スポンサーリンク




Hey!Say!JUMPの伊野尾慧さんとA.B.C-Zの戸塚祥太さんが主演の2018年7月期ドラマ「トーキョーエイリアンブラザーズ」が発表されましたね!

ジャニーズの人気グループから、それも別のグループから2人同時に主演ということもあり、期待が高まりますね。

どちらも連続ドラマ初主演ということから、その演技にも注目したいところです。

 

ところでこの2人、実はジャニーズJr.時代に同じ「Kitty(キティ)」というグループだったことをご存知でしょうか?

今回は伊野尾慧さんと戸塚祥太さんが所属していたグループ「Kitty」について解説していきます。

Kittyってどんなグループ?

ジャニーズ事務所に所属するタレントはジャニーズJr.時代に長い下積みを経験し、その中で選ばれた人がデビューするというのが伝統となっています。

そのため、Jr.時代に一緒に活動していたという話は他のグループも含め多く存在します。

今回紹介する伊野尾慧さんと戸塚祥太さんもKittyのメンバーとして一時期一緒に活動していた時期がありました。

では、そのKittyとはいったいどんなグループだったのでしょうか?

Kitty GYMが前身?

KittyはジャニーズJr.の中で単独で組まれたグループではなく、実はKitty GYM(キティ・ジム)というグループの結成に伴って作られたグループなのです。

Kitty GYMはフジテレビ系列で毎年放送されている女子バレーボールワールドグランプリの応援ユニットとして結成されたグループです。

女子バレーボールの応援ソングと言えばジャニーズ!というイメージにもつながるほど、毎年新しいユニットを結成し、女子バレーボールを盛り上げてきたジャニーズ事務所が、2006年の大会スペシャルサポーターとして期間限定で結成したグループなのです。

メンバーの中心人物は山Pこと山下智久さんで、当時はまだNEWSに所属し、その人気は飛ぶ鳥を落とすような勢いでした。

 

当初、Kitty GYMは7人グループとして発表され、先に山下さんを含め3人のメンバーが発表されました。

この時発表されたのはGYMの部分のメンバーで、山下さん(Y)の他にタイ人兄弟のGOLFさん(G)とMIKEさん(M)のそれぞれの頭文字を合わせて、バレーボールの対戦場所となる体育館=GYMを表現したものとなっています。

これに、すべての世代に親しまれるようにという意味を込め、Kitty(子猫)を付け加えたのがKitty GYMというわけなのです。

他のメンバーは?

Kitty GYMのGYMがメンバーの頭文字だったように、Kittyもそれぞれ頭文字から名前をとっています。

伊野尾慧さんは「i」、戸塚祥太さんは変則的ですが「tt」の部分です。

 

残りの「K」と「y」ですが、なんと「K」はKis-My-Ft2の北山宏光さん、「y」はHey!Say!JUMPの八乙女光さん(当時はYa-Ya-yahというグループのメンバー)だったのです!

今見るととても豪華なメンバーですね!

そんな4人が期間限定とはいえ、同じグループで活動していたのはとてもすごいことだと思います。

当時はどうしても山下さんに目が行ってしまいがちでしたが、他のメンバーも今となれば押しも押されぬ人気アイドルとなっています。

シングル曲は?

さて、気になるシングル曲ですが、Kitty GYMはバレーボール公式応援ソングとして「フィーバーとフューチャー」を発売しています。

この曲はメンバーのGOLFさんとMIKEさんの故郷であるタイでも約半月遅れで発売されており、日本国内だけでなく世界にも知られることとなりました。

メインは山下さんですが、他のメンバーも一緒に歌う部分が多く、山下さんと2人でハーモニーを奏でるシーンは今となってはとても貴重なものとなっています。

 

一方、Kittyとしてはシングル曲の発売はありませんが、「Fly high」という曲をグループの曲として歌っています。

こちらも発売されないのが惜しいようなアップテンポの気分があがる曲となっています。

Kittyの解散の理由とその後は?

スポンサーリンク




ここまでKittyがどんなグループなのかについて解説してきました。

しかし、期間限定ユニットであるがゆえにすでにKittyは解散しています。

Kittyはいったいいつ解散し、メンバーはその後どうなって現在に至るのでしょうか?

解散はいつ?理由は?

もともとKitty GYMとして活動していた7人でしたが、女子バレーボール大会の終幕とともに活動を終え、山下さんらGYMのメンバーが抜けKittyの4人として活動を続けていました。

大会終了後の2006年10月から、KAT-TUNがMCを務める「YOUたち!」というトークバラエティ番組が始まり、Kittyはレギュラーメンバーとして出演をしていました。

しかし、この番組は放送開始から1年間で終了し、それと同じくしてKittyも活動を終了しました。

この活動終了の背景には、次に紹介するメンバーのその後に関係する出来事が絡んでいたのです。

メンバーのその後は?

Kitty解散後のメンバーですが、その後の状況は以下のようになっています。

伊野尾慧さん・八乙女光さん

伊野尾さんと八乙女さんはKitty解散直前の2007年9月21日に発表された、女子バレーボール大会の公式応援グループとして結成されたHey!Say!JUMPのメンバーとして選ばれたのです。

これは前年度にKitty GYMとして応援活動をしていた実績も評価されたものと考えられます。

事務所側も毎年新しいグループを作ってきただけあって、さすがにKittyのままではいけないと思い、解散したのではないでしょうか。

伊野尾さんと八乙女さんはその後も主要メンバーとして活躍し、現在に至っています。

北山宏光さん

一方、北山さんは元のKis-My-Ft2と並行して参加していたため、これまで通りの活動に戻っています。

北山さん自体はKis-My-Ft2がCDデビューする2011年まで大きな活動をしていませんでしたが、その2011年から連続ドラマや舞台への出演が始まり、翌2012年には北山さん単独での冠番組を初めて持つなど、目覚ましい活躍をするようになりました。

もちろん、グループでの活動もCDデビュー後から活発化し、レギュラー番組への出演など枚挙に暇がありません。

戸塚祥太さん

最後の戸塚さんですが、現在所属するA.B.C-Zのメンバーとして活動することになったのはKitty解散から約1年後のことでした。

その間はジャニーズJr.としての活動を続けていたようですね。

A.B.C-Z自体はすぐにメジャー活動を行うことが無かったのですが、舞台を中心に自慢のアクロバットに磨きをかけ実力を磨いていました。

そして、2012年にジャニーズ事務所では初のDVDでのデビューを果たすと、オリコンの週間DVDランキングではデビュー作として史上初の総合1位を獲得する結果を出しています。

さらに2014年に初CDを販売し、さらに活動の幅を広げているような状況です。

終わりに

今回は伊野尾慧さんと戸塚祥太さんが過去に所属していたKittyについて解説してきました。

今回お伝えした内容をまとめると以下のようになります。

  • KittyはKitty GYMが前身の期間限定グループでした。
  • 山下智久さんを中心としていたKitty GYMの活動終了後、4人組グループのKittyとして活動していました。
  • シングル曲の発売はありませんが、レギュラー番組への出演もあるグループでした。
  • 解散後、伊野尾さんはHey!Say!JUMP、戸塚さんはA.B.C-Zとして活動を続けています。

思いがけない過去がありましたが、本人からすれば懐かしい気持ちでドラマに望めるものと思います。

2人の息の合った演技と活躍が楽しみですね!

スポンサーリンク