とユーリが乗っかってしまいました。意気込む3人に、完全に気後れしてしまう哲雄は呆れ顔・・・。

 

一方のメギド側も、次なる計画のためにサウザンベースへの侵入を画策していました。ストリウスの狙いはサウザンベース内に保管されていると思われる禁書の入手。

しかし、メギド側も簡単にサウザンベース内に侵入することはできません。そこで、ストリウスはズオスをレジエルに剣士と戦うよう仕向けたのです・・・。

そんな話がすすんでいることを知らないサウザンベース内では、聖堂に集められた兵士を前に、マスターロゴスが座っていました。当然、その場には玲花もいたのです。

ソードオブロゴスの兵士たちを前に話を始めるマスターロゴス。世界の均衡を守るため、持てる力を発揮してほしい、と訓示をしたのです。

 

サウザンベース内への侵入方法を考える飛羽真。哲雄から、サウザンベースが結界で守られていること、その中に入るにはブックゲートが必要なことを聞かされます。

しかし、哲雄のブックゲートは組織を離脱したことですでに使えない状況・・・。そこで、飛羽真たちは亮を呼び出し、ブックゲートを使いたいと頼みこんだのです。

飛羽真たちの申し出に「都合のいいことを言ってるんじゃねえよ!俺は組織の人間だ!」と反発。しかし、去り際に亮がこっそりブックゲートを置いていったことで、表立ってではありませんが亮も協力してくれたのです。

早速サウザンベースへの侵入を開始しようとする飛羽真たちでしたが、時を同じくして街中でメギドが出現。ユーリは飛羽真と哲雄に侵入を任せ、自身は芽依を連れてメギドの対処に向かいました。

 

街中ではズオスが暴れ始めており、それを察知した倫太郎と蓮が先にブックゲートを使って現場へ到着。ズオスに立ち向かう倫太郎たちでしたが、その隙を突いたストリウスが倫太郎たちが出てきたゲートからサウザンベースへと侵入していったのです。

そうとも知らない倫太郎と蓮はズオスと戦闘を開始。一方、飛羽真と戦いたいレジエルは飛羽真がいないことにガッカリし、任務を放棄してどこかへ行ってしまいました。

本気の勝負をしたいズオスは倫太郎を挑発し、キングライオン大戦記に変身させると、戦いを楽しみ始めます。そこへ遅れて到着したユーリもズオスを攻撃し、ライダーたちが有利な状況に。

しかし、ユーリの到着を知った蓮は組織のためと話し、ズオスではなくユーリを攻撃し始めました。そのため、ユーリは仕方なく蓮をあしらうことに。

 

そんな中、亮のブックゲートでサウザンベース内への侵入に成功した飛羽真と哲雄は、ノーザンベースそっくりの広間から奥の部屋へと進んでいきました。侵入直後、警報が鳴ったことに驚く飛羽真たちは、玲花が兵士たちに侵入者を探すよう命令するところを目撃します。

もう侵入がバレたのか・・・。そう思う飛羽真に、哲雄はさすがに察知が早すぎると話し、兵士に見つからないよう侵入を継続していきました。

実は、警報の正体はストリウスの侵入が原因だったのです。ストリウスは兵士を次々と倒していき、禁書の下へと向かって行くと、目の前にフードを被った男が現れました。

その人物こそ、マスターロゴスその人だったのです。ストリウスのことを「始まりの人」と話すマスターロゴスに、ストリウスは禁書のありかを尋ね・・・!

 

一方、侵入を続ける飛羽真と哲雄でしたが、焦った飛羽真が哲雄の制止を振り切って先に行ってしまいました。その行動のせいで飛羽真はある兵士に見つかってしまいます。

しかし、兵士は飛羽真を誘うようにゲートを開くと、飛羽真をその中に通したのです。ゲートの先は組織内の別の広間・・・そこに禁書を手に入れたストリウスも現れました。

逃げていくストリウスを追う飛羽真。手にしているものが人類にとってとても危険な禁書であることを知った飛羽真は、禁書を取り返すべくストリウスと戦い始めました。

飛羽真の攻撃をいなすストリウスは、禁書の実力を知るため禁書を開きました。すると、骨竜の手が天に昇り、2人を攻撃したのです。

 

あまりの威力に変身を解除してしまう飛羽真。ストリウスも禁書の強さに驚きます。

やはりメギドには渡せない代物・・・飛羽真は立ち上がり、何とかストリウスから禁書を奪いますが、そこにレジエルが現れてしまいました。飛羽真を狙うレジエルの攻撃に窮地に立たされた飛羽真でしたが、その時禁書が勝手に開き、飛羽真に謎の記憶が植え付けられてしまいます。

そして、次の瞬間、骨の手に全身を縛られる飛羽真。その手にはプリミティブドラゴンワンダーライドブックへと変貌した禁書が・・・。

驚くストリウスとレジエルの前で、飛羽真の目が怪しく光ります。そして、飛羽真は自分の意思とは関係なく、プリミティブドラゴンへと変身してしまったのです。

 

あまりにも異質な姿となった飛羽真は、メギド2人を軽く吹き飛ばすほどの力を手に入れていました。その異変は遠くでズオスと戦っていた倫太郎たちにも伝わり、皆が急いで現場へと向かいます。

倫太郎たちが現場へたどり着いた時、そこでは飛羽真が我を忘れて暴れまわっていました。退くよう話すストリウスの制止を振り切ったレジエルが飛羽真に立ち向かおうとしますが、飛羽真は圧倒的なパワーでレジエルの攻撃を跳ね返します。

その力は周囲を巻き込み、レジエルだけでなく駆けつけた剣士たちも吹き飛ばしました。みな変身を解除する中、飛羽真もようやく元の姿に戻ります。

そして、次の瞬間、飛羽真は意識を失い倒れてしまいました。あまりの光景に言葉を失う剣士たちと、飛羽真を心配する芽依の叫び声が木霊し・・・!

第23話の考察:

仮面ライダーセイバー第23話は飛羽真の新フォーム:プリミティブドラゴンが初登場した回になりました。

ライダー作品の中でお決まりとなっている暴走フォームとあって、その力は恐ろしいものでしたね・・・。

幹部級のメギドをもろともしない強さは魅力的ですが、聖剣を使わず獣のように戦う姿はあまりにも異質でした。

自我を保てなかった飛羽真が今後どうなってしまうのか、とても気になります。

 

そして、サウザンベースに侵入した際に現れた2人の人物にも注目ですね。

1人はマスターロゴスですが、ストリウスを「始まりの人」と呼んだのが気になるところですね。

メギドの正体も明らかとなっていない中でのこの発言は、これまでの事実からさらに裏があることを示唆するものでしょう。

そして、飛羽真と誘った謎の兵士も気になりますが・・・その正体は実はマスターロゴスなのでは・・・という予想もできる顔だったのが気がかりでしたね。

放送を見たファン・視聴者の感想まとめ

放送を見たファンの反応はどうだったのでしょうか?

完全にうつろな表情となった飛羽真・・・禁書の威力は恐ろしいですね・・・。

なんだかんだで良い関係性なのかもしれませんね(笑)

謎の兵士の正体がとても気になりますね・・・。飛羽真を誘った理由など、今後明らかとなるのでしょうか。

仮面ライダーセイバー第23話の続きはこちらの記事でチェック!

今回は仮面ライダーセイバー第23話についてお伝えしてきました。

続きとなる仮面ライダーセイバー第24話についてはこの記事でまとめていますので、気になる方はぜひチェックしてみて下さいね!

次回放送の内容はこちら!

 

各仮面ライダーのストーリーや出演俳優の現在についてはこちらの記事で適宜まとめています。こちらのチェックしてみましょう!