仮面ライダーセイバーの第25話「煙をまといし、真紅の刺客。が放送されました!

仮面ライダーセイバー第24話は亮が飛羽真の味方になることが決定した回になりました。

 

前回放送の内容はこちら!

 

第25話は玲花が仮面ライダーサーベラに変身するという、注目の回になることが発表されました!

今回は仮面ライダーセイバー第25話のネタバレと考察、気になる今後の予想について解説していきます。

仮面ライダーセイバー第25話のネタバレ・予想と考察

仮面ライダーセイバー第24話は亮が飛羽真との一騎打ちを経て味方になった回になりました。

組織への不信感を募らせ、飛羽真の可能性に触れた亮が味方になったのはとても大きな展開ですね。

一方、ブックを玲花に奪われたことや未だに解決していないプリミティブドラゴンの暴走、そして突如現れたカリバーの正体など、気になる点は山ほどあるのが現状です。

続きが非常に気になる第25話について、早速見ていくことにしましょう!

第25話「煙をまといし、真紅の刺客。」の内容

プリミティブドラゴンの姿となった飛羽真の前には、自らが斬りつけ倒れている他の剣士たちが・・・。苦しむ飛羽真は、さらに傷だらけの芽依を襲おうとします。

自分の意思とは無関係に動く体に、飛羽真はひたすら「やめろ!」と心の叫びをあげますが、それも空しく芽依に切りかかり・・・。と、その時、飛羽真は目を覚ましました。

プリミティブドラゴンへの恐怖から、飛羽真は悪夢を見てしまったのです。ショックを受けている飛羽真でしたが、続けざまに「助けて、お願い!」という叫び声が聞こえました。

目の前にはルナの姿が・・・飛羽真は驚きますが、ルナはすぐに消えてしまいます。そして、世界を繋ぐ少女の声と評したルナの声はタッセルやマスターロゴスにも聞こえていたのです。

 

「必ず助ける・・・でも今のままじゃ・・・」

飛羽真は本からルナやプリミティブドラゴンのことについての手がかりを探そうとするのでした。一方、サウザンベースでは飛羽真たちから奪ったブックが揃えられ、着々とブックが集まっている様子。

マスターロゴスの前に集められた兵士たちに対し、玲花は飛羽真のことやカリバーも現れたことを報告。亮や哲雄ら剣士たちの裏切りも伝え「粛清が必要だ」と話したのです。

そんな玲花の言葉に、倫太郎は意を決してマスターロゴスに「組織の中に敵がいるのは本当ですか?」と尋ねました。「口を慎みなさい!」と一喝する玲花に、倫太郎はまだ自分はそんなことは無いと信じていること、そんな中で亮や哲雄が組織を離れたことに疑念を抱いていたのです。

 

そんな倫太郎に、玲花は変わらず「飛羽真を斬れ」と命令します。その言葉に、マスターロゴスも倫太郎に向かって「使命を果たせ、ブレイズ」と口を開いたのでした。

兵士たちが出ていった後、マスターロゴスに対し、玲花は「全て心得ています・・・ソフィアのことも」と話しかけました。マスターロゴスは「あなただけが頼りです」と玲花のみを信じている様子で・・・。

その後、玲花はサウザンベース内の一室に向かいました。中にいたのは捕らえられていたソフィア・・・玲花はソフィアに「あなたを作り出した本はどこにあるのですか」と意味深な質問をします。

ソフィアは「みんなは元気なのですか」と答えようとせず、いら立った玲花はソフィアを平手打ち。「残念です・・・」という言葉を残し、玲花は黒装束を脱ぎ捨て赤い衣装となりどこかへ消えていきました。

 

一方、亮や哲雄もユーリからカリバーが現れたことを聞いていました。ユーリは「古い友人に会ってくる」といい単独行動に・・・亮や哲雄は困惑しつつも、ひとまず飛羽真のもとへ向かいます。

その飛羽真はノーザンベースの書物を読み漁り、プリミティブドラゴンについて調べていました。側にいた芽依はプリミティブドラゴンが奪った倫太郎のブックを眺めていて・・・。

そこへやってきた亮と哲雄が、飛羽真に声をかけました。飛羽真は本を何度読んでも手掛かりがないと答えます。

なぜプリミティブドラゴンは倫太郎のブックを奪ったのか・・・何か力を求めていたのかもしれないと考えた亮は、飛羽真に変身中の出来事を思い出すよう求めました。しかし、飛羽真は断片的にしか記憶が戻らず・・・。

 

その時、ノーザンベースで遊んでいたそらが「かわいそうだよね」と話し始めました。プリミティブドラゴンの本を読んでいたそらは、本の中に描かれていた内容から「とっても悲しいドラゴンさん」の絵を描いていたのです。

そのドラゴンは自分の命が尽きてもなお仲間を探しているというのでした。そらはドラゴンを助けてあげられないのかと飛羽真に話しかけます。

と、その時、倫太郎のブックが無いことに飛羽真たちが気づきました。どうやら芽依が勝手に持ち出していってしまったようです。

慌てて飛羽真が芽依を追いかけ出ていってしまいました。止めようとする哲雄に、亮は「男には行かなきゃならねえときがあるってもんだ」と飛羽真の行動を認めたのです。

 

残った亮は、プリミティブドラゴンの解決策として、どうせ暴走するなら本ごと消してしまうのはどうか、と提案しました。哲雄は消すことはできないが、封印するのなら話は別だと話します。

と、その時2人に声をかける人物が・・・!

「神山飛羽真を斬ればいい・・・そしてあなたたちも」

現れたのは煙の聖剣を取り出した玲花でした。警戒する亮と哲雄を前に、玲花は「あなたたちを粛清します」と話し仮面ライダーサーベラに変身したのです!

 

亮と哲雄も変身し、ノーザンベース内で戦いが始まりました。2対1という数の上では有利な亮と哲雄でしたが、玲花の変身するサーベラの能力で、煙が巻き起こり思うように攻撃できません。

仕掛けた攻撃も玲花自体が煙になることで攻撃が通り抜け、通用しない様子・・・。亮は玲花に「組織は一体何をしようとしている!?」と問いかけました。

マスターロゴスの指示に「おかしいと思わねえのか!?」と話す亮でしたが、玲花は疑問を持つこと自体が裏切り行為だと反論。「あの方は絶対だ」という姿勢を崩さない玲花に、亮は「本当にマスターの指示なのか?あんたの意見はねえのかよ!?」と更なる疑問をぶつけます。

「黙れ愚者が!マスターの意思は私の意思・・・あの方の偉大な理想を実現するのも、私!」と答えた玲花は2人に強力な攻撃を仕掛けました。倒される寸前の2人を影から見てたそらは、助けを求めるため逃げ出し・・・!

 

一方その頃、倫太郎は悩みを抱えながら街を歩いていました。電話に出ないほど思いつめる倫太郎に、芽依が話しかけます。

電話に出ないことを叱責する芽依は、持ち出したブックを倫太郎に渡しました。そんなことをしたら飛羽真に叱られる、と芽依を諭す倫太郎でしたが「そんなことしない奴だと知ってるでしょ」と芽依は反論。

煮え切らない態度の倫太郎に、芽依は「何で仲良くできないのかね」と核心を突きます。「仲間を失いたくない」という倫太郎に、芽依は「飛羽真は仲間じゃないの?」と続けました。

「それでも僕は組織の剣士なんです」と、剣士としての使命との葛藤を吐露する倫太郎。このままだと世界を守るために大切な仲間を斬らなければならないという状況に「僕はどうしたらいいんですか・・・」と悩む倫太郎の声を、飛羽真が影で隠れて聞いていて・・・。

 

芽依はそんな倫太郎に「もう答えは出てるんじゃないの?」と話しました。その言葉を皮切りに、飛羽真が倫太郎の前に現れたのです。

話を聞いていたことを驚く倫太郎は、飛羽真の持つ聖剣とブックを渡すよう迫ります。それはできないと答える飛羽真に、倫太郎は飛羽真を斬りたくないと叫びました。

飛羽真はプリミティブドラゴンに変身した時に泣いている男の子の姿を見ることを突然話し始めます。しかし、プリミティブドラゴンとの関係性がわからない倫太郎は、飛羽真の突然の話に怒りをぶつけました。

飛羽真も男の子のことがわからないと答えると、倫太郎は「できない、わからない、さっきからそればかりじゃないですか!?もうやめてください!」とまくしたてます。このまま暴走し続ければどれだけ危険か、暴走した時の飛羽真を知る倫太郎は飛羽真に詰め寄りました。

 

「わかってないよ・・・わからないままみんなを傷つけているなんて、自分が怖いよ!でもあの子もほおっておけない!なのに方法がわからない!だから悩んでんだ!」

飛羽真も自らの悩みをぶつけます。しかし、倫太郎も混乱し、その男の子は誰なのか、自分を助けてほしいと言われたのかと反論。

「言われてないよ!言われてないけどさ!?」

その時、飛羽真の脳裏にそらとルナの言葉がよぎります。それは「プリミティブドラゴンを助けて」という答えに結びつくものだったのです。

 

「・・・そうか!ありがとう倫太郎、俺やっぱりあの子を助けたい!」

飛羽真の言葉に理解が追いつかない倫太郎は「無茶苦茶ですよ!」と当然の反応。すると、倫太郎は「でもそういうところが飛羽真君らしくて、僕は好きなんですけどね!」と謎の返しをし始めました。

飛羽真もつられて互いの想いをぶつけ、さながら愛の告白のように・・・。芽依に諭されて、ようやく落ち着きを取り戻した2人。

倫太郎は「それで暴走が止められるのか」と話しかけ、「今度暴走したら斬ってでも止めますよ」と覚悟を問います。飛羽真も「その時は頼む」と倫太郎を信頼し、倫太郎は「無茶苦茶ですよ・・・」と言いながらも飛羽真の覚悟を受け止めたのです。

 

その時、ノーザンベースから逃げ出したそらが飛羽真たちに助けを求めました。駆けつけた飛羽真たちの前には、玲花に倒される寸前の亮と哲雄の姿が・・・!

「ブレイズ、裏切者を粛清しなさい!」

玲花の言葉を聞いた倫太郎は、迷いその場から動けません。一方、何のためらいもなく亮と哲雄を倒した玲花は、哲雄のブックを奪い、さらに亮のブックに手を伸ばそうとします。

もうこれ以上は・・・飛羽真は玲花の前に立ちはだかり、変身しようとしました。亮の制止を無視し、飛羽真は倫太郎を見た後、意を決して変身したのです。

 

そんな状況下で、単独行動をしていたユーリはタッセルと話していました。プリミティブドラゴンのことを尋ねるユーリでしたが、タッセルは新しいカリバーの出現を危惧していたのです。

タッセルは「僕は彼に会いに行かなきゃ」と言い、ユーリを残しどこかへ行ってしまいました。一方、変身した飛羽真はまたしてもプリミティブドラゴンに強制的に変身し、なんと亮を襲い始めたのです。

暴走する飛羽真を前に、倫太郎は飛羽真の言葉を思い出しながらも行動を起こせずにいました。戻ってきたユーリが何とか亮を救いますが、飛羽真は生身の倫太郎に切りかかろうとします。

その時、倫太郎と飛羽真の間に突如カリバーが現れました。カリバーの闇の力を受けた飛羽真は苦しみ、その意識がどこかへ飛ばされてしまいます。

 

飛羽真が目覚めると、そこにはあの男の子が立っていました。

「君は誰なの?どうしてそんなに悲しい顔をしているの?」

飛羽真が尋ねると、男の子は涙を流しながら手を伸ばしました。と、次の瞬間、意識が元に戻り、カリバーとプリミティブドラゴンの力がぶつかり、2人とも吹き飛ばされてしまいます。

変身を解除した2人・・・。そこには暗黒剣暗闇を持った賢人の姿があって・・・!

第25話の考察:仮面ライダーサーベラ登場!カリバーが賢人だった理由は

仮面ライダーセイバー第25話は仮面ライダーサーベラの初登場回となりました。

玲花の強さが圧倒的で、亮と哲雄の2人をもってしても歯が立たないという展開は驚きでしたね。

煙の能力で攻撃を受け付けないのもチート的な能力で、どう倒すのか想像がつきません・・・。

マスターロゴスの意思で動く玲花は、間違いなく飛羽真たちの強敵として立ちはだかることでしょう。

 

そして、カリバーの正体が賢人だったのも衝撃でしたね。

暗黒剣暗闇に倒された人間が復活するというのも驚きでしたが、この復活を素直に喜んでいいのかという疑問も出てきました。

賢人の目的は何なのか、暗黒剣暗闇の能力に飲み込まれていないか、とても気になるのと同時に不安でいっぱいです。

次回、賢人の思惑が明らかになるとのことで、飛羽真にどんな影響を及ぼすのか注目です!

放送を見たファン・視聴者の感想まとめ

放送を見たファンの反応はどうだったのでしょうか?

改心して仲間になってほしいのですが・・・果たしてどうなるのか見ものです!

復活しました(笑)今後どうなるのか注目していきたいですね!

本も読めてここまで絵が描けるなんてすごくないですか!?(笑)

仮面ライダーセイバー第25話の続きはこちらの記事でチェック!

今回は仮面ライダーセイバー第25話についてお伝えしてきました。

続きとなる仮面ライダーセイバー第26話についてはこの記事でまとめていますので、気になる方はぜひチェックしてみて下さいね!

次回放送の内容はこちら!

 

各仮面ライダーのストーリーや出演俳優の現在についてはこちらの記事で適宜まとめています。こちらのチェックしてみましょう!